Column いえズーム コラム

薪ストーブユーザー必見!リンゴの木、いらんかね

初めまして!「木を見て森を見ず」、または称して「視界30度の女」、興味を持ったらドドッと突っ走るライターのタカハシです。どうぞよろしくお願いします。
さて、今回は木のお話です。山は赤や黄に染まり、雪虫もビシビシと服にふっついて、しばれてきました北海道。

◆ドーンと大量に薪を使いたいお方♪
初めまして!「木を見て森を見ず」、または称して「視界30度の女」、興味を持ったらドドッと突っ走るライターのタカハシです。どうぞよろしくお願いします。
さて、今回は木のお話です。山は赤や黄に染まり、雪虫もビシビシと服にふっついて、しばれてきました北海道。
そこで薪ストーブをお使いのアナタ!もしくは石窯パン屋さんを開こうと計画中のアナタに良いお知らせです!
リンゴの木、1000本要りませんか?(にっこり)

◆余市の農園、ワイナリー計画につき
札幌から小樽を越えた先、積丹半島の付け根にある余市はフルーツで有名な町。そこで果物や野菜を栽培するリタファームさんは、「からだにやさしい、おいしい朝食」をコンセプトに自家製シリアルや優しい甘みのコンフィチュール、ジュースなども生産しています。自然農法にこだわるだけあって「余市産レーズン」も防腐剤やコーティング剤一切なし、味わいはとてもジューシー!
そんなリタファームさんが、来年からワイナリーを営むことになりました。リンゴ果樹園だった土地の成木を伐採中ですが、まだ1ha、約1000本が残っているそうです。

◆リンゴの薪ってゼイタクなのね
60年たったリンゴの成木は、しっかりと締まっていて薪にしても熱量が高く、火持ちも良くて非常に良質。香りはリンゴそのものではないけれど、ほんのりと甘いにおいがするそうです。ヨーロッパではクリスマスの時に使われるとか。
パチパチとはぜる火を眺めながら、部屋がほんのりとスイートな香りに包まれる冬......なんて、いいじゃないですか!ワタシも薪ストーブ欲しくなってきた。それっ、身内に打診!即却下!ちえっ。

◆自力で伐採、持ち帰りヨロシク!
しかーし、ここで但し書きです。リタファームさんは、本当に「木を提供するだけ」です。つまり、チェーンソーやトラックなど自分で用意してください。もちろん、木を切る作業、運搬作業等々もご自分で。
ということは、だいぶ応募できる方が限られてきますね。それでも、本当に木はいいものですから「慣れてますぜ!」という薪ストーブのヘビーユーザー、料理用にも最適なので飲食店の方、ひいてはそのまま畑の一角で石窯パン店を開こう!という方などは、どうぞ下記のリタファームさんにお電話またはHPの問い合わせフォームで尋ねてみてください。雪が降るまで限定ですよ~~~。

◆農園ボランティアもいいんじゃない?
ちぇっ、自分には関係ないや、つまんないな~と思われた方、リタファームさんの「ワイナリープロジェクト」では、来春の開園に向けてボランティアさんも募集中です。春になれば苗木植え、今の時期なら落ち葉拾いなど(もれなくおやつに焼き芋つき)。
ファミリーでもOKだし、気分転換に農業してみたい人、またはワイン好きな人など誰でもウェルカムとのこと。こちらも興味がありましたら問い合わせてみてくださいね~。ああ、ワインもいいけど、焼き芋も食べたいなっ!

余市リタファーム
http://www.rita-farm.jp/
余市郡余市町登町2016 TEL:0135-23-8805(代)

2011年11月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。