Column いえズーム コラム

冬に子どもと一緒に遊べる場所in札幌 白い恋人パーク ふわふわアドベンチャー 子どもの未来館ほか

冬の札幌で1歳児と遊べる場所は少ないかも・・

年末年始は家族サービスをすると決めておりました。そこで1歳半の娘と一緒に親戚巡りとか散歩とか、部屋の中で走り回ったり・・・。でももっと遊びに行きたい!そこで悩んだのが、
「冬の札幌で、1歳児と数時間全力で遊べる場所情報ってあんまりないぞ」
ということ・・・。
ということでいろいろ行ってみたのでレポートします。

さっぽろ東急百貨店の屋上が子どもで大盛況!

ちょっと一昔前の話ですが、子どもが親のお買い物で百貨店に付いていく時の目当ては、昔はおもちゃ売り場か、とうまん?とかの実演製造販売コーナーか屋上の遊園地でしたよね・・・。今だと郊外の大規模店などでは有料のキッズパークやゲームコーナーのようなものがあってそこで遊ぶんでしょうけども・・・。
この東急百貨店の屋上はものすごく混んでいました。娘は1時間遊んだ位ではあきたらず、去りがたく、帰りは泣きましたw相当楽しかったようです。遊具はあんまり無いんですが、傾斜や段差があってそこを子ども達がキャーキャー言いながら走り回るだけの場所です。
それが面白いという・・・。


ツキネコカフェ・ニャイダーハウスで猫とたわむれる

猫の保護活動をしながらの猫カフェ
というコンセプトに惹かれ、
札幌市中央区北6条西27丁目1-30
のツキネコカフェに行ってみました。
http://tsukineko-cafe.net/
店内混んでまして、もう一軒(すぐ近くにある)の
ニャイダーハウスに案内されました。
https://www.facebook.com/nyaidarhouse
総勢4人で行きましたが、当日割引か何かで1時間で1000円だけで利用できました。
可愛い猫ちゃんが15匹位とお客さんが5名位、店員さんは2名位?でした。
うちの母は猫が苦手ですが孫同伴ということで喜んで同行でした。

お店に入ると30畳位の空間にこたつやソファーなどがあって、お客さんは好きな場所に座り、猫たちと対面しくつろぐ・・・・そんな不思議な空間です。
猫じゃらしとかがあって、猫と一緒に遊べます。
捨て猫とかも多いので、急に抱っこしようとしたりすると嫌がるとのこと・・・。
その場の空気に客の側が馴染んでくると猫だちも次第に寄ってきて・・・

ぶっちゃけ親の側もこんなにたくさんの猫と遊んだことがなかったし
室内も想像と違って衛生的で匂いもあまりせず快適でした。
娘は、終始猫に向かって
「にゃーお」
「にゃぁぁおぉぉ?」
と話しかけ、笑い転げていました。かなり猫が好きになった模様・・・。


外国人観光客に人気?白い恋人パーク

あるサイトで、札幌市内観光名所ランキングの3位に入っているのに案外地元民には馴染みのない(気がする)、石屋製菓の「白い恋人パーク」に行ってきました。
北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36です。
「白い恋人」の製造ラインやチョコレートの作り方、そしてメルヘンチックな公園、
手作りお菓子教室などがあります。大人600円です。
一度は見て損はない。何度も行きたくなるほどの面白さではありません。
ほとんどの客が海外からの観光客だった感じで外国語が飛び交っていました。
1歳児が最も喜んだのはチョコレートパフェ。眺望の良い場所でしたが娘は、パフェに集中し、景色を見る余裕もありませんでしたw
http://www.shiroikoibitopark.jp/
札幌って観光名所少ないんだろうか?地元民だからあんまり考えたこと無かったけど、開拓記念館、時計台、雪まつり、すすきの?もいわ山?羊ヶ丘展望台?何かイマイチ魅力薄な気も・・・どちらかというと小樽やニセコなど周辺市に遊びに行けることを込みで札幌の観光力は成り立っているような気がしてきました。ああまた脱線しました・・・


凄い楽しい!子ども未来館!

超おすすめ施設発見しました。
石狩市役所の前にあります。
札幌市民ではありますが私は勉強する場所が必要な時は必ずといっていいほど石狩市の図書館に行きます。その日も、石狩市図書館には、子ども向けの絵本などが充実していることを知っていたので図書館に行きました。娘は案の定、布で出来た動物の絵本とか、でっかい絵本や、紙芝居などを満喫してくれたのですが、帰りがけに隣接する銀色の施設があることに気付き、立ち寄ってみました。
それが2011年春にオープンしたこども未来館あいぽーとです。

かなりオススメです。
入り口を入ると右側には小学生くらいの子ども達が椅子に座っておしゃべり。
中央右の部屋では小学生の男の子たちが何か工作のようなものをしていました。
中央奥ではバスケットや縄跳び、バトミントンなどを数名の子ども達がやっていました。
事務所には職員が3名ほど。運動場にも体操のおにいさん、おねえさん風の職員がおりまして、子ども達とめいいっぱい体でコミュニケーションをしていました。
体育館兼自動会館のような場所でした。

うちの子はまだバスケットとかできないので、職員に誘導されて左側の
ひろば型地域子育て支援拠点事業「りとるきっず」
にやってきました。
中を覗くと2人位の優しそうなスタッフがいて、小さな子も2人位とお母さん、おばあちゃんがおりました。受付を済ますだけで無料で利用でき、娘は早速ボールがいっぱい入った砂場的な場所でひとしきり遊んだあと、お人形さんで少し遊び、最後におもちゃのシステムキッチンへ・・・。
スプーンを取り出して食べる真似をしたり、父ちゃんにコーヒーを入れる真似をしたりして大喜び・・・。やっぱり女の子はままごと的なこと好きですねぇ・・・
普段もお母さんの真似をして洗濯物を干そうとしたり、私やじいちゃんが部屋で寛いでいると水やおやつを持ってきたりして世話を焼こうとします。
よっぽどキッチンセットが楽しかったみたいで、スタッフの方が紙芝居をやっていてもスプーンとかは手放さないし、帰る時には全力で大泣きwジタバタ抵抗しました。
もう一人遊びに来ていた1歳位の男の子も、娘の大泣きにシンクロしてしまい、一緒に大泣きが大合唱でしたw
http://iport-ishikari.net/  ←石狩市の子ども未来館!オススメです!


ふわふわアドベンチャーも大興奮

テレビ北海道が、札幌ドームで年始の4日間だけ開催したイベント
ふわふわアドベンチャーにも行ってきました。

会場は園児や小学生とその親で大賑わい。
なんとかスライダーとか
新幹線の乗り物とか
空中遊泳ができる遊具とか・・・。
大人は一緒に遊具を利用しない限りは無料なのは嬉しい。
うちの子は3歳以下なので遊べる遊具は限られていましたが、
滑り台とか、新幹線の乗り物とか、遊具内に入って飛び跳ねるやつとか
に大興奮でした。ほんと楽しかったみたいです。疲れて帰りの車では爆睡でした。

http://www.sapporo-dome.co.jp/fuwafuwa2012/index.html


札幌圏で小さな子どもが楽しめる場所。今後も探していきます。

過去記事1
/archives/iesu/ghs/weblog/article/20110829134730.html

2012年01月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。