Column いえズーム コラム

札幌の住宅リノベーション事例まとめ【2020年版】

札幌は住宅が余っている


札幌市内には100万戸を超える住宅があります。
そして札幌の世帯数は93万世帯くらいです。

住宅=100万戸。
世帯= 93万世帯。
そうなんです。世帯数より家の方が多いんです。ですが毎年、年間で15000戸くらい、新築戸建て住宅が建っていますし分譲マンションも、アパートも、高齢者用の住宅関連施設も足したら、住宅はどんどん増えています。

札幌は、年間8000人位、人口が増え続けていますが、それでも新築の住宅供給の方が多くて、空き家率は15%近くあります。住宅戸数的には十分あるわけです。でも、その中には老朽化が進んで寒さや使い勝手の悪さなどの課題を抱える家や、所有者の事情で活用されていない住宅も少なくありません。

これまでは、膨大な中古住宅を補修・修繕し、快適な住環境を取り戻す「リフォーム」が主流でしたが、ここ数年は、新築戸建て住宅や分譲マンションの価格高騰もあって、中古住宅を購入し、大規模改修を経て、そこに住む人の生活にあった付加価値を生み出す「リノベーション」が、子育て世代を中心に人気を集めています。札幌の住宅市場にとって最も重要な課題は、既存住宅の活用ではないでしょうか。

そこで、札幌圏でリフォーム リノベーションを得意とする住宅会社と、その施工事例を紹介するページを新設しました。
札幌圏のリフォーム・リノベーション会社をさがす
ぜひご覧ください。


2017年05月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。