Story 取材記事

農家を継ぎたい!若夫婦の決意にこたえた家づくり 十勝・音更町 小野邸/猪子建設


目次

今回取材させていただいたのは、十勝・音更町にある新婚ご夫婦・小野さんのお住まい。ともに20代前半と、初々しくさわやかなご夫婦がお迎えしてくれました。



ペアルックがお似合いのお2人。住宅取材に心なしか緊張のご様子でしたが、さっそくお宅案内をしていただきます。

飽きのこないシンプルなモダンデザイン



玄関には、扉付きの大型シューズクローゼットが。使いやすいように棚を設けて、帽子や小物もムダなく収納。普段着用する上着や靴のほか、農作業用の作業着や長靴を入れてもまだまだ余裕があります。これなら、将来お子さんが生まれて家族が増えても困りませんね。扉付きなので、玄関は常にすっきりキレイに保てます。



リビングは吹き抜けと大きな開口部で、開放感抜群。日光が明るく差し込み、冬場の取材だということを忘れてしまうほどの暖かさ。

ご夫婦で決めたホワイトと重厚感のあるダークブラウンの組み合わせが、グッと落ち着いた印象をあたえます。「好みが似ていたので、雰囲気や色選びで意見が分かれることはなかったですね」とご主人。


↑ダイニングテーブルの左側にある白いドアのところがパントリー(食品庫)。しまえる食材はすべてパントリーに収納。


アイランド型のキッチンは、奥さまの希望を汲み取って猪子建設が提案したそう。ダイニング、リビングからユーティリティーまで見渡せるので、家族の様子を見ながら安心して調理ができます。キッチンカウンターは、忙しい朝などにそのまま食卓として使えるほどの大きさ。

「私の希望通りに、パントリーをつくってもらったので、台所の収納は最小限にしました。そのぶん省スペースで広く感じます」と奥さまが笑顔で教えてくれました。使いやすさを重視しつつ、コンパクトですっきりとした、お洒落なキッチンです。



こちらは洗面スペースです。「洗面台の使い勝手は重視しましたね。棚はこのくらいとか、いろいろ希望を聞いて作ってもらいました」と言うご主人に続いて、「洗面台は自分が作りました!まだまだ現役の大工ですからね(笑)」と猪子社長。さすが、長年大工の経験を積んで現場を知り尽くした社長さんです。

「使いやすくて喜んでもらえるものを目指した、力作です。赤ちゃんの沐浴などにもそのまま使えるように、シンクも通常より大きいサイズを採用しました」



続いて2階を案内してもらいます。階段を上ると、将来お子さんの遊び場にも大活躍しそうなフリースペースが広がります。



洗濯物干し専用スペースも確保。左側のドアを出るとバルコニーが。晴れた日には外に布団などを干して、他の洗濯物とまとめて片づけられます。



広々とした子ども部屋です。お子さんの成長に合わせて間仕切りをつければ、同じくらいの広さの個室が2つ完成。主寝室は1階にあるので、今はご主人の事務管理などを行う場所にする予定です。窓からの景色が美しく、ご夫婦の農場と十勝連峰が見渡せます。



「おじいちゃんのお墨付き」住宅会社選びの決め手は信頼

では、マイホームを建てるきっかけや、住み心地などについて伺います!

―マイホームを建てるきっかけは?
ご主人「農家を継ぐためです。もちろん結婚したからということもありますが、農業という仕事柄、通うのではなく敷地内に家を持って、腰を据えるというか…。祖父が守ってきた農場を継ぎたいという一心でした」



―住宅会社選びは?
ご主人「祖父の紹介です。祖父の自宅をリフォームしたのが猪子建設さんで、祖父からすすめられました。人当たりが良く、柔軟性があって優しく話しやすいよと。自分たちの好きなようにしたかったので、ハウスメーカーは考えませんでしたし、他社もいっさい見ていません。社長も部長もすごく優しくて頼れそうだなと思いました」



―マイホームづくりでは、どんな要望を?
ご主人「それが、自分たちは知識もなく、よくわからないので、猪子建設さんにほぼお任せしてしまいました(笑)。ベースとなるプランをもらって、それを細かく詰めていったという感じですかね」  

猪子部長「ご夫婦の好きなイメージを取り入れて、ライフスタイルに合ったプランを提案させてもらいました。デザイン面はもちろん、使いやすさや快適さも重視しましたね。あとは高断熱・高気密で、光熱費がなるべくかからない家を目指しました。たとえば外壁は200mm断熱など、匡の省エネ基準レベルの住宅に比べて2ランク上のレベルです。」  

ご主人「本当に信頼していましたね。吹き抜けも、窓の大きさも、思った以上に開放感があって快適です」  

奥さま「私の希望は、パントリーと2階にフリースペースとトイレが欲しいなというくらいでしたね。イメージをつかむために、猪子部長のおうちは見せてもらいました」


↑猪子建設・猪子真治部長のご自宅取材の記事は画像をクリックしてください↑


キューワン住宅への取り組みなど、高断熱・高気密住宅の性能には定評がある猪子建設。給湯と暖房は灯油を使用していますが、灯油の減るペースが気にならないくらい「暖かいのにエコ」だそうです。



「音更の街が好き!」この先もこのまちで頑張りたい!

―住み心地はどうですか?
ご主人「こんなに若くして自分の家を持つとは思っていなかったので、快適としか言えません。子どもが先かなとも思いましたが、家を建てたことで、ますます身が締まりましたね」

奥さま「ひとつひとつの空間が大きくて広いので、実家のマンション暮らしと比べると、ゆとりがあって住みやすいなと思います」

―今後の目標は?
ご主人「このまちが好きなので、農業を通して地域貢献していけたらなと思います。あとは、子どもは最低でも3人は欲しいと思っています。まだまだ若いので、たくさん学んで経験も積んでいかなければいけないですが(笑)。頑張ります」



記者の目・エールを送りたくなる若いご夫婦でした

時折笑顔を交えつつも、ひとつひとつの質問に丁寧に答えてくれたご主人と、横で見守る奥さま。初々しいながらも、地域に溶け込む努力をしているご夫婦にエールを送りたくなりました。ご夫婦の決意にこたえて、気持ちに寄り添った家づくり。猪子建設さんとの信頼関係があったからこそうまくいったのではないでしょうか。

2019年04月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

十勝の取材記事