Story 取材記事

景色に癒される2棟目マイホームもマルワホーム企画で 岩見沢市I邸


可愛い兄弟が見つめる出窓の先。そこには、紅葉に彩られた森が広がっていました。 

ここは、Iさんご夫婦が「セカンドリビング」と呼ぶ2階に設けたスキップフロア。大きな窓からは季節ごとに移ろいゆく木々の様子や空が眺められ、自然と心が解きほぐされる空間です。

この家を設計・施工したのは札幌市北区を拠点に、注文住宅をはじめ、建売やリフォーム、賃貸業などを展開するマルワホーム企画。

目指しているのは家づくりを通じて理想の暮らしをクリエーション(創造)すること。設計段階からオーナーとのコミュニケーションを大切にし、共同作業でつくり上げるスタイルで、満足度の高い家づくりに定評のある会社です。

今回はIさんご夫婦にマルワホーム企画との家づくりについて、お話をうかがいます。

札幌軟石を使ったカフェのような外観



岩見沢市に建つI邸は、煉瓦色のガルバリウム鋼板に削り出しの札幌軟石が豊かな表情を演出する、おしゃれなカフェのような外観です。


札幌軟石は家の正面のほか、玄関へと続くエントランス側にも採用しました



羽目板の玄関ポーチ。素材感を生かしたコーディネートが光ります。



正面には大容量のシューズクローク。その先は、洗面台やリビングにつながっています。

リビングへと続く土間空間



玄関の土間は、リビングの奥へと続きます。今は自転車や観葉植物、アラジンストーブを置き、インテリア空間として活用中。

「皆で火を囲んでほっとできる場所をつくりたかったんです」とIさん。ゆくゆくは薪ストーブを入れるのが夢なのだそう。


リビング階段は、お子さんの上り下りが見守れて安心です


リビングは天井の一部が高くなっていて、バツグンの開放感。無垢の床が心地よく、落ち着いた雰囲気です。正面に配置された窓からは外の風景が楽しめます。


ブルーグレーのクロスがアクセントのキッチン。オープンラックは使い勝手が良くておしゃれです


「ママの姿をいつでも子ども達に見ていてほしい」という奥さまの願いから、キッチンはオープンタイプに。背後には大容量のパントリーがあり、食品や日用品のストックがすっきりと収納されています。



キッチンとダイニングは、ちょうどほどよい距離感。調理や作業をしていても、家族との会話が弾みます。

広くて使い勝手の良いユーティリティ



続いて、2階に上がります。右手の窓から自然光を取り込むことで、暗くなりがちな階段ホールが明るくなりました。

兄弟が駆けていく先は子ども部屋。その右隣りがユーティリティです。


洗濯機の上にはガス乾燥機「乾太くん」を設置しました


ユーティリティには、洗面室、脱衣室、洗濯室を一カ所に集約しました。十分な広さを確保したので、たくさんの洗濯物を干すことができます。2階にあるので、来客時に洗濯物を慌てて取り込むストレスもありません。



2面採光の高窓を設けた主寝室。枕元のニッチには、ディフューザーや本などを置いています。

すぐそばに浴室や洗面があるので、朝晩の身支度がスムーズです。
「2階に水回りを持ってきたことで暮らしのリズムが整い、上下階を効率よく均等に使えています」と奥さまも満足そう。

Iさんご夫婦にお話を伺いました。

家づくりのきっかけは?



Iさん 石狩市内に新居を建てて住んでいたところ、岩見沢に転勤することになったんです。初めは石狩から通勤することも考えましたが、4年8カ月住んだ家を手放して、岩見沢に新たな家を建てることにしました。

なぜマルワホーム企画に依頼を?



奥さま 実は、石狩の家もマルワホーム企画で建てたんです。その家があまりにも心地よくて暮らしやすかったので、また建てるならマルワホーム企画にお願いしたいと思っていました。

Iさん 住み替えのための売却もおまかせできて心強かったです。好条件で売ることができて、本当に助かりました。

2棟目も同じ工務店での家づくりはいかがでしたか?

Iさん 石狩の家が大好きでした。だから、その時の家づくりの経験をベースにすればラクに進められると思っていました。ですが、いざ計画がスタートすると「前の家と同じではつまらない。前を超える家にしたい」という思いが出てきてしまって…。



その際、マルワホーム企画の担当の方が、私たちの暮らしのスタイル、家族の楽しみなどについて、じっくり聞いてくださったんです。

打ち合わせの中で、弟が生まれて家族構成が変わったこと、家の周りの自然豊かな環境を生かすといった、1棟目とは異なるポイントを盛り込むことになり、満足のいくプランニングになりました。

どのような要望をしましたか?


壁には有孔ボードを活用した収納を造作しました


奥さま 子ども達がまだ小さいので、生活の流れに沿って気持ち良く暮らせる家が希望でした。

例えば、玄関そばの洗面台は、保育園からの帰宅後、靴を脱いで鞄を所定の位置にかけて、洗面台で手を洗ってからおやつを食べる習慣を身につけてもらうための動線です。


広めの玄関土間は、冬の間の自転車を保管しておくのにも便利です


Iさん 新しい家にはほしいものを要望して、玄関からリビングに続く土間や2階のセカンドリビングなどができました。

セカンドリビングは書斎として仕事をしたり、ロールスクリーンで間仕切りをして客間にしたりと、さまざまな用途に使えます。

相談すると1+1が2ではなく、10にも100にもなって返ってくる提案力は、期待以上のものでした。

住み心地はいかがですか?


裏庭にはキッチンからも出入りできるウッドデッキがあります


Iさん 家の周囲が自然環境に恵まれていて、子どもと散歩に行く機会が増えました。移り住んでから以前にも増して家でのひとときが豊かになり、いい時間、いい季節を大切にしたいと思いながら過ごしています。


2022年09月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

家づくり体験談 投稿募集中!