Story 取材記事

ウォールナットとレンガのレトロで味わい深い家 音更町 Kさん/とかち工房

「ほしい土地がなかなか売りに出なくて・・・」と土地探しが難航して家づくりが進まなかったKさんご夫妻。しかし、仕事を通じて知り合った、とかち工房の武藤さんに「いろいろ聞いてみます」と声をかけられたのがきっかけで一気に話が進み、念願のマイホームが実現しました。


ウォールナットの床と天井の梁が落ちついた雰囲気を醸し出す。ソファはunicoで買った


「とかち工房さんは、いい家だなと思ってました」

ご主人は仕事柄、いろんな住宅会社とお取引があり、いろんな家を見てきてたそうです。「とかち工房さんは、リーズナブルな価格で良い家を建てるというイメージを持っていました」とKさん。

ただ、家を建てるには土地が決まらないと始まりません。それまで住んでいたアパートの近くに空き地があり、「あそこを売ってもらえたら」と思っていたそうです。お子さんのことを考えると、アパートから離れた場所には引っ越したくなかったのです。


洗面化粧台も造作


地主を探して直接話をしてみたものの、「しばらく売る気はない」と言われて「30代になったら自分の家がほしい」と思っていたKさんの家づくりは、そこで止まってしまいました。

家づくりが再び進み出したのは、とかち工房・武藤さんとの出会いでした。
ほしい土地について「地主さんが売りたくないって言っているんですけど」と相談しました。

しばらくすると、「売却しても良いという情報が入りました」と武藤さんから連絡が来たそうです。
そこで、前から「いい家だな」と思っていたとかち工房で家を建てることに。


レトロな洋館のような落ち着いた玄関ホール


ちょっとレトロなウォールナットの内装とレンガ外壁

ご主人が望んだのは、内装では全体に和風でちょっとレトロな落ち着いた感じということと、濃い茶色が特徴で高級家具用に使われるウォールナットの無垢材を多用して梁を現しにすること。外壁の色指定やアクセントとしてレンガを使うことでした。


玄関ドアまわりに使われたレンガ


「内装も外壁も好き嫌いで選ぶ内容なので、こだわっている部分は最初から希望を伝えました。逆に、住宅の基本性能に係わるようなことは、他の会社よりも平均して断熱が厚く、実績もあるとかち工房さんにおまかせして提案してもらいました。また、意外と時間がかかる各部屋の壁紙のセレクトや間接照明の配置などは、すべてとかち工房さんにおまかせで提案してもらい、最終的にはメールでやりとりして決めました」とKさん。


2階ホールの手すりは、ご主人の希望で凸凹をなくしてすっきりとした線に


土地を購入してから、着工まで数ヶ月という短期間で済んだのも、性能部分はとかち工房の実績を信頼して任せ、プランでもこだわらない部分はとかち工房からの提案をベースに決めたことが良かったようです。


ユーティリティーは、収納も使いやすく造作


打ち合わせの中で、少し迷ったこともありました。それは、吹抜けを作るかどうか。
「吹抜けのある家に住んだ経験がないので、音が気になるのではないかと思いました。とかち工房さんに相談したら、正直な答えが返ってきました。『確かに音が反響しやすくなって気になるかもしれません。しかし、開放感が全然違うし、2階からの光もリビングダイビングに採り入れることができるので、家が明るくなりますよ』と言われ、妻と相談して採り入れることにしました」とKさん。
住んでみると音は少し反響するものの、気になるレベルではないそう。


吹抜けから入る光がリビングを明るくする


暖房・給湯の熱源選びは少し悩みどころでした。
職場の同僚は、ガスを選ぶ人も多かったそうですが、Kさんが購入した土地は、都市ガス供給地域ではなかったため、灯油を選択。「電気料金が大幅に値上がりした後だったので、さすがにオール電化という選択肢はありませんでした。LPガスと灯油とを比較したら、灯油の方が安く付くかなと考えました」とKさん。


