Story 取材記事

建築のプロが「自分サイズ」の土地付き一戸建てを提案/(株)リヴスタイル

JR手稲駅から徒歩10分という便利な立地に、2370万円(税込)で買える家があると聞いて株式会社ドリホのモデルハウスへ行ってきました。ドリホは当サイトでもおなじみ、三五工務店さんのグループ会社です。
ドリホは社名変更により、2017年5月から(株) LivStyle リヴスタイルになりました。

140622doriho_1.jpg
ありました!「ZERO CUBE」(ゼロキューブ)と書かれたのぼり。前面の木がアクセントになっています。
140622doriho_2.jpg
と思ってよく見たら、これはサイディングでした。
「質の良い窯業系サイディングを採用しています。これはニチハのキャスティングウッドというんですよ」。こう話してくれたのは、モデルハウス担当者。この外壁には雨で汚れを洗い流すセルフクリーニング機能もあるそうです。
車が2台止められる37.5坪の土地に、家は25坪の3LDK。「外壁はW断熱方式で、住宅性能も手抜きはありません。当社独自の地盤補償(20年)や白アリ保証、防水保証(各10年)も付けています」
ツーバイフォー工法の採用や、さまざまな土地条件に合わせやすいキューブ形状の建物、建築のプロによる間取りなど、プランと形を絞ることでお求めやすい「自分サイズ」の家を実現。

140622doriho_4.jpg
こちらのリビングでお話を伺いました。窓が多く吹き抜けもあって明るい雰囲気です。
「ライフステージの中では、転勤や家族構成の変化、また予期しない出来事で、同じ家に住み続けられなくなることもありますよね」。言われてみると、確かに周りではそんなことも・・・
「そんな時、土地は何年たっても価値の変わらない資産になります。当社は不動産会社ですので、地盤が良くて駅に近いなど、ご希望の土地を探してお勧めできます」。
なるほど。建築のプロが提案するプランとお求めやすい価格、優れた立地条件が揃えば、それまで中古住宅や新築マンションしか考えられなかった人にも、「新築一戸建て」が大きな選択肢になりますね。それに、子どもが成人して巣立った後に売却して郊外に家を買ったり、都心の中古マンションに住むといった「第2の選択」もできます。

「当社で扱うゼロキューブは規格住宅ですが、一回り広く、部屋を増やした"+BOX2"、ガレージや大収納を付けるなど、オプションが豊富です。また、北欧風や南欧プロヴァンス風スタイルなど、この大画面を見ながらお客さまに選んでもらって、その場でお見積りをすることもできます」
実際にどのような方が見学に来られるのか聞いてみたところ、今のライフスタイルのまま無理をせずに家を持ちたいという若いご夫婦や小さなお子さんのいる世帯、また「三五工務店さんではちょっと予算が足りなくて・・・」という方が多いそうです。
なんといっても一戸建ては、子どもの物音で周りに気をつかわずに済むのも大きなメリット。
また、100坪を持つ地主さんが、半分の土地をドリホさんに売って、そのお金でもう半分にゼロキューブの我が家を建てたいという相談も来ているとか。
2階も見せてもらいました。ウォークインクローゼット付きの寝室に、明るい子ども部屋が2つ。
1階のユーティリティーも過不足のない感じです。お風呂の床もヒヤッとせず入浴後もすぐ乾く素材を使うなど、快適性やお手入れのしやすさなどバランス良く選ばれているように感じました。

140622doriho_7.jpg

ゼロキューブのパンフレット

理想を追い求めた家をつくりたいという人もいる一方で、子育て、趣味、将来のことなど、いろいろ考えた上で自分サイズに合った家に住みたいという人もいると思います。実際に行ってご自分で確かめてみてはいかがでしょうか?

株式会社リヴスタイルについて

住所:札幌市北区北34条西10-6-21 田中ビル
電話:011-707-5500  FAX:011-788-2300
ホームページ http://livstyle.co.jp/
ゼロキューブ https://lifelabel-stores.jp/livstyle
定休日 水曜日
業務内容
 ◇不動産関連 ◇規格住宅(ゼロキューブ) ◇リフォーム関連
 

ドリホは社名変更により、2017年5月から(株) LivStyle リヴスタイルになりました。
 

2014年07月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

この記事もおすすめ

札幌圏の取材記事