Story 取材記事

3世代が暖かく過ごせる家 江別市・Mさん/イゼッチハウス北海道

お母さまが1人で住んでいたご実家を、娘さんファミリと一緒に暮らせる家に建て替えたMさんにお話を伺いました。



ブラックゼッチ【B・ZEH】で安心の家

江別市の住宅街にあるMさん邸。奥さまの実家が30年以上たち、寒さが気になってきたのをきっかけに、Mさんご夫妻とお母さま、お子さんたちが暮らせる二世帯住宅に建て替えました。設計・施工を手掛けたのはイゼッチハウス北海道です。



屋根には5.5kWの太陽光発電パネルを搭載。蓄電池と専用パワーコンディショナを備えたブラックゼッチ【B・ZEH】の家にしました。ブラックゼッチは、停電時も電気が使えて安心。また普段の暮らしでは光熱費を節約できる省エネな家です。

同社モデルハウスでは、停電時を再現して【B・ZEH】の家を体験することもできます。詳しくはこちら

たっぷり入る収納を随所に



すっきりとしたリビング・ダイニング。1階はLDKと水回りのほか、玄関ホールを隔ててウォークインクローゼットを備えたお母さまの部屋を設けています。
ご夫妻は共働きで、いまはお母さまに家事や子育てを分担してもらい、とても助かっているそうです。



2人の娘さんも料理のお手伝い。キッチンの隣にダイニングテーブルがあり、配ぜんや片付けもスムーズに進みます。



キッチンの壁面収納は3m60cmのワイドサイズ。中には食器やキッチン用品のほか、雑貨や日用品もまとめて収まります。



キッチン前面の立ち上がり部分には、便利な調味料棚を造作しました。



買い置きしたものをしまえる大容量のパントリーもつくりました。キッチンと玄関ホールの間にあって動線も便利です。玄関から見えるミニシャンデリアとアーチ型の開口部がおしゃれ。



キッチン前のカウンターの前面と、隣り合った階段下スペースにも収納を設けました。こちらに、ブラックゼッチの家が標準装備する蓄電池(容量6.5kW)を収納しています。



階段下のスペースには、ワンちゃんのおうちもありました。掃除がきれいにできるように、中に照明を付けています。

玄関からすべての部屋に直行できる動線



玄関にはシューズクロークを設けています。Mさん邸は、玄関からすべての部屋に直行できる間取り。



階段を上った先は家族共有のフリースペース。奥に造作した大容量の壁面収納は、ロールカーテンで隠せるようになっています。



きょうだいぶんの子ども部屋も設けました。ペールブルーのアクセントクロスでやさしく可愛らしい印象です。



ご夫妻の趣味スペース。造作カウンターにパソコンを置いて、こだわりのスピーカーで好きな音楽が楽しめるくつろぎの空間です。壁のピクチャーレールは、吊り下げ収納ができるようにというご主人のアイディア。空間を有効に活用することができます。



天井にはプロジェクター付きのライトを設置。ミニシアターも楽しめます。

静かに眠れる寝室、欲しい場所に洗面スペース



ご夫妻のお部屋と寝室の間にはウォークインクローゼットを設けました。夜間帯の勤務もある奥さまが、帰宅後はぐっすりと眠れるように、寝室には防音・断熱ドアを採用。内壁にも断熱材を入れて、周囲の音をシャットアウトしています。



玄関ホールには、幅が広い洗面台スペースを設けました。「お風呂に入っていると、ほかの人は脱衣場に入れない」「ワンちゃんのお散歩から帰った後にすぐ脚を洗いたい」「成長する娘たちのためにも、洗面化粧台は並んで使える大きさに」と、具体的なシーンをご夫妻で想定しながらイゼッチハウスさんに伝えて、設計してもらいました。

向かいにあるトイレも、将来を考えて少し広めにしてあります。「この空間を少し広げるということがほかのハウスメーカーさんでは難しかったのですが、イゼッチハウスさんは希望にこたえてくれました」。

暖房システムとランニングコストも決め手に



パネル放熱器などがじゃまにならず、自然な温かさを保つ「床ホットシステム」もご家族のお気に入り。これは、イゼッチハウスさん独自のヒートポンプ式土間蓄熱暖房で、基礎の土間コンクリートに専用パイプを敷いて、床下からガラリ(通気口)を通して家じゅうを温めるというものです。



「暖かいですよ。今日は長袖を着ていますが、普段はみんな半袖です。普通の床暖房と違って、夏は冷水が循環して土間を冷やし、冷房の役割も果たしてくれます」とMさんご夫妻。

「他社と比べても無理のない予算で建てられるし、光熱費などのランニングコストまで検討したら、やはりイゼッチハウス一択(いったく)でした」。

記者の目

ブラックゼッチによる備えのある安心感、一年を通じて快適に過ごせる暖房システム、家族それぞれの要望に合わせた丁寧なプランニングで、性能・間取りともに満足なご様子のMさん邸をご紹介しました。住む人の心地よさへの配慮が隅々まで感じられるプラン。イゼッチハウスの家づくりの魅力を改めて感じた取材でした。

2021年03月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

イゼッチハウス北海道株式会社の取材記事

札幌圏の取材記事