Story 取材記事

道北振興が旭川永山で公開中の「ホテルライク」「カフェ」テイストのモデルハウスご紹介


1957年、旭川で創業し累計6500棟もの住宅施工実績のある道北振興株式会社。

特に、モダンデザインを軸とするデザイン力、旭川の気候風土に合わせた雪対策や断熱気密に加え、営業マンとインテリアコーディネーターの気配り、CGや、LINE、ズームなどを活用したプラン提案や打合せの手法、土地紹介力やメンテナンス、アフターフォロー、リフォームに至るまでの総合力が特長です。

IEZOOM編集部も
https://iezoom.jp/modelhouse/entry-2035.html​でモデルハウスの概要をイベント紹介させていただきましたが、せっかくなので、2021年2月13日にオープンした旭川、永山のモデルハウスを見学させていただきました。

なお実際の見学予約は道北振興公式サイトのモデルハウスページを参照ください
https://www.d-shinkou.co.jp/information/modelhouse-nagayama/ 



玄関ホールは自転車やベビーカーもおけるほど広い空間で「魅せる収納」を提案。玄関から数歩歩くと手洗いスペースがあるので、コロナ禍もあって人気です。



道北振興がモデルハウスを公開する時は、お客様の要望を直接聞いている営業と、日々プランニングを行っている社内の設計スタッフが打合せを重ね、プランを決めています。



今回の旭川、永山モデルハウスの場合は、モダンデザインをベースとしつつ「ホテルライク」「カフェ」などをキーワードにプランされています。



キッチンまわりは料理などの家事をしながらも寛げる空間として家事カウンターを併設。



間接照明や内装の素材感など、実際に見学にこられた方は、まさにホテルライクな雰囲気に驚かれるそうです。



2階の主寝室もシックな印象。この部屋に隣接するのは



6.3畳もの大きなウォークインクローゼット。ドレッサーも入っていて、特に女性に好評だそう。
2階共有ホールには学習カウンターも。

他にも見どころ満載のモデルハウス。案内してくれた笠原雅之営業課長にも少しお話を伺いました。



モデルハウスがモダンデザインをベースにしつつ、収納、動線、居心地なども考え抜かれていますね。

笠原さん ありがとうございます。モダンデザインの中にもいろいろなテイスト、アイデアがあります。照明や内装など、細かな部分も含め、このモデルハウスでは見ていただけます。

実は断熱、暖房、換気などの性能面はいかがですか?

笠原さん 積雪寒冷地・旭川の住宅会社ですから、雪や寒さなどの不安解消は得意分野です。除雪がしやすい、家が暖かい、屋外の車の騒音が室内では静かになったなど、住んでからの良い反響をいただけるのが嬉しいですね。メンテナンスの負担を少なく、室内の空気環境をよくできる第1種換気のダクトレスを採用するなど、目に見えない部分のこだわりもあります。



稚内や空知、オホーツクなども営業範囲ですね。

笠原さん まず本社・旭川の他に、十勝にも拠点があります。私も旭川から、出張で稚内やオホーツク、空知などへも打合せに伺います。なお、最近はZOOMやラインなどを使って打合せをさせていただくことも増え、モデルハウスまで遠くて見学に行けないという方には、アクションカメラで撮影しながらモデルハウスのレポートをさせていただくこともあります。

新築だけでなくリフォーム、アフターメンテナンス、不動産などの部門と力を合わせてサポートさせていただけたらと思っておりますのでお気軽にお問合せください。


2021年07月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。