Column いえズーム コラム

納得のリフォーム10事例&リフォーム会社まとめ(札幌版)

新築住宅を土地と一緒に手に入れるには、札幌だとざっと2500万円位は必要になります。「それほどの予算は現実的ではない」という方は、中古住宅を買って、リフォームしてマイホームを手に入れるという選択肢があります。札幌市内は世帯数よりも住宅の数の方が10万戸以上も多いので、空き家もたくさんあるのです。
2015_kawai_f-kouji.jpgちなみにいえズーム編集栗原も、中学生の時、親が札幌に転勤することになって、親は慌てて、築30年位の中古住宅を1000万円位で買い、以来親はずっと住み続けています。

屋根や外壁サイディング、ボイラー、お風呂の修理が必要だったり、リビングの床が微妙に傾いていたり、家自体が寒かったりいろいろしていますが、愛着のある実家です。

ということで、今回は、いえズーム(iezoom)に過去に掲載された「リフォーム」「リノベーション」の事例から、リフォームに関心のある方に参考になりそうな事例を厳選してご紹介します。

なおリフォームは、既存住宅の問題点を直して、新築時のような品質に近づけること、リノベーションは、大規模な工事を行って、新築時よりも価値を高めたり、新たな機能や用途を付加したりすることを指します。

リフォーム&リノベーションが人気


500万円で断熱リフォームした成功例.「帰宅したら家の中が5℃も高い」

取材記事 500万円で断熱リフォームした成功例.「帰宅したら家の中が5℃も高い」

「家が古いから」と断熱改修をあきらめたり、800万、1000万円を超すような大規模リフォームまで予算をかけたくないという...

この記事を詳しく見る

500万円で断熱リフォームした成功例.石狩市花川「帰宅したら家の中が5℃も高い」

床が冷えないので「台所の床にペタッと座ることができるようになりましたよ」と喜ぶのは、石狩市花川地区の築32年の家を2010年にリフォームしたAさん。

どんな業者にリフォーム頼んでいいかわからなかったので、勧誘の営業が来てもこれまでは「じっとガマンしてきた」そう。今回は友人の紹介でいっしょにリフォームしました。寒さがなくなって暖房費も1~2万円安くなったというAさん邸の断熱リフォームは住んだままの状態で断熱改修。外壁のモルタルをはがして断熱と気密を屋外側からやり直し、構造用合板で耐震補強をして外壁材を張り直し。床は床下にもぐってウレタンを吹き付け。天井も断熱。

南のベランダ窓は、すぐ下の土台が腐っていたので交換し、窓はほかの窓とともにすべて交換しています。総2階・30坪程度の住宅なら、モルタル壁をはがす工事も含め税別で470万円程度のご予算とのこと。

この記事には、札幌市手稲区のNさん邸の断熱リフォームも掲載されています。外壁交換を行うタイミングで外壁工事だけで断熱改修した工事で、約520万円で工事完了。「帰宅したときの室温が5℃も高い」とNさんは喜んでくれています。

その2 既存住宅の良さを活かしながら住性能強化リフォーム 江別市

Sさんは、我が家を建て替えてから、23年後に大規模リフォームに踏み切りました。室内の寒さを感じるようになり、2階にはストーブを買い足しましたが解決できず。木をふんだんに使った風呂場は老朽化が早く、これまで2回も大規模な修繕を実施。「年を取るにしたがって仕切りやフロアにある段差も辛くなりましたし、退職して60代以降の私たちの暮らしに合わせた快適な家にしたい」と、大規模リフォームを決断しました。


良いモノは残し住性能を強化したリフォーム/江別市・Sさん

取材記事 良いモノは残し住性能を強化したリフォーム/江別市・Sさん

オフホワイトの塗り壁とダークブラウンの下見板の外観。色とりどりの草花で賑わう庭のあるS邸は、まるで雑貨屋かカフェの...

この記事を詳しく見る

今回、Sさんが施工を依頼したのは「ヨシケン」ことヨシケン一級建築士事務所。「前はダイニングキッチンのスペースが大きく、その分、脱衣所やお風呂が小さくて使いづらかったのです。しかもダイニングの広さは中途半端で食卓はリビングに移動して使っていました。広さはあるのに常にみんなが居るのはリビング。スペースが有効に使われていなかった」とSさん。そんな暮らしの不便さを察したヨシケンのプランでは、ユーティリティスペースを広くキッチンスペースを狭くし、リビングは隣にあった和室と一体化。広いリビングダイニングが生まれたのです。

「ユーティリティとキッチンの間にあった柱を移動し壁をずらしても、構造的にまったく問題はありません。S邸は柱と梁以外に壁を合板で面補強し、高い耐震性も実現しています。ちゃんと壁量計算も実施して裏付けも取っています」(吉田氏)。

