Story 取材記事

女性チームが作った"キュン"とくるモデルハウス「Sourire~スーリール(笑顔)」/アシストホーム

札幌市北区のJR新川駅から徒歩7分、スーパーもすぐ近くという好立地にアシストホームさんのモデルハウス「Sourire」が公開されました。
フランス語でスーリールと読む、この言葉の意味は「笑顔」。今回の新しいモデルハウスを手掛けたのは、すべて女性のアシストスタッフ・KURARAチームによるものです。
一般公開前に、ちょっとしたカフェを思わせるリビングルームでKURARA事業部マネージャーの平澤亜紀さんにお話を伺いました。

2015_05assist_photo.jpg
<この日はプロカメラマンによる撮影があった。KURARAスタッフ、右が平澤さん〉

女性チームによる、居心地の良いカフェのような家

――まるでカフェのような、居心地のよさとワクワク感があるおうちですね。今までのモデルハウスとはまたタイプが違いますが、今回はなぜこのような住宅をつくられたのでしょう。

平澤 今までのように性能面とプラン(間取り)を重視した家づくりに加え、そこで暮らす人に焦点を当てた家づくりをしていきたいと思ったのがきっかけです。ファミリーがそこで暮らすことで毎日が楽しくてワクワクする家。さらに家計にとって重要なランニングコストにもしっかり配慮した住まいを目指しました。
そのために、設計からインテリアコーディネートまですべて女性のチームを結成し、「暮らしを楽しむ」「家族に優しい住まい」をコンセプトに掲げました。居心地のいいカフェのような空間をイメージし、無垢床に白い塗り壁、アンティーク風のドアといったフレンチテイストも程よく採り入れています。また、住まいの安心と資産価値を確保するため、長期優良住宅の認定も取得しています。さらに、太陽光発電システムを搭載して国土交通省の省CO2先導事業に採択され(補助対象)、毎月の光熱費が安く「家計にやさしい住まい」にもなっているのも特徴です。

2015_05assist_4-02S.jpg
<屋根に太陽光パネルを搭載。水道を含めた光熱費は月平均9000円以下になる見込みだ>

家族で毎日の暮らしを楽しめる住まいに

――このモデルハウスでは、どんなファミリー層を想定されていますか?

平澤 20代後半から30代の共働きのご夫婦と、小学校に上がる前のお子さんが2人の4人家族。毎日は忙しいけれど家族と過ごす時間を大切にしたいと思っている、そんなご家族を想定しています。室内には造作の棚やニッチを多めに設けてあり、ご家族の写真や植物などお気に入りをディスプレイしていただければと考えています。この「Sourire」では、当社で運営する雑貨店「リトルリプル」で取り扱うグリーンや雑貨、照明などを用いてコーディネートしています。室内はホワイトやペールトーンを基調とし、飽きのこないカラーを使用しています。

2015_05assist_dining.jpg
〈キッチンはホワイトのモザイクタイル張り。側面にはマガジンラックも〉

平澤 間取りはどこにいてもお互いの気配を感じられる、家族のつながりを大切にした設計です。キッチンカウンターはママが家事をしていても室内を大きく見渡せる配置で、小さなお子さんがいても安心です。さらに本棚を一面に設けたライブラリースペースや2階ホールのフリーカウンターなど、家族や親子で楽しめる空間もあります。

2015_05assist_2fhall.jpg

女性だから分かるビジュアルと実用性のバランス

―――「暮らしを楽しむ」「家族に優しい住まい」というコンセプトが生かされているのですね。

平澤 はい。さらに「生活のしやすさ」という面では、お手入れのしやすさも意識しました。例えばリビングルームはナラの無垢フローリングですが、キッチンも含む水回りにはフロアタイルを使用しています。水回りではこちらの方が無垢材やタイルの床よりもお手入れが簡単ですし、物を落とした時にも多少のクッション性があります。キッチンも、リビング側はタイル張りですが内側はキッチンパネルというように実用的なものにするなど「見た目のかわいらしさと、使いやすさとのバランス」を全体的に意識しました。

2015_05assist_floor.jpg
〈無垢床とキッチンの境目にも細かいデザインの気配りが〉

―――「Sourire(スーリール)」というモデルハウスの名前に込めた意味は。

平澤 フランス語で「笑顔、微笑み」といった意味ですが、私たちKURARAスタッフはお住まいになるご家族が日々の暮らしを心から楽しみ、自然と笑顔がこぼれるような空間を提供したいという思いでこのモデルハウスをつくりました。選んだ素材や色のバランス、ちょっとした工夫などが、 人の思いを包み込むような女性特有の温かさを表し、家族への愛を感じられる家づくりができたと思っています。

2015_05assist_35-02S.jpg

記者の目

モデルハウスに入った瞬間、造作の棚やニッチに飾られた小物、塗り壁や梁のある吹き抜けなどカフェ風の佇まいに思わず心が浮き立ちました。「女性がキュンキュンくるモデルハウスに」と笑顔で話していた平澤さんですが、見れば見るほど「よくこんな細かいところまで・・・」と感心してしまうぐらいに配慮されたつくり。女性スタッフによるKURARAさんが掲げる「暮らしを楽しむ」をまさにカタチにした、素敵なモデルハウスです。

2015年05月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

札幌圏の取材記事