Story 取材記事

2階リビング・外壁レンガ・木製サッシのこだわり/千歳市・Kさん

見晴らしのいい納得の土地で、2階リビンクから景色を眺めたい
ウッディな雰囲気が漂う住まいが理想
モデルハウスをたくさん見て、夫婦でイメージした住宅を形にしたい
そんなオーナーさんの熱い想いを協栄ハウスが実現させました。

アパート住まいから理想の一戸建てへ


Kさん夫妻は結婚時からずっとアパート暮らし。
ワンちゃんを気兼ねなく飼える新築一戸建てに憧れて始めたのが「土地探し」でした。
土地に対するKさんのこだわり、条件は
「建てる予定の我が家の前面に家が無く、2階リビングからの見晴らし、景観が良いこと」


ところが意外とこのシンプルな条件が難しい。不動産サイトで情報収集+実際に何度も現地視察。でも住宅街で見晴らしの良さを維持できる土地はなかなか見つからない。あったとしても入手できる土地かどうかわからないことも。
約半年間に及ぶ土地探しで千歳市各所の主な住宅地を自らほとんど検証できたほどです。

その頃に知り合ったのが協栄ハウスの佐藤博部長。

Kさんいわく「協栄ハウスの所有物件だけでなく、要望に合った見晴らしのいい土地があれば、嫌な顔ひとつせず地主さんと交渉してくれたり、真剣に土地探しをしてくれました」とのこと。

ウッディで安らげる理想の家を佐藤部長に任せよう!


当時、Kさん夫妻は土地探しと同時に地場大手でウッディ系の家づくりを得意とする住宅会社数社、そして北欧系輸入住宅大手ハウスメーカーのモデルハウスなどにも見学に行き、土地だけでなく住まいに関する具体的な検討も進めていました。その中で木の質感漂う安らぎの家という理想の住まい像が少しずつ具体的になってきました。
でも気になっていたのは佐藤部長の存在。
「住宅を売り込もうという感じではなく、私たちの立場に立ってしっかり要望を聞いてくれる。人柄の良さがすっかり気に行ってしまった私たちは、佐藤部長のいる協栄ハウスで、私たちの希望を全部叶える設計、仕様で家を建てることを話し会うようになったのです」

こだわりの建材を続々採用


理想の土地も見つかり、次は家づくりです。

モデルハウスめぐりで知識を蓄えたKさんの要望を実現する機会がやってきました。

2階リビングという見晴らしがよく、通行人と目が合うこともなく、カーテンを閉める必要もないプラン。

外壁はいつまでも高級感を維持できるレンガ、断熱性能に加え見た目もカッコいい木製サッシ、室内は明るめの色調でしかも木の質感を重視。耐久性や質感の良いアスファルトシングルの屋根材や床材の色合い、階段の段数を増やし傾斜をゆるやかにしつつ幅も広くする、ワンちゃん専用の洗い場の設置など細部にわたって要望を伝え、検討を重ねた結果、こんな質感豊かな住まいが実現したのです。

思わぬ良さ?断熱性能にびっくり


協栄ハウスは、住宅業界では「無暖房住宅」「光熱費ゼロ住宅」など、気密・断熱性能に特化した会社として認知されている工務店です。

30棟以上のオーナーの協力を得て、協栄ハウスで建てた家の年間光熱費を実測し、平均28万円という測定結果を公表、さらなる省エネ性能の向上に取り組んでいます。

しかし前述のようにKさん夫妻は理想の土地、理想のプラン・デザインの住宅を求め、佐藤部長の人柄に惹かれて協栄ハウスを選んだオーナーでした。


最後にKさんの感想をご紹介します。

「ストーブではなくオール電化の床暖房なので、何となく暖房器からの直接的な熱さのようなものがない分、最初の年は暖まり感に物足りなさのようなものを感じましたが、2年目には全く気にならなくなり、家じゅうどこに居ても寒さを感じないこと、冬の最も寒い月に光熱費(給湯含む)合計の電気代が3万円台になったことがありましたが、年間平均では1万6千円程度という光熱費の安さには本当にびっくりしました」

2009年09月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

この記事もおすすめ

恵庭・千歳の取材記事