ヨシケンでは既存のS邸を調査した上で評価し、現代でも通用する勾配の緩やかな階段など良い部分は壊さず残しています。「S邸はしっかり建ててあり、23年前には最先端の高性能住宅だったと思います。特に基礎の部分や屋根などは全く問題なく、まだまだ十分に使えるますので、そのまま残しました」と吉田さん。<br />
一方で、性能面は新築住宅と同等レベルの「北海道R住宅」仕様に改良、断熱性、気密性の向上に重点を置き、部屋の隅々まで暖かくて省エネを目指しています。「オール電化は初めてですが、暖房費が相当安くなると聞いていますので、この冬が楽しみです」と奥様。さらに傷んだ柱の交換(家の角・窓・水回り)と耐震補強、全配管の交換など耐久性を高める工事も行っています。

「新築と違って、リフォームでは今まで住んでいたからこそ家の利点や不都合が明確になります。そういった部分がうまく反映できたのではないかと思います」と、新築とリフォームの両方を経験されたSさん。今回のリフォームにより、さらなる暮らしの満足を得たようです。

その3 晃和住宅 海を見下ろす高台の家を自然素材でリフォーム 小樽市

ご両親が腕利きの大工に依頼して建てた築30年の家。思い出深い、そして今にはない和室の本格的な造りなど、取り壊すには惜しい家でした。そこでMさんは晃和住宅に大がかりなリフォームを依頼しました。思い切って2階を削り、断熱材も入れ直し、オール床暖房で冬も快適に。自然素材と手づくりにこだわったリフォームが完成。友だちからは「海辺のリゾートにきたみたい」と言われる心地よさ。


海を見下ろす高台の家を自然素材でリフォーム 小樽市・Mさん

取材記事 海を見下ろす高台の家を自然素材でリフォーム 小樽市・Mさん

「海に面した高台という立地条件を最大限に生かしたい」というオーナーさんの願いから生まれたオーシャンビューの住まい...

この記事を詳しく見る

その4 シノザキ建築事務所 「昭和」な歯医者さんが明るくモダンに 札幌市豊平区

歯医者さんというと、「痛そう」なんて先入観のある人もいるでしょう。そんなイメージをなくそうと奮闘したのが札幌市内で歯科医院を営む小林さん。特にご専門である矯正歯科は、長期にわたって通院が必要なため、リラックスできて快適な空間が必要でした。
シノザキ建築事務所では、リフォームだけでなく、看板の位置や医院のロゴデザインまで担当。トータルで歯科医院の魅力向上に貢献しました。一方、開業以来使っている棚の配置やストーブなど残すものは残しています。


「昭和」な歯医者さんが明るくモダンに 札幌市・小林さん

取材記事 「昭和」な歯医者さんが明るくモダンに 札幌市・小林さん

今回は一般の方にはあまり馴染みのない歯医者さんのリフォームを取材しました。歯医者さんと聞くだけで憂うつな気分にな...

この記事を詳しく見る

その5 三五工務店 一棟一棟、お客様の夢に全力を尽くす

リフォーム部門で、現地調査、打合せ、設計、見積から契約、現場管理、引渡しに至るまで責任持って行うトータルプランナーとして活躍中の山本玲さん。
「お客さまにとっていごこちのいい家づくり」を目指してお客さまと打ち合わせし、時には6時間かけることも。出来映えのよさはもちろんですが、リフォーム工事に入るまでのプロセスや工事が終わった後のアフターサービスを重視するというきめ細やかさが人気の秘密のようです。


一棟一棟、お客様の夢に全力を尽くす

取材記事 一棟一棟、お客様の夢に全力を尽くす

家づくりの窓口となる「担当者」は、われわれユーザーにもっとも身近な人です。プランから施工まで、長い時間を共に過ご...

この記事を詳しく見る

その6 白田建築事務所 古い喫茶店兼住宅が和風モダンの治療院に変身 札幌市

洋風の喫茶店が入っていた建物を、和モダンの東洋医学治療院に変身させる。そして、なるべくお金をかけずに。そんな難しい条件を見事克服したのが白田さん。
ローコストで使いやすく、手づくり感覚あふれるキッチンリフォームや、暗く狭い店舗部分を明るく開放感ある空間に変身した設計など、見どころがたくさん。生かせるものは生かし、市販品で済ませたり、大工さんが手づくりするなどバラエティに富んでいます。


古い喫茶店兼住宅が和風モダンの治療院に変身/札幌市・伊藤さん

取材記事 古い喫茶店兼住宅が和風モダンの治療院に変身/札幌市・伊藤さん

何もないところからプランニングを始められる新築と違い、空間的な制約の多いリフォーム。限られた予算の中で、今あるも...

この記事を詳しく見る

その7 DIYリフォームに挑戦1 バリエーション豊かな輸入壁紙を自分で貼ってお部屋をイメチェン!

