Q&A いえズームQ&A

2 設計・プラン 住宅の子育て環境づくりのポイント

新築戸建て住宅を建てる動機のなかで、大きな割合を占めるのが
「子どものために」
という思いです。アパートやマンションでは、子どもが飛び跳ねると階下の人に迷惑がかかるのが心配だったり、子どもが小学校に入る前に、家を建て終えて、子どもが転校しないようにしておきたい、といった親心が、家を建てる決意につながるのです。そしてせっかく家を建てるなら「勉強ができる子に育つ家」「親子のコミュニケーションが増える家」といった点にも興味が出てくるわけです。

子育てと家づくり、どういう点を配慮するとうまくいくのか。経験豊富な住宅会社の皆さんに聞きました。


朝日良昌社長

回答1子ども部屋は狭く。「ダイニングで勉強」は親の時間捻出のためでもある

十勝・芽室町 株式会社カントリーヴィレッジ 朝日良昌社長

リビングに階段を設けると、リビングやキッチンにいる親とすれ違わないと2階の子ども部屋に行けないので、子どもの非行やひきこもりを防ぎやすい、という意見をよく聞きます。また、ダイニングやリビングに子どもが勉強しやすい学習用カウンターや教科書などを収納できる棚を設けると、子どもの教育に良いというご意見もよく聞きます。

親子のコミュニケーションを大切にしたい、引きこもりを防ぎたい、というのは多くの親御さんの思いです。まず私が第1におすすめするのは子ども部屋を充実させないという方法です。小さなお子さまがいらっしゃるご家庭なら、子ども部屋は4.5畳程度に狭くしてテレビ配線も引かない。そうすることで、寝る時以外は子ども部屋に長居するより、自然にリビングで過ごす時間が増えていきます。ただ新築時に既にお子さまが中高生という場合でしたら、受験に集中できる環境を作りたい、といった思いもあるかと思います。お子さまの状況にも配慮した設計が必要です。

次にダイニングやリビングに学習環境を作ると、家族の物音が聞こえるような場所で勉強することで、むしろ雑音に惑わされずに勉強する集中力が付き、学力が高まるという考えがあります。これに関しては、私はむしろ親の事情があると思います。共働き家庭が増える中で、限られた時間で料理や洗濯、掃除などをこなす親にとって、もし子どもがダイニングで勉強していれば、子ども部屋にいるよりもコミュニケーションがしやすいし、子どもの様子にも気付きやすい。そういう意味でも良い選択肢だと思います。

まずは子ども部屋を充実させすぎない、次に子どもがダイニングで勉強しやすい環境を作ることを考えると良いかと思います。平屋にするという選択肢は子育ての上でも家族のコミュニケーションのためにも有効です。もちろん玄関ホールからではなくリビングから階段にあがる設計にするというのも検討に値すると思います。


小森正浩代表取締役

回答2子どもの成長を踏まえたプラン検討を

旭川 セルコホーム旭川 株式会社小森工務店 小森正浩代表取締役

子育て環境づくりは、お客様とも話し合う大事なテーマです。お子様が小さな時期、中高生の頃、そして子育てが終わった老後の暮らし、というライフサイクルに合わせた事情を想定しながら重視すべきポイントを考えていくと良いと思います。

あるお客様は、「小学生の子どもが、ダイニングテーブルで勉強していると、親が勉強を見るのには良いけれど、夕食の時間に、机を一度片付けないと食事の準備ができない」とおっしゃっていたので、ダイニングに勉強用のカウンターを設置しました。これならお母さんに勉強を見てもらえるし、食事の時間でも机を片付けなくても大丈夫です。

幼稚園くらいのお子様の兄弟がおられるご家庭には、2つの子ども部屋は、いったんは区切らず、一緒に遊べる環境を作り、子どもの成長に合わせて間仕切りを設置するという選択肢も提案します。子ども部屋は5帖程度の狭い部屋だと、居心地が良すぎないので、お子さん自身が自発的に家族のいるダイニングにいる時間が増えたり、ひきこもりのリスクが減ったり、ということはあると思います。


猪子真治部長

回答3リビング階段にするならリビングやキッチンが片付きやすい収納の工夫も

十勝・音更町 有限会社猪子建設 猪子真治部長

ご両親が、学校などから家に帰ってきたお子さんの様子、連れてきた友人もチェックしたいという意味で、リビングから2階の子ども部屋にあがる「リビング階段」を選ばれる方も多く、猪子建設でも多くの子育て世帯住宅に採用しています。

ただ、リビング階段を採用すると、リビングやキッチンの様子が見られてしまいます。そこでリビング階段を計画するときは、片付けやすいリビングやキッチンにするための収納などもセットでご提案するようにしています。

