Column いえズーム コラム

静岡県、そして磐田市の防災対策は水準高い!そして暑かったw

新幹線や電車を乗り継いでの人生初の静岡県磐田市。


DSC00531.JPG

いきなりの大雨&猛暑。熱気と湿度のダブル攻撃で、汗だく&食欲減退でした。

とにかく北海道とは気温も湿度も全然違います。

常時汗をかき続け、日陰や涼しい場所を探しながら・・・。この暑さは大変だなぁ...。

なお磐田市内にはあちこちにジュビロ磐田に関する情報がありました。強いサッカークラブチームのホームタウンだもんね・・・


今回も防災対策の取材です。

 

日本列島で最も地殻の歪が蓄積されており必ず大震災が起きると言われる東海地域。

静岡県は防災訓練強化地域ということで、県庁や地方自治体が連携し住民らと

6月 土砂災害訓練

7月 津波訓練

9月 総合防災訓練

12月 地域防災訓練

水防演習

という5つの訓練を毎年実施しており多くの住民が参加。

海岸沿いの人なら津波と総合と地域の訓練に参加する。これがまず凄い。

避難訓練をしたことない住民が適切な避難はできない、

日頃から訓練をして、身体と心をスタンバイしておくことが一番大事ですよね。


また自主防災会の整備率もほぼ100%。それぞれの防災会が発電機や工具、スコップ、防災倉庫などの備えと避難訓練などの対処を日々行っていたり、

地域全域に、屋外の拡声器?が設置され災害情報は即座に発信されるなどの対策も行われています。

そうした中で磐田市は自治防災課を中心に

地震対策マニュアル

自主防災会活動マニュアル

指定避難所運営資料などの整備や、要援護者への支援体制などが進められ

特に

磐田市総合防災情報システム

の整備にも力を入れていて

避難所や医療救護所などなら物資や要員などの資源割り当て

住民安否システム

災害情報広報システム

映像情報システム

などなど「情報」を自治体と住民が利活用できる仕掛けづくりでも特筆できる取組を行っています。

 

水害、地震、津波などへの備えを真剣に行っている自治体は違いますね!


http://www.bosai.city.iwata.shizuoka.jp/ 磐田市防災ホームページ

さて、この後は島根県松江市に向かいます。


DSC00532.JPG

2011年07月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。