Column いえズーム コラム

札幌周辺の美味しいスイーツ!2 ガトー・ド・ノポロ「ゆりねのモンブラン」、ビーネ・マヤ「ロワイヤル」、北のドーナツ花

奥の3つのケーキは、左が「ゆりねのモンブラン」336円、中央が新商品の「ミルフィーユシュー」400円、右が定番人気の「イチゴタルト」368円。バレンタインに向け、カラフルなチョコレートも登場します


奥の3つのケーキは、左が「ゆりねのモンブラン」336円、中央が新商品の「ミルフィーユシュー」400円、右が定番人気の「イチゴタルト」368円。バレンタインに向け、カラフルなチョコレートも登場します

ガトー・ド・ノポロの焼き菓子で一番人気、江別産小麦を使った「江別っこマドレーヌ」


ガトー・ド・ノポロの焼き菓子で一番人気、江別産小麦を使った「江別っこマドレーヌ」

ビーネ・マヤのケーキのPOPにはイラスト入りで説明がついています。店員さんに尋ねたら詳しく教えてくれます


ビーネ・マヤのケーキのPOPにはイラスト入りで説明がついています。店員さんに尋ねたら詳しく教えてくれます

スイス・ドイツの伝統菓子に魅せられてこの道に進んだビーネ・マヤの岩川芳久シェフ


スイス・ドイツの伝統菓子に魅せられてこの道に進んだビーネ・マヤの岩川芳久シェフ

ツヤツヤのチョコレートが美しい、濃厚なケーキ「ロワイヤル」370円


ツヤツヤのチョコレートが美しい、濃厚なケーキ「ロワイヤル」370円

ビーネ・マヤの焼き菓子、ギフトで喜ばれるのもうなずけるおいしさです


ビーネ・マヤの焼き菓子、ギフトで喜ばれるのもうなずけるおいしさです

ビーネ・マヤではクリスマス時期にお菓子の家を販売しています。時期は過ぎましたが、可愛くて思わずシャッターを切ってしまいました


ビーネ・マヤではクリスマス時期にお菓子の家を販売しています。時期は過ぎましたが、可愛くて思わずシャッターを切ってしまいました

北のドーナツ花のドーナツ。手前から時計回りに、「プレーン」110円、「とうもろこし」130円、「チョコ」130円、「ミルク」110円


北のドーナツ花のドーナツ。手前から時計回りに、「プレーン」110円、「とうもろこし」130円、「チョコ」130円、「ミルク」110円

札幌良い住宅jp編集スタッフ厳選の美味しいお店紹介、第2弾は細川オススメの「ガトー・ド・ノポロ」、「ビーネ・マヤ」、「北のドーナツ花」です。

地元密着!素材にもこだわり、ガトー・ド・ノポロ(江別)

まず江別市野幌の「ガトー・ド・ノポロ」。
http://www.noporo.com/ 

JR野幌駅南口の前にある大きな通りをまっすぐ進み、ビッグハウスを通り過ぎた角のところにある、きれいなオレンジ色の建物です。江別は私の地元。お洒落でおいしいお店なので、プレゼントやお土産によく登場します。

毎年10月から5月限定で登場する一番人気のケーキは、テレビでも紹介された「ゆりねのモンブラン(336円)」。外側はふわふわのゆりねクリーム、中身はちょっと濃い目のゆりねペーストと甘さ控えめの生クリームであっさりめの味わい。底のサクサク濃厚なメレンゲ生地と一緒に食べると絶妙です。

素材の産地にもこだわっています。小麦は江別産や北海道産。
「ゆりねは由仁町の中村さん生産のもの。果物も、とれる時期は余市や増毛の生産者と直接取り引きしています」と梶原店長。

クッキーやマカロン、マドレーヌ、フィナンシェなどの焼き菓子も各種そろっています。

一番人気は江別産小麦を使った「江別っこマドレーヌ(120円)」。
はちみつ入りのしっかりした甘さの一品でした!

本格的スイス・ドイツ伝統菓子、ビーネ・マヤ(札幌市白石)

お次は札幌市白石区本郷通7丁目の「ビーネ・マヤ」。

http://gourmettown.net/bienmaja/ 

本郷通7丁目と8丁目の間、水源地通り沿い、マンションの1階にあるお店です。
ここは、以前一度取材して、とても印象に残ったお店です。

まずショーケースのケーキを見ると、「タールホーフトルテ」「カラカス」「ゴッツェトルテ」など、他で見たことのないような名前のケーキがずらり。

ここは、スイス・ドイツの伝統菓子のお店なんです。
特にチョコレートやナッツを使ったケーキが豊富です。

岩川シェフに現在の人気のケーキを聞き、「ロワイヤル(370円)」を食べてみました。
表面はチョコレートでコーティング。
中はキャラメルチョコムースとクレームブリュレ、土台はスパイスを使ったタルトと、1個のケーキの中にいろいろな味や食感が詰まっています。
しっかり濃厚なケーキなので、甘党の方も満足できること間違いなし。

焼き菓子も同じくスイス・ドイツの伝統菓子で種類も多く、お歳暮などギフトの時期はケーキより売れることもあるとか。
こちらもいくつか選んで食べてみましたが、ナッツやドライフルーツを使った繊細な味わい。

今回のお気に入りは、ココア味の生地にナッツや木苺が入った「ブルクティアター(170円)」でした。

サクッ、ふわっ、しっとり、北のドーナツ花(札幌市西区)

そして、札幌市西区琴似の「北のドーナツ花」。

http://www.doughnut-hana.jp/ 

地下鉄琴似駅を出て、二十四軒手稲通りを東側へ。ローソンを目印に細い路地を曲がったところにあります。
デパートの催事で出会い、あまりのおいしさに本店にもたびたび足を運んだものです。

本店は、超がつくほどシンプルな小さな店構え。
ここのドーナツは、外はほのかにサクッとした歯ごたえ、中はふんわり、しっとり。全く油っこくなく、甘さもほんのり。
まずは「プレーン(110円)」からいってみてください。コーンフレークをまぶした「とうもろこし(130円)」もおすすめです。

デパートやスーパーでの催事も行っているほか、大学での販売も行っています。
なんと、大学では全品100円で販売しているそうです。お近くの方はぜひ!

(販売予定=
火曜/酪農大学、
水曜/札幌学院大学、
木曜/北海道大学北部食堂、
金曜/北星学園大学or北海学園大学、
月1回/小樽商科大学)


札幌周辺の美味しいスイーツ! 
第1弾 べんべや「エクラ」、パンの店アンジュ「ショコラ・オランジュ」、はしや「オランダせんべい」

2012年01月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。