また、暖かい空気は上へ上へと上がりますので、断熱・気密性能の低い家でリビング階段を設けると、リビングが寒いという問題も発生します。猪子建設の場合は高断熱・高気密の住宅を建てるので、リビング階段や吹き抜け空間を設けても1階が寒いという心配は不要です。断熱性能が高いと設計の自由度も高まるのです。

玄関に階段を設けるか、リビングに階段を設けるかで、間取りは大きく左右されます。そういう意味で階段をどこに設置するかはプランニングの早い段階で決めたい事情があります。また階段の下にはデッドスペースが生まれやすいので、そこを活用する収納や、時には家事用の机、わんちゃんの寝る空間などを設けたりもできます。


佐藤博社長

回答4お子さんの年代も踏まえてプランを検討。2階に共有ホール設置も魅力的

千歳市 協栄ハウス 佐藤博社長

まず、お子様の現在の年代によって配慮すべき点が変わります。赤ちゃんが誕生されて間もない頃であれば、1階に子育て用の部屋があるとお母さんの負担が軽減できます。小学生の高学年くらいになると、どんなお友達を連れてきたか、どんな風に子ども部屋で遊んでいるか親としては気になりますので、2階の子ども部屋にあがる前にリビングを通るようにリビングに階段を設けるのも良いと思います。

ただし、子どもがもう少し大きくなって、もうさほど心配しなくてもよい年代になった後は、むしろ子どもの友人がリビングを通ると、リビングにいる親の方がむしろ落ち着かないということもあります。お子さんの年代や家族構成を踏まえ、お客様がどういう暮らし、家族との関係を望まれているかをしっかり伺ってプランに反映させていきたいと思っています。家族みんながリビングにいつも集まれるような家も素敵ですし、2階に共有ホールを設けて兄妹や友人、親子が一緒に遊べるような空間も良いと思います。また、当たり前ですが、お子さんは成長していきます。将来の変化も想定しながら、どんなプランを選ぶか、お客様と相談させていただきます。


石井靖久代表

回答5小さいお子さまがいるならLDK隣接の子育てスペース設置をおすすめします。

帯広市 株式会社石井建設 石井靖久代表

私の家も子どもが生まれたばかり。住まいの子育て環境は大きなテーマです。お子さまが小さい時期に家を建てるなら、リビングやキッチンから見える場所に、小さな部屋を作られるのをオススメしています。リビング併設の3・7帖程度、畳の小上がりスペースを作ったおうちでは、兄弟が仲良く遊んでいるのを料理中のお母さんが見守れるので喜ばれました。

子どもを大切に見守る、省エネ&平屋の注文住宅 /音更町・N邸 株式会社石井建設

一番大事なことは、家族の成長を想像しながら、お客様と一緒に間取りを考えることです。リビング階段が正解、かどうかはお客様の望まれる生活スタイル次第です。さらにいえば、子どもの成績が上がる家、子どもが引きこもらない家などというものは無いと思います。お客様と子ども部屋や階段の位置などもじっくり話し合い、納得していただいた上で建てるのが注文住宅の良さだと思っています。


設計室長 設計プランナー

回答6子ども部屋が暖房方式、住宅総額にも影響します

札幌圏 株式会社リビングワーク 設計室長 設計プランナー

私自身も2児の父で、子育て環境を意識して家づくりをしました。リビングのカウンターで勉強する子は、少々の生活音を気にせずに勉強に集中できるようになる、リビングを吹き抜けにして、2階のフリースペースで親は仕事、子どもは勉強ができるようにすると、子どもの引きこもりを防ぎやすくなるといった話はネット上でもよく見かけると思います。

子どもは成長すると家を出て行きますし、その後の家の使い方を考えると、子ども部屋は4畳半で十分というご意見は多いと思います。家は大きくするとコストも増えるので、そういう意味でも子ども部屋は小さい方が良いかと思います。

子育て環境を整えたい、というのが家を建てる動機になる方も多いので、参考までに、少し脱線した話になりますが、小学生くらいの頃は、部屋のドアや間仕切りが少ない開放的なプランでも良いので、家の暖房をエアコン一台にしても暖気が家じゅうを巡るようにしやすいですが、中高生のお子さんはプライバシーも求めるので部屋の扉を閉め切ることが増え、結果、各部屋にパネルヒーターなどの暖房機があったほうが良い場合もあります。つまり、子育て環境、子ども部屋の検討が、暖房方式にも関わってくるのです。

先ほど、子ども部屋を小さくすることで家全体の大きさ、コストを抑える話をしましたが、同じ事が主寝室にも言えます。現代の30代40代は、主寝室はシングルベット2台が入って、あとはウォークインクローゼットの収納力があれば部屋は狭くても良い、という感覚の方が多いように思います。そうすると家の建設費は削減できます。

