Story 取材記事

「子ども導線」を意識した北欧テイストの住まい「hauska」/アシストホーム

アシストホームの女性チーム発案「KURARAのいえ」の第2弾が公開されたと聞いて、さっそく見学に行ってきました!

新しいモデルハウスの名前は「hauska(ハウスカ)」。
「楽しい」を意味するフィンランド語で、北欧のように「暮らしを楽しむ住まい」をコンセプトにしています。

2016_06assist-02.JPG

塗り壁仕上げの真っ白な外壁に、アールを描いた玄関ポーチ。
ナチュラルな印象のドアを開けると、こんなに明るい空間が広がっていました。

2016_06assist-05.JPG

壁は天然素材の塗り壁。床は北海道産ナラの無垢フローリング。
正面の建具は北海道産トドマツの無垢板と、自然素材のぬくもりや心地よさを大切にしています。
一方で、脱衣所など水回りはビニールクロスやフロアタイルで実用性を重視。お手入れに手間と時間がかからないよう配慮されています。

子どもの成長を見守る住まいとは?

間取りで重視したのは「子ども導線」です。
小さなお子さまが自発的にお片付けやお勉強に取り組めるよう、さまざまな工夫が施されています。

2016_06assist-08.JPG

たとえば玄関ホールの一角には「ただいま手洗い」を設置。
帰ってきたらすぐに手洗い&うがいができるようになっています。
お友達が遊びに来たときも、玄関でパパッと手洗いができたら、すごく便利ですよね。

2016_06assist-19.JPG

玄関には雨具や靴を収納する「ただいまクローク」を、
リビングとひと続きの洋室にはランドセルや教科書などを置く「ただいまクローゼット」を設けています。
ただいまクローゼットの中には、学校からのお便りや連絡帳などを入れる「ただいまポスト」も用意されていて、忘れ物も防げます。

2016_06assist-11.JPG

リビングには、おもちゃをバスケットなどに入れてお片付けできる「ただいまテレビボード」が、
ダイニングは辞書や地球儀をいつでも取り出せる「ただいまカウンター」が設置されています。
ママがごはんの支度中、食卓で宿題をして、ごはんができたら、すぐにお片付けもできちゃいます。

2016_06assist-14.JPG

こうした「ただいま収納シリーズ」は、生活習慣や学習習慣が自然と身に付くように工夫されたもの。
このほかにも、羽目板に子どもの身長を記録できる「ただいま背比べ」や、
子どもの絵や賞状などを飾れる「ただいまマグネットボード」など、子育て環境に配慮したアイデアが満載です。

遊び心と高性能をムリなく両立

「hauska(ハウスカ)」ではぜひ、インテリアの色使いにも注目してください。
「自然素材のナチュラルカラーをベースに、ブルー・イエロー・グレーの3色でコーディネートしました」というのは、住宅営業部の平澤亜紀さん。
対面キッチンの明るいブルーのタイルから、ソファ、ダイニングチェア、カーテンまで、カラフルな色彩がほどよいバランスで配置されていてハイセンスです。

2016_06assist-09.JPG

2階ホールのフリースペースや玄関の手洗いも、ブルー系のタイルでトーンを合わせています。

2016_06assist-06.JPG

さらに、小さな雑貨を飾れるスペースがあちこちにあるのもうれしいポイント。

2016_06assist-30.JPG

埋め込みのニッチや、階段とリビングの仕切りをくり抜いた棚。
キッチンの吊り戸棚の下にしつらえた飾り棚など、
お気に入りのものを散りばめてディスプレイを楽しめます。

2016_06assist-01ToGo.jpg

断熱・気密といった性能もじゅうぶん

最後に性能の良さにもひとこと触れておきます。 「hauska(ハウスカ)」の断熱性能は、外気平均熱貫流率(UA値)が現行基準の0.46よりはるかに高性能な0.28、気密性を表すC値も0.28と高い数値を誇っています。 「UA値は断熱材の厚さや窓サッシの種類などから計算で導く数値なんですが、C値は家が完成した状態で測定して出る値。両方合わせて高性能が実証できるんです」と平澤さん。 「給湯・暖房をまかなうのは、都市ガスのエコジョーズ1台ですが、魔法瓶みたいな高性能なので、冬もポカポカですよ」と教えてくれました。 見学の申し込みは以下へ。公開時間11:00~16:00の予約制です。 http://www.assisthome.co.jp/

取材を終えて

小さなうちからこんなおうちに暮らしたら、整理整頓や学習習慣がしっかり身に付くのかも...。それ以上に、お部屋が片付かないというママのイライラも解消できるかも...と感じました。 さすが女性チームが設計しただけあって、インテリアもかわいく、使いやすそうな工夫がいっぱい。写真にはありませんが、スモーキーなピンクや水色の壁紙を使った子ども部屋の内装もキュートなので要チェックです。 お隣には同じアシストホームの男性プランナーが設計したモデルハウス「Q1.0-α(キューワン・アルファ)」も公開されていますので、見比べながらご夫婦で好みのプランを話し合ってみるのもオススメです。   「Q1.0-α(キューワン・アルファ)」の記事はこちら /20151016174642.html   KURARAのいえ第1弾「Sourire~スーリール」の記事はこちら /20150514170442.html  

2016年06月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

この記事もおすすめ

札幌圏の取材記事