Company 会社の記事・情報

大鎮キムラ建設株式会社

大鎮キムラ建設株式会社

苫小牧・室蘭で受注実績no,1の工務店

大鎮キムラ建設は、1973年創業で、苫小牧・室蘭・日高・千歳を中心とする住宅会社。社員数は自社大工も含め約50名。2009年以降は苫小牧・室蘭地域で着工棟数no,1の実績を有する。

太陽光発電と高断熱化で光熱費のプラスを目指す「エネーラ+」、家族のためのスマートな家「nino(ニーノ)」、アメリカンテイストの「リラシオネス」、築年数が古い物件でも、アメリカンビンテージ風にかっこよく蘇るリノベーション「70年代不動産」、グループ会社では可愛い家&おしゃれな家をコンセプトにする「ソレイユの家」などの提案を行っている。また、不動産、メンテナンス、保険などの事業に加え、アンティーク住宅「ラフェルム」の本部運営も行っており、札幌圏では「ラフェルム」を中心に展開している。

1973年創業。2代目・木村社長が会社を強化

大鎮キムラ建設の創業者は大工出身の木村一男氏。大手ハウスメーカーの下請け会社として大工40名以上を擁する苫小牧の工務店だった。

1995年に2代目の木村匡紀(まさのり)氏が入社し24歳で社長に就任。旭川の大手ハウスメーカー「YOUトピアカワムラ」、工務店グループの全国組織「優良住宅協議会グレートビルダーズ」、など全国各地の住宅会社などとの連携を図り、下請けから元請けへ転身。性能、デザイン面、人材育成や社会貢献など、住宅品質と企業経営の両面で強化。省CO2・省エネルギー性能に優れた住宅の表彰精度「ハウス・オブ・ザ・イヤー」9連続受賞、2009年から10年連続苫小牧・室蘭地区着工件数NO,1など数々の実績を有する。

自社大工の技術、施工力が根幹

同社の強みは第1に自社で雇用し技能育成を続けている大工の施工力。Q値0.9、Ua値0.25の断熱性能に太陽光発電を組み合わせ、制振ダンバーも標準装備するゼロ・エネルギーの家「エネーラ+」などの品質・性能面を支えている。また「nino(ニーノ)」や「リラシオネス」など品質とデザイン、価格面のバランスの良い企画型住宅、自由設計の注文住宅も含め、年間100棟を超える新築住宅やリフォーム工事が施工できる体制を備えている。

社員教育も徹底

お客様の立場に立って家づくりを行うために、社員教育を重視。経営計画書を手帳として社員に配布し、部門内の連携やお客様との接し方、段取り、現場の美化、地域貢献に至るまで方針を定め、社員全員がお客様担当として働ける組織づくりを進めている。新卒採用も毎年行い、人材強化を続けている。

新たなチャレンジも

大規模停電時などに、電気自動車だけでなくハイブリットカーでも家の中の冷蔵庫や照明などの電力供給ができる「スマートエルライン」、家具メーカーと連携したモデルハウスなどの新たなチャレンジも行っている。土地の紹介、注文住宅と企画住宅の多彩な提案力、札幌圏での「ラフェルム」事業などを含めて毎年15%の成長を目指している。

対応可能な地域

苫小牧・札幌・千歳・室蘭・登別・日高

2018年07月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

会社情報

社名 大鎮キムラ建設株式会社
住所 〒 0530816
北海道苫小牧市日吉町1丁目4-6
電話番号 0144721146
FAX番号 0144721150
ホームページ https://daishinkimura.com/

建築総額の傾向(新築)

1000
1500
2000
2500
3000〜

単位:万円

アクセスマップ