モダンデザインに優しい気配り 住み心地と暖かさに感激 十勝・音更町G邸/猪子建設


十勝・音更町の畑作地帯。真っ白な雪原に、モダンな新築住宅がありました。お邪魔するとご夫婦がすぐにこの家の住み心地、魅力を話してくれました。



ご主人「東向きの玄関で、窓から明るい光が射し込みます。来客が玄関から家じゅうを覗ける状況は避け、リビング、和室の2方向にドアを設けました」

奥様「農業をしている夫の作業着や靴、私の着物用の草履もいっぱい収納できます。さりげなく生活用品が目立たない配置になっています」



ご主人「棚の上の小型水槽で熱帯魚(ベタ)を育てています。十勝はマイナス25℃になる日もありますが、この家は玄関も暖かいので魚も元気です」



奥様「壁から飛び出した小さな板は、座った状態で靴を脱げる工夫です。両親との同居や、まだ先の話ですが自分たちが高齢になった時に備え、靴を履きやすいように猪子建設さんが提案してくれました」



ご主人「壁一面のテレビ台は自分たちで購入しました。裏の配線などが邪魔して壁ぴったりに付けられなかったので猪子建設さんにテレビ台の裏を加工してもらいました。ここの照明は調光機能付き。映画を観るときに迫力があります」



ご主人「一階の天井高さは240センチ。低いと圧迫感がありますが高すぎても不安感があるので240センチがベストだと感じます。防音対策で2階の足音などがほとんど聞こえないのも良かった」

奥様「猪子建設さんに提案いただいた無垢の床材は足触りがとても良いです。部分的に張り替えもできるので、大きな傷を付けてしまった時でも安心です」



ご主人「家の中で一番重要なのは、毎日料理に使うキッチンだと妻が言うので、奮発してリクシルのセラミックトップキッチン『リシェルSI』を採用しました」

奥様「鍋敷きなしで、フライパンなどを天板に直に置けますし、丈夫で傷が付きにくい。ダイニング側にもお皿やコップなどを収納できます。表面の質感や色も格好良くて、キッチンに立つ度に嬉しくなります」



奥様「階段下のニッチを使って家事机を作って頂きました。キッチンの隣なので、料理の本を読んだりしやすい。注目は壁の角です。家じゅうの壁の角が丸く加工されているんです。ぶつかっても痛くないし、壁紙が剥がれることも減ります。猪子建設の標準仕様です。モダン系のデザインにしていただきましたが、どことなく優しさを感じるのは、子どもがぶつかっても安全なようにといった、子育て世代向けの家づくりが得意な猪子建設さんの気配りのおかげだと思います」

ご主人「階段手すりの下の部分が半透明になっているのも分かりますか?壁だと重苦しい。透明だと指紋など汚れが目立つということで、アクリルをはめ込んで造作してくれたのです」



奥様「このトイレ。車椅子でも利用できるように、スペースが広く、扉が外側と内側のどちら側からでも押して開けられるんです」



ご主人「完成後に見に来た父が言ったのは『このトイレは感動するぞ!』でした。父は、この家が完成したので、続けて猪子建設さんに自宅兼事務所のリフォームをお願いしたいと言っています。親子揃って猪子建設のお世話になりそうです」



ご主人「妻は3歳から民謡と三味線を学び、大きな大会にも出ます。結婚を機に銀行を退職し専業主婦になりましたが、民謡と三味線の力は今後も発揮して欲しい、応援したいと思うので、一階に練習場として和室を用意しました。リビング併設の和風では集中しにくいからです」

奥様「集中して練習できる環境を作って頂きました。両親との同居や、来客の宿泊、そして、もし将来指導者になる場合も踏まえると、玄関から直行できる1階の和室が個室になっていることが重要でした」



ご主人「農業・酪農地帯では屋外に洗濯物を干すと匂いや埃が付いてしまうので、室内干しをする家庭が多く、多くが日当たりのよい2階に物干し部屋を作ります。でも一階で洗濯して隣に物干し部屋があれば、洗濯物をすぐ干せます。1日で洗濯物が乾きます」



奥様 「間接照明に憧れていたので希望が叶いました。秋になると窓越しに真っ赤な紅葉が絵葉書のように美しく見えます。夜は市街地と違い、満点の星空が見えます。窓と日射の関係は、猪子建設さんの計算で眩しすぎず暗すぎず絶妙です」



ご主人「クロスなどは猪子建設さんからの提案を踏まえて、妻が決めました。色味や模様が場所に合うかどうか、考え方も含めて教えてくれました。住んでから、良い選択ができたと実感しました」

家づくりの経緯

家を建てるきっかけ、家づくりの経緯も伺いました。

―家を建てるきっかけは?