ただし、祖父母も同居する二世帯(三世帯)住宅の場合では、シニア世代は小さな部屋を好まない方が多いこともあって、家が大きくなりがちです。家族の構成、世代で家の大きさ、予算が変わりやすい点も意識されると良いかと思います。


山本誠治常務取締役

回答7子ども部屋より大事なのはリビング

札幌圏 いえずきホーム 山本誠治常務取締役

子育て環境の面で一番に考えたいのは、実は子ども部屋ではなく家族が集いたくなるLDK(リビングダイニングキッチン)をいかに作るかだと思います。

多くの住宅で、現代でもLDKの横に予備室(和・洋室)を設けています。ですが、私は予備室の重要性より、仕切りのない広いLDKのほうが大事ではないかと考えています。 実際に、私が建てた自宅はふすまなどで仕切る客間・予備室は作りませんでした。宿泊を伴う来客は滅多にありませんし、客間は必須とは考えませんでした。

そのかわりLDKを大きくできました。さらにリビングを吹き抜けにして高さの面でも開放感を持たせました。子どもと、風船でバレーボールをした楽しい思い出もあります。 また、リビングの内装も、タモやナラの突き板・無垢材を天井・床・キッチン・造作家具などに使うことで自然な居心地の良さも追求しました。広くて居心地の良いLDKが出来ました。

小学生など、子どもが小さなうちは勉強も居間の食卓テーブルで、お友達が来ても居間で遊んでいました。親子のコミュニケーションも多かったと思います。 ただし、高校・大学の受験時になると子供室が大活躍しました。直接日光が入らない東側に配置したことにより、夏・冬休みも日中から快適な環境になりましたし、寝室と離すことにより生活時間帯の違いも苦になりませんでした。

現在は大学生になりましたが、勉強も頑張って、しっかり育ってくれました。子どもが子ども部屋に籠もりきりになるより、居間で過ごす時間が自然に長くなるような住環境を作るという考え方でしたがその通りになったかなと思います。

付け加えると、多くの家の子ども部屋は、南側の一番良い位置にプランされることが多いです。子どものために、という親心だと思います。でも、お子さんはいずれ独立しますし、引きこもりを防ぐという意味でも、子ども部屋に予算やプランの面で、あまり贅沢な環境は必要ないのではないかなというのが私の考えです。

ただし、子育て方針は、各家庭のご両親がそれぞれ真剣にお考えになっていると思います。住まいの子育て環境にあたってはお客様と、じっくりご相談して、私の考えを押し付けることなく、お客様のお考え重視でプランに反映するように心がけています。

いえズーム編集部から一言

幼稚園や小学校低学年の頃は、リビングのテーブルでパパやママに勉強を教えてもらいながら勉強をしたりしますが、食事の時間には机の上を片付けなければならないので、ついついお子さんに「早くテーブルを片付けなさい!」と怒ってしまう・・・ダイニングに、お子さんが勉強できる小さなカウンターを設けると、親が子どもの勉強を見守れるのと同時に、お子さんをしかる回数も減り、ママのストレスも減るわけです。

また、大工さんの造作で、子ども部屋に木製の、オーダー学習机を設置してもらうのも大変人気です。

多くの子どもは20年から30年ほどで実家を出て行きます。2階の子ども部屋が余るというのは多くの戸建て住宅で現在発生している状況です。家族の人数に比べて大きすぎる家は光熱費や住宅のリフォームなどの面でも余分なコストになります。子ども部屋を小さくしたり、あるいは子どもが実家を離れれば子ども部屋をリビングと一体化させやすい可変間仕切りにするといった、子育て期間終了後の家の活用法も踏まえた住まいづくりがポイントではないかと思います。

特集記事もどうぞ

札幌で家を買った体験談(連載1)きっかけはママ友への妬み!?
【札幌圏】我が家に薪ストーブを導入した15事例!
住宅の高断熱高気密総まとめ
【札幌】自然素材を活かした住宅13事例まとめ
札幌で住宅を建てた人の体験談まとめ30
新築戸建て住宅に住んで感じた不満 光熱費とキッチンに怒りの声
断熱リフォームのヤバい裏事情?(寒さ・結露)札幌リフォーム座談会(1)
注文住宅づくりの重要点1 人が通る寸法は「最低52センチ」
札幌圏で高断熱・高気密住宅を建てた10の体験談
2世帯住宅の作り方(札幌事例まとめ)
魅力的な住宅のキッチン10事例(札幌)
札幌のモデルハウス総まとめ!
iezoom(いえズーム)を見て家づくりを実現させたオーナー集

探したい地域はどちらですか?