Story 取材記事

「絶対にバーベキューできる家が欲しい!でも予算が...」あきらめかけた夢を実現/リブスタイルのCollaBoX(コラボックス)

ドリホは社名変更により、2017年5月から(株) LivStyle リヴスタイルになりました。

シンプルで高性能、魅力的な価格の「ゼロキューブ」や「ハグハウス」などを扱っている(株)ドリホさん。そのゼロキューブをさらに進化させたオリジナル商品「CollaBoX(コラボックス)」が最近は人気を呼んでいるとか。
「建てるなら絶対に"バーベキューのできる家"と決めていました!」と話すのは、30代会社員のSさん。コラボックスの新居で焼肉パーティーをすると聞いて、取材に伺いました。

家族で念願のおうちバーベキュー

2015_10doriho_bp.jpg

Sさんは、奥さんと3歳になる娘さんとの3人家族。日差しがサンサンと当たるバルコニーで、初のおうちバーベキューです。
「うん、うまい!本当にうまい!」。ちょっと奮発したというお肉を、かみしめるように味わうSさん。「いつもは石狩とかの浜辺に行くんですけれど、こんなふうに家でバーベキューができるなんて幸せですよね」と奥さんも話します。
「もう、バーベキューをするために家を建てたようなものですから。これだけは外せない条件だったんですよ」とSさん。バルコニーは、7,8人でもパーティーができる広さです。

「広いし、焼肉はうまいし、もう最高ですよ。吉田さんのおかげです」とSさん。「私もお役に立てて、本当に良かったです」と、招待されたドリホの吉田部長も、かなりうれしそうです。

結婚当時から一戸建てに住もうと決意し、アパート暮らしでお金を貯めていたというSさんご夫婦。約1年前から各社のモデルハウスや土地を見て回るようになりました。
交通や買い物に便利な場所に土地を購入しましたが、48坪と少々狭く「お庭でバーベキュー」は断念。「そこで、家に屋上をつくろうと思いましたが注文住宅では予算が足りない。それではと、オープンハウスを見に行っても屋上がないんですよね。本当に困っていました」(Sさん)

一戸建てに住むなら夢をあきらめたくない!

2015_10doriho_L.jpg
〈リビング・ダイニングは18畳とゆとりの広さ。壁はW断熱方式で室内は冬も暖か〉

そんな時、三五工務店の住宅見学会に行って「温かみのあるやさしい感じの家」(Sさん)に惹かれたというSさんご夫婦。予算に限りがあることを伝えたところ、グループ会社のドリホを紹介してもらったそうです。

吉田部長の案内で見学したゼロキューブに、「これはいいな、と思いました」というSさん。価格は抑えめながら、ニーズが集約された暮らしやすいデザインと明るい雰囲気、壁は充てんに加えて外張りの断熱も施したW断熱方式など性能がしっかりしていることも気に入りました。「でも、リビングのある1階には、老後のためにも個室が欲しい。あと、なんといってもバーベキューできる場所です!」そう話して、吉田部長から提案されたのがコラボックスでした。

2015_10doriho_1r.jpg

〈リビングの隣にある個室。いまは開け放して娘さんのプレイスペースに〉

コラボックスは、ゼロキューブの良さをそのまま引き継ぎながら2階は自由設計なので、建て主の好みに合ったカスタマイズができる企画住宅です。
1階にはLDKと個室を備えています。この点はSさんご夫婦に希望をクリア。しかし、問題はバーベキュースペースです。屋上をつくるプランで見積もりを出してもらったところ、惜しくも予算オーバーになってしまいました。"やはり、ここもダメなのか・・・"

ドリホのアイデアで理想の家がついに実現!

2015_10doriho_ex.jpg

そこで吉田部長が出したアイデアが、このカーポート付住宅のプランです。カーポートの屋上にバルコニーを造ることで、広々とした空間を確保しバーベキューができるようにしました。
「オーナーの『○○したい』をサポートするシンプルで使いやすい家。それがコラボックスの底力です」と吉田部長。もう少しその意味を尋ねると・・。
「企画商品で建物価格を抑える良さと、『○○したい』部分にその予算を回せる小回りがきくプランが、ドリホオリジナル商品の強みです。『シンプルで好きだけれど、この部分だけ○○したい』という方に、すごく喜ばれています」。
なるほど、と思いました。

2015_10doriho_cl.jpg

〈2階ホールの大型クローゼット〉

「カウンターは大きくて使いやすいし、料理をしていても楽しいですよ」とキッチンに立つ奥さん。「コラボックス自体が、とっても使いやすく造られているんですよね」(奥さん)。
さらにSさん邸では、オプションでスマホを使って外出先から暖房や照明を操作できるスマート設備(HEMS)も導入しています。

2015_10doriho_K.jpg

たっぷり入るスライドドアのキッチン収納。半透明で中が分かるようになっている食品庫などは、雑誌の切り抜きを見せながら奥さんがイメージを伝えて実現したものだそうです。

楽しい暮らし、家族の思い出をつくっていく家

2015_10doriho_fa.jpg

「同じような価格の家も見てきましたが、2階はフリープランだし、オプションを付けても予算内でここまでしてくれる。ハウスメーカーとかでは、ありえないですよ!ドリホさんのおかげで夢が叶いました」と感激の様子を隠さないSさん。
奥さんもこう話します。「ドリホという会社を最初は知りませんでしたが、母の知り合いだった不動産屋さんから、『三五工務店グループのドリホなら信用がおけるよ』と聞きまして。だから、安心してお願いできました。希望したフリーカウンターや収納もつくってもらって感謝しています」
いちどはあきらめかけていた、バーベキューを楽しむ住まい。「家族の思い出をひとつひとつ大切にしていきたい」と語るSさんご夫婦にとって、大満足の家になったようです。

2015_10doriho_da.jpg

Sさんご家族プロフィール

家族:30代前半のご夫婦、3歳の娘さん 住所:札幌市北区 仕事:会社員 趣味:ご主人 海水浴、マリンスポーツ、ドライブ、旅行 奥さん ホットヨガ、ネイル 好きなブランド:ご主人 MEN'S MELROSE(メンズメルローズ)、 奥さん ALBION(アルビオン化粧品) オフの過ごし方:浜辺でバーベキュー、キャンプ、ドライブ

記者の目

家づくりで「予算がなくて夢をあきらめる」という話はよく聞きますが、Sさん邸は「夢をあきらめなかった」ケースです。コラボックスという住宅商品があったこともそうですが、"夢の家"が実現したことにはドリホ・吉田部長のサポート力も大きい。2階の間取りがフリープランなど自由度の高いコラボックス、「我が家を買ったら○○したい」という夢をお持ちの方に狙い目ですね。また、あきらめる前に探し続ける粘り強さも必要と思いました。

2015年10月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

この記事もおすすめ

札幌圏の取材記事