テレビの「どさんこワイド」で紹介されていた、女性のDIYで張り替えできるおしゃれな輸入壁紙が気になり、取材を受けていた「リフォー夢工房」さんにお邪魔しました。

矢野部長から、少し貼り方も教えてもらいました。ちなみにこちらの体験教室は1回1500円で、何回参加してもOKとか。「貼ってはがせるのりもありますので、失敗したらまた貼り直すことも可能です。日本の壁紙はビニール製が多く温度によって伸縮してしまう、また壁紙が浮き上がってしまうこともあるのですが、輸入壁紙は不織布が多いので一般の方にも貼りやすいですよ」

それでも、隣り合った壁紙の柄を合わせる作業など難しそうですが・・・
「最初はトイレの壁や、お部屋の壁の一部などアクセント的に狭い部分から始めてみるといいかもしれませんね。また、当店では、職人が半日アドバイスに付いてくれるサポートコースもあります」

輸入壁紙だけでなく、エイジング塗装の体験教室も行っているリフォー夢工房さん。そちらの記事もありますので参考に
DIYリフォームに挑戦1 バリエーション豊かな輸入壁紙を自分で貼ってお部屋をイメチェン!

その8 寒さと結露の悩みを解消する断熱リフォーム 札幌リフォーム座談会(1)

リフォームをテーマに専門家を招き座談会も開催しました。

入山/以前なら築30年を超える住宅は建て替えることがほとんどでしたが、最近はテレビ番組の影響もあり、札幌でも「住み慣れた家を壊したくない。リノベーションしたい」というお客さまが増えました。
たとえば、車いすが必要になった施主のお母様が自立した生活を送れるよう、約26坪の住宅を増築して2世帯同居できるリノベーション工事をしました。お母様の希望で「亡くなった主人が建てた家だから」と、主要な柱と基礎は可能な限り再利用しました。
zadankai_zentai_6158.jpg
河合/私は「すきま風のない家をつくりたい」ということでやっています。お客さまの中心は50代後半~60代なので、お住まいも築20年以上の建物が多いです。
先日は札幌市北区新琴似で築50年(1964年建築)の物件をやりました。家の基礎は外回りが鉄筋の入っていないコンクリート基礎、内部は外回りと独立し、束石を立てた昔のままでした。床下点検口がないから、畳をはぐって点検口をつけようともぐってみたら、カビ臭い。畳の裏が真っ白にカビている。これはダメだと消毒を青山プリザーブに頼んで防カビ剤をまいてもらい、防湿工事をして断熱材も入れて...。最低限のことしかできませんでしたけど「いや、あったかくなったわ」って喜んでもらいましたよ。

山本/断熱改修というと、皆さん外壁からしないとダメだと思い込んでいますけど、室内側からやる方法もあるんですよね。ボードを剥がして、断熱材を入れ直して。そうすると防湿・気密用のポリシートもきちんと貼れるし、外壁材を張り替える費用もかかりません。弱いところには合板を貼ったりして耐震も一緒にできます。家具を移動しなくちゃならないので少し大変ですけどね。

など、リフォームに関するいろいろな話が満載です
寒さと結露の悩みを解消する断熱リフォーム 札幌リフォーム座談会(1)


その9 札幌の宮大工がなぜ断熱リフォーム/リノベーションを手掛けるのか!?(株)北一タカハシ建設

札幌圏で住宅のリフォームやリノベーションを扱う会社は大小を合わせて100社以上に上ります。その中で伝統的な宮大工集団・北一タカハシ建設にリフォームを頼むメリットは何でしょうか。実際の例を交えながら、高橋一彦社長にお話を伺ってみました。
2015_0612L2.jpg
宮大工集団だから、家も純和風のリフォームになるかといえば、答えはNo!もちろん、和風はお手のものですが、実は洋風を採り入れた住宅建築・リフォームも手掛けているのです。これが、またひと味違った重厚感のある洋風テイスト・・・・。

札幌の宮大工がなぜ断熱リフォーム/リノベーションを手掛けるのか!?

札幌の代表的なリノベーション会社3社も紹介します

これまでは、膨大な中古住宅を補修・修繕し、快適な住環境を取り戻す「リフォーム」が主流でしたが、現在は、新築戸建て住宅や分譲マンションの価格高騰もあって、中古住宅を購入し、大規模改修を経て、そこに住む人の生活にあった付加価値を生み出す「リノベーション」が、子育て世代を中心に人気を集めています。札幌の住宅市場にとって最も重要な課題は、既存住宅の活用ではないでしょうか。
rinobe1.jpg
1 リノベーションでライフスタイルを応援 札幌 スロウル
2 デザインも性能も重視 高いコストパフォーマンスを追求 札幌 アルティザン建築工房
3 不動産業と建築家がリノベで連携 札幌 トキメキデザイン・アトリエ

の3社です。では早速・・・
札幌の人気「リノベーション」会社を総力取材! 以上です。今後もリフォーム関連の記事、どんどん増やしていきますのでよろしくお願いします。

2017年03月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。