ご主人「農業者の4代目として跡を継ぐことになり、結婚もしたのがきっかけです。職場である敷地内に家を建てることで、農業に専念できると考えました」



―家への要望は?

ご主人「十勝の冬はマイナス25℃も珍しくありません。どちらの実家も家は古く、寒い家で育ちました。そのため、新居は省エネで暖かい家が第1の条件でした。住宅性能が売りの地元住宅会社3社を候補にしました。猪子茂昭社長と父が知り合いだったこともありますが、猪子建設は住宅性能も高かったのです」

奥様「私は家を暖かくするには床暖房が決め手なのかと思っていたのですが違いました。この家の暖房は温水パネルですが、断熱性能が高いので玄関やお風呂も含めてどの部屋も十分に暖かいです。日中は暖房が要りませんし、寝る時も掛け布団がいらないほどです。



ご主人「Q値は1くらい。窓はトリプルサッシで断熱ブラインド、ハニカムサーモスクリーンもほとんどの窓に設置したので、窓まわりや壁際も寒くありません」

奥様 「家の中で寒い場所が無いので、ついコートを着ないで外出して、玄関を出た瞬間寒くて引き返すことがあります。家の中にいると、外の寒さを忘れるんです」



―家づくりの段取りは?

ご主人「打ち合わせの最初から完成まで全て社長が担当してくれました。私が方眼紙で間取り案を書いたり、妻がモダンなデザインが好きであることや、家事がしやすいように生活動線を重視することなど、デザインの要望、条件などを伝えることから始まりました」

―暖かさとモダンデザイン以外の要望は?

奥様「いろいろありました。スーパーが遠いので食品ストックの部屋が欲しい、和室はリビングを通らず玄関から直行できる、階段はリビングを通って上がるようにした方が家族のコミュニケーションに良い、和室や着物の部屋は民謡と三味線のために広くしたい、洗濯機と物干し部屋を近くしたい、寝室に間接照明を置きたい、など盛りだくさんです」


着物室。桐箪笥や着物を架けるポールも用意


ご主人「私も屋根形状はシンプルな方が耐久性が高くなるのではないか、バルコニーが欲しい、配線をすっきりさせるためにコンセントをたくさん付けて欲しい、歳をとっても楽なように階段の角度をゆるやかに直線にしてほしい、などいろいろ要望を伝えて叶えて貰いました。住んでみて、コンセントは多いに越したことは無いし、階段を直線にすると家具の搬入などが楽だったり、いろいろ正解でした」



―悩んだ点もありますか?

ご主人「夫婦でカフェに行って、猪子さんの提案を元に何度も検討会を開きました。窓からの日当たりとかは素人の私たちにはわからないので猪子さんのアドバイスに従いましたが、そういう部分は住んでみて正解だったと気付くところばかりです。家づくりの検討を行っていた期間は、間取りや仕様決めなどもいっぱい考えましたが、むしろ結婚式と人生設計の検討、農業の継承、民謡の大会などもあって、そういったことが重なったので大忙し。家づくりの多くを妻と猪子さんにお任せしました」


裁縫好きな奥様の裁縫室


奥様 「家の検討は考えることも多くて大変でしたが、最終的に完成した我が家が、一番良い家になったと本当に思います。リビングからキツネやネコを見かけたり、紅葉や星空を眺めたり、家からの眺めも大変贅沢です」

ご主人 「思い入れいっぱいの家づくりでしたが、猪子さんはどれも叶えてくれました。私たちが気付かない部分もいっぱい提案してくれて、大満足の家になりました」



ご主人 「カシワやシラカバの森も間近に見えて最高です。結婚して、住み心地の良い家を建てる、しっかり働いて返済する、家族を守り支えていくという道筋が見えてきた気がします。良い家が実現できて良かったと思います」

2018年02月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

この記事もおすすめ

十勝の取材記事