Column いえズーム コラム

冬休みのお子さんにおすすめ、大人も楽しめる!「おばけのマ~ルと絵のふしぎ」

これがポスターの絵です。もととなった国松登さんの「星月夜」は、会場で見ることができます


これがポスターの絵です。もととなった国松登さんの「星月夜」は、会場で見ることができます

絵の脇には、クイズの載ったカードがあります。全部わかるかな?正面を向いたマ~ルは、チケットの半券です。凝ってますね!


絵の脇には、クイズの載ったカードがあります。全部わかるかな?正面を向いたマ~ルは、チケットの半券です。凝ってますね!

マ~ルの絵葉書もかわいい!売上金は東日本大震災の義援金として寄付されるそうです。絵本仕立てのパンフレットもあります


マ~ルの絵葉書もかわいい!売上金は東日本大震災の義援金として寄付されるそうです。絵本仕立てのパンフレットもあります

駐車場は、美術館入口(北3条通り沿い)近くの東側の端にあります


駐車場は、美術館入口(北3条通り沿い)近くの東側の端にあります

あの名画が、おばけのマ~ルバージョンに!

北海道立三岸好太郎美術館で開催されている展覧会「おばけのマ~ルと絵のふしぎ」を見に行ってきました。
今回行ったきっかけは、喫茶店でポスターを見たこと。
「どこかで見たことある...え、えええ~~~!!!」
私が高校生のころから大好きな国松登さんの「星月夜」が、マ~ルバージョンになっているではありませんか...。
これは見に行くしかないと思い、帰って詳しくネット検索しました。

「おばけのマ~ル」は、絵・なかいれいさん、作・けーたろうさんの絵本シリーズで、「まるやま」の頂上に住んでいるおばけのマ~ルが札幌の動物園や雪まつり、美術館に行ってお友だちをつくる...という作品。
ご存じの方も多いと思います。

大人は名画を、子どもはクイズや工作を楽しめます

この展覧会は、北海道立近代美術館で毎年冬休みに開催している「アミューズランド・トゥモロー」シリーズ。近代美術館が改造工事で休館中のため、隣の三岸好太郎美術館で開催されたそうです。
国松登さんのほかにも、神田日勝さんや木田金次郎さんなど、北海道の画家の作品がたくさん展示されています。贅沢です...。
そして、その作品の「時代背景」や、「遠近法」「色彩」「形」などについて、子ども向けに楽しく、やさしく解説しています。
子ども向けですが、「たしかによく見てみると、そうだよね!」と夢中になってしまいました。
また、クイズや工作コーナーなどもあって、「やりたい...」と思いましたが、いい大人なので我慢しました...。

北海道ゆかりの名画と、かわいいマ~ルが...

もちろん、三岸好太郎さんの作品もたくさん展示されていました。
さらに、なかいれいさんによる、三岸作品のマ~ルバージョンも。
ポスターの国松登さんもこちらも、ご遺族・関係者の方の好意のおかげで実現したものだと思いますが、もとの絵をしっかりとモチーフにしつつ、鮮やかな色彩とかわいらしいタッチで、みごとにマ~ルの世界に昇華されていました。
かわいい絵を見ていると、すっかりマ~ルのファンになってしまいました(単純)。

冬休みのお出かけにおすすめ!

行った日は冬休み前の平日だったので、小中学生の姿はありませんでしたが、大人だけで見に来ていた人もけっこういました。
作品の点数は50数点と多すぎず、疲れたり飽きたりせずに楽しめそうです。
駐車場(無料)は少しわかりづらく台数も3台と少ないですが、休館中の道立近代美術館の駐車場に停めれば割引になるそうです。
お子さんの冬休み期間中までやっていますので、ご家族でのお出かけにおすすめです。
楽しい冬休みをお過ごしください!


北海道立三岸好太郎美術館
札幌市中央区北2条西15丁目(知事公館北側)
TEL 011-644-8901
「おばけのマ~ルと絵のふしぎ」
開催期間/1月15日まで
休館日/12月29日~1月3日・1月10日
観覧料/一般600円・高大生350円・小中生250円
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mkb/  


2011年12月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。