Story 取材記事

自由設計+巧みなクロス使いで希望を実現 札幌市Tさん/山忠高島建設(やまちゅうの家)


キャッチコピーは「夢を叶える工務店」  

玄関ドアを開くと、LDKとつながる吹抜の土間空間に、スケルトン階段が伸びるTさん邸。家族がつながるオープンで使いやすい設計に加え、カラフルな壁紙を組み合わせたインテリアも素敵な一棟です。



設計・施工したのは札幌市豊平区を拠点に家づくりを展開する山忠高島建設。一般住宅の他に、アパート、マンション、施設建設など幅広いニーズに対応する老舗工務店です。

近年は特に有名建築家や設計事務所からの施工依頼やコラボレーションを多く手がけており、業界内でも多くの指示を集めています。



キャッチコピーは「夢を叶える工務店」。豊富な施工経験から、様々な工法やスタイルにも柔軟に対応し、徹底した現場管理と直営大工による丁寧な施工で、イメージ以上の仕上がりを可能にしています。

今回はTさんと、高島建設・工事部次長で現場監督の藤本拓さんにお話を伺います。


目次

玄関土間とリビングが一体化した一階 



リビングと土間空間が一体化した空間はTさんご夫婦の希望。



土間はワークスペースとして使用する予定で、シューズラックや作業カウンターも造作しています。ラックは木材のカットまでを高島建設が行い、塗装はご主人がされたそう。



階段を下りきったところには収納、手洗い、トイレがあります。

奥さま 手洗いは、家族が使うユーティリティー以外に、来客用として用意したかったんです。デザインも良く大きめで実用的なサンワカンパニーの手洗器を使って造作してもらいました。

ウィズ・コロナとなった今日では、帰宅後すぐの手洗いが習慣化でき、ますます重宝しているそうです。



リビングには床から立ち上がる大きな窓を設けています。日差しが差し込み、窓の外までが室内とつながった印象に。テレビラックも高島建設とご主人でつくったオリジナルです。



ダイニングスペースは設けず、対面キッチンに奥行きのあるカウンターをL字型に付けました。食事はもちろん、ここでお子さんたちが宿題をするなど、作業スペースとしても活用しています。配膳や片づけもカウンター越しに行えて便利です。

背面収納はスッキリと。木枠のカウンターだけ造り、中には無印良品の引き出し収納をセットして、なるべく物を増やさないミニマルな暮らしを実践しています。



キッチン横の引き戸を開くと、明るいイエローで統一した広いユーティリティが現れます。一見ツーボウルに見える洗面化粧台は、同じデザインの洗面化粧台を組み合わせて設置したもの。

女の子が多いT邸では、収納も多く使いやすい既製品のセレクトは大正解。コスト面でも成功でした。

個室をつくらない!三人一緒の子ども部屋



2階には3人の娘さんの子ども部屋があります。個室にこもったり、上下階でコミュニケーションがとりにくくなることを避けたかったと奥さま。

今はドアも仕切り壁もないオープンな空間に、ベッドと机を並べて使っています。クローゼットは3人分を用意。将来は仕切り壁を設けることも可能です。



子ども部屋のすぐ横に位置するトイレは、黄色い水玉の壁紙とハニカム+花柄のフロア材でポップで楽しい空間になりました。



このほか2階は、夫婦の寝室(写真)と、ご主人が使っている小部屋で構成されています。

「自由にできる!」が依頼の決め手に

Tさんご夫婦に高島建設との家づくりについてうかがいます。



―マイホームを考えるきっかけは?

それまではアパートやマンションでの賃貸暮らしでしたが、隣家にも気をつかいましたし、子どもたちがのびのびと遊べる環境ではありませんでした。それからインテリアについても、自分のやりたい空間づくりが難しくて。隙間風や結露、お風呂場の寒さなどの問題もありましたね。

子どもたちが暮らしの中で安心して遊ぶことができる環境づくりと、希望のインテリアを実現したいという思いがきっかけになっています。

―住宅会社探しは?

札幌市内の住宅展示場をくまなく見学しました。モデルハウス巡りもかなりしています。そうした中で、それぞれの会社さんの特徴や良いところも分かったのですが、型にはまっているという印象。

高性能住宅を謳うハウスメーカーと具体的な話まで進みましたが、間取りの自由度が限られ、設備機器も標準仕様以外のものを選ぶと価格に大きく跳ね返ることなどから自分たちの志向と合わないと感じたんです。

そんな折、高島建設さんに展示場で声を掛けられ、「うちは何でも自由に出来ますよ」と言われたんです。その一言で、ほとんど決まりでしたね。実際に高島建設さんでは、間取りの希望を一つ出しても、それに対して複数の提案をしてくれたり、設備機器に関しても、造作を含め柔軟に対応していただき、希望を叶えることができました。



-希望はありましたか?

玄関を空けたら土間があって、リビングと繋がっている間取りは一番の希望でした。当初ワークスペースとして考えていましたが、今はリビングの続き間という感覚で使っています。子ども部屋は3人一緒に。コミュニケーションがとりやすいよう、ドアも要らないと伝えました。

-希望の土間空間の居心地は?

玄関を開けてすぐにリビングなので「寒くないの?」とよく聞かれますが、「床下蓄熱暖房」が1階全面に入っているので全く寒くありません。


床下のコンクリートにパイピングを打ち込んだ「床下蓄熱暖房」。2階はパネルヒーターを使っています


藤本さん 床下蓄熱暖房で暖められた土間の暖気と室内の寒気が混ざりあって対流を起こし、快適な室内環境をつくっています。暖気は吹抜を通じて2階まで上がります。浴室やトイレ、ユーティリティーも足元からポカポカです。

また夏になると、土間は床下の冷気で冷やされ、今度は冷たくて気持ち良い。1年を通じて快適に過ごすことができます。



-打合せはどのように?

着工までの間は2週間に1度くらいのペースで高島建設さんの事務所で。その後は現場にも1週間に1度のペースで足を運び、折々に確認させてもらいながら工事を進めていきました。

-いちばん楽しかったことは?

奥さま 何といってもクロス選びです。壁紙は全て私が選びました。サンプル帳をお借りして現場に持参し、現場を見ながら選定していきました。

2階ホールの腰壁にパッションピンクを使っていますが、吹抜け階段の白い壁に色が反射してうっすらピンクに染まるんです。それも計算のうち。思わずガッツポーズが出ました。

-高島建設の印象は?

現場監督の藤本さんは一言でいうと「職人さん」。知識豊富で話しやすく、とても頼りになる存在です。契約後は希望を具体的に知っていただくために、展示場の住宅実例を一緒に見学してくれたり、着工後は事務所や現場で、建具やクロス、収納などの造作について幾度となく相談に乗っていただきました。

ちょっとした不具合もすぐに調整しに来てくれて、建てる前も建てた後も、丁寧に対応してもらえて安心です。

―最後に暮らしてみての感想は?

間取りや壁紙などこだわりを全て叶えることができ、満足しています。入居して4年が経ちますが、インダストリアルを基調にしたインテリアにも飽きることがありません。建てた後も何でも相談できますし、良い出会いに感謝しています。

藤本さん​ 建築家や設計事務所の案件で鍛えられた施工技術の高さと対応力が高島建設の強みだと思っています。職人集団が集まった工務店ならではのこだわりの家づくりで、これからもお客さまの夢を叶えていきたいです。


2021年05月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。