一見、収納スペースかのような扉を開けると、暖房・給湯ボイラーが納まっている


Kさんご夫妻は住んで2年半になりますが、暖房・給湯の灯油代は年間で13万円ほどで済んだとのこと。このほか、電気を家電とIHで使っていますが、電気料金は年間10万円もかかっていません。小さなお子さまがいて暖房費をあまり節約できないことを考えると、かなり割安な光熱費だと言えそうです。


窓も玄関ドアも木製で断熱性、質感に優れている。ご主人が書斎代わりに使っているこの部屋は、将来お子さんの部屋になる予定


共働きだからこだわりたいこと


掃除しやすく、汚れが付きにくいという、TOTOのネオレスト。トイレカウンターも造作してもらった


Kさんご夫妻は共働き。そうすると、困るのはお掃除。ショールームを回り、「丈夫で壊れにくい」と聞いていたクリナップに決めました。「ゴミの掃除がしやすい流レールシンクが選べることが魅力でした」と奥さま。

トイレは、TOTOのネオレストを選びました。「トイレ掃除の頻度を減らしたい」との奥さまのご希望からです。「週1回ぐらいトイレ掃除をしても、あまり汚れていない」と満足のようです。ネオレストには、除菌水で便器の表面を洗浄することで汚れを付着しにくくする機能があり、便器自体にも抗菌処理がされていることから、古い製品に比べるとお掃除の頻度が大幅に減るのです。


キッチンカウンターのきれいで機能的な造作収納


キッチン収納は、ご夫婦とも圧迫感のある収納がイヤなのと、あまり物を持たない主義ということもあり、シンクの背後にカウンター収納を造作してもらいました。キッチンの幅もあるカウンター収納は、天板を電子レンジなど調理家電の置場として使うのにもちょうど具合が良く、満足しています。


テレビボードは、この部屋に合ったレトロな雰囲気


造作は、とかち工房の大工と家具建具職人とが造る本格的なもの。板をただ組み合わせて造るのではなく、扉は框(かまち)扉と呼ばれる立体的な加工がされており、高級感と堅牢性を両立させた仕上げです。テレビボードなどは、家具メーカーの既製品と見間違えるほど。家具の造作は、キッチンやリビングだけでなく、あちこちにあります。


広々とした2階ホール


「建築予算に、最初から家具造作は考慮していました。市販の家具と比べて安かったわけではありませんが、この家にぴったりあった色合いや材質で使い勝手の良い家具は、既製品では無理ですから」とKさん。


木目が浮き出たアンティークのような室内ドアも造作したもの


また、室内のドアや建具なども造作。オイル塗装が美しい木目を際立たせています。木にこだわっているのは、窓や玄関ドアも。断熱性能の高さと質感を重視して、とかち工房では玄関ドアがスウェーデン製の木製断熱玄関ドア、  窓は木製の断熱窓を標準仕様にしています。



時間とともに味わいのある家に



Kさんは「建ててから『こうすれば良かった』ということは、ほとんどありません」と言います。室内も、無垢材中心で選んで良かったと思っています。ウォールナットは、経年変化で色が濃くなるパイン(松)やオーク(ナラ)と反対に色が明るくなるという特徴があります。季節によっては木材が収縮して建具が開けづらくなることもありますが、木が呼吸する特性があるのでそれも味だと思っているそうです。

9月の北海道胆振東部地震では、停電のためIHが一時的に使えなくなりました。
「万が一に備えてカセットコンロを購入しました」と笑うKさん。家づくりは、まだ終わりではありません。

「他の家にはないオリジナリティがあって、とても満足しています」とKさんは言います。落ち着いた色の外観が街並みに溶けこんでいますね。



家づくりも、これで終わったわけではありません。
「今年は庭づくりの工事をしました。来春からは花を植えたりして家の周りを彩りたいです」とこれからも夢が膨らみます。お子さんが受験シーズンを迎える頃には、ちょっとしたリフォームも考えているとか。

時間が経てば立つほど、味わい深い家になりそうです。素材を厳選し、じっくり建てた家だから、楽しみが長く続くのです。

2018年12月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

十勝の取材記事