Story 取材記事

忙しい毎日を助けてくれる綺麗な住まい!

高気密高断熱の家づくりが特徴のアシストホームは08年に新プロジェクトが2つ発表、さらに09年、新たなプロジェクトが誕生しました。シンプルモダン系の住宅を進化させた「Neo Simple(ネオシンプル)」。デザイン性と収納、機能を追求した美しい住まいです。江別市弥生町のモデルハウスで同社の伊藤貴幸さんに話を聞きました。

assist neosinple1.jpg

「Neo Simple(ネオシンプル)」 株式会社アシスト企画 営業係長 プロジェクトリーダー 伊藤貴幸さん

―「Neo Simple」開発の経緯は?

伊藤 アシスト企画はデザイン・機能性を追求した「シンプルモダン」を得意としてきました。得意な面をもっと得意にしようと「Neo Simple」の企画を立ち上げました。営業・設計・工事からなる5人のチームで検討を重ね、デザインにこだわり、『収納』と『機能』を極めたプランになりました。

assist neosinple3.jpg

 生活を感じさせない住まいづくりは、デザイン性を優先するあまり時として収納スペースや機能がおろそかになりがちです。生活感を出さないデザインを追求したはずなのに、実際に暮らしているうちに生活感が溢れてしまことも。今回のプロジェクトでは「収納・消臭・防汚・抗菌」など、暮らしの中で直面する家事の負担を極力減らして、手軽に美しい暮らしができる家のご提案です。


女性社員の発想と社内随一のデザイナーが!

―なぜそういう提案にしたのですか?
伊藤 プロジェクトメンバーのアイデアの結集です。設計の村田は当社のトップデザイナー。住宅の完了検査でいろいろな住宅を日々見続けている役所の職員さんが、村田が設計した現場でデザインに一目ぼれして住宅を当社で建ててくれたこともあるほど。

 総務などいろいろな仕事をこなす、メンバーの中で一番若い女性社員の藤井が、「収納」「掃除やお手入れしやすさ」が大事だと主張。この企画の中心に採用されました。
 工事の監理者でベテランの柴田、設計から今年工事に異動し新たなスキルを身につけている沼田も構造や施工、デザイン実現のためのアイデアを出しました。

assist nepsinple7.jpg

 私自身は、一定以上の住宅性能と1700万円を上回らない実現可能な価格をベースに企画をまとめる役でした。私は以前、他社で不動産流通業務を経験していまして、6年前に自分が家を建てる立場になって決めたのはアシストホームだったのです。私なりに「この家は安心だ」と思えたのです。結局今ではアシストホームの社員に。今回来場された皆さんに思った以上に気に入っていただいたことを実は私が一番喜んでいます。

assist neosinple5.jpg

多機能な工夫が随所に!

―『Neo Simple』の見どころは?

伊藤 玄関タイルやユニットバス等、汚れにくい素材を利用した商品を使っていますので掃除が楽。壁は寝室には消臭クロス、廊下には防汚クロスと場所に合わせたクロスを張っています。床はペット対応を考えて防汚・抗菌効果を備えた傷が付きにくいフローリングで、木目の表情も豊かです。天井は調湿・消臭効果のある珪藻土プラスターを採用しました。
assist neosinple9.jpg

伊藤 室内の各所にはたっぷりの収納。トイレには「魅せる収納」も。外壁はガルバリウムで耐用年数が長くメンテナンス費用も経済的です。手間や時間、お金を極力かけずにスタイリッシュに生活するための工夫です。

明るい空間。若い人に人気です!

―デザイン面のおすすめは? assist neosinple8.jpg 伊藤 明るく開放的な空間演出です。例えば玄関からリビングへ進む廊下は窓がなく、天井を下げ、幅を徐々に狭くしてあるので、リビングに足を踏み入れたときに視界がパッと明るく開けます。吹き抜けも清々しい雰囲気を演出。リビングの大きなサッシから出入りできるウッドデッキは床の高さをリビングと同じにしてあるので、デッキもリビングの一部に感じられますよ。

 室内は白を基調として随所に間接照明を設えました。白い壁に映る柔らかな光は暖かみがありますよ。また照明には蛍光ランプのみを使用し、省エネにも気をつけました。2階の主寝室にはウォークインクローゼットとPCスペースを設けました。余計な家具を置かずに服や物を管理できて便利です。外観はシンプルな白い外壁に、差し色に赤を使っています。

 「Neo Simple」は30代から40代の方に特に人気がありますが、隣接して「pure」が建っていますので、両方をご覧になって家づくりの参考にしていただければと思います。ご希望やご相談なども気軽にどうぞ。お客様のライフスタイルに合わせた家づくりのご提案をいたします。

脱フローリング・ビニールクロス・サイディング住宅 健幸家族の家『pure(ピュア)』の記事はこちら

assist nepsinple2.jpg

記者の一言

アシストホームは昨年から社内のデザイナー、施工担当、営業、総務社員を総動員して「顧客ニーズに応える家づくり」を強化。もともと性能・価格面では強い地場ビルダーなので、評判がぐっとアップした。おしゃれだが見た目だけではない。そんな住宅です。

2009年07月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

札幌圏の取材記事