Story 取材記事

転勤も怖くない"価値ある家"/札幌市・Tさん/拓友建設

仕事で全国を転々とする転勤族の方々は「ムダになるのでは」と家を建てることをためらう人も多いでしょう。北方型住宅ECO仕様の耐久性や断熱性と、デザイン性を両立したTさんのマイホームづくりは同じ悩みを抱える人に1つの道筋を示してくれるはずです。

性能を満たした上で理想を形に

「50年後も快適に住める家なら、転勤しても一時的に人に貸し、その後自分の子どもが暮らせる。無駄にならないと思った」と家づくりを決意したTさん。そのため、マイホームに求めるのは一にも二にも長持ちすることでした。一方で「冷え性で靴下が手放せない」という奥様は暖かさを重視。

高い耐久性と断熱・気密性能を確保した上で、高低差のある敷地を生かしながら、自分の希望をどう実現していくかがTさんの家づくりのテーマでした。

敷地にある高低差を生かして車庫をビルトイン。外装材に凸凹ある材料を使用し、シャープで立体的に仕上がった
敷地にある高低差を生かして車庫をビルトイン。外装材に凸凹ある材料を使用し、シャープで立体的に仕上がった

傾斜地を生かした提案が決め手

当初はハウスメーカー数社に声をかけました。でも「南側になる敷地の奥に家を建て、その前に車庫を作るプランばかり。これでは日当たりのよい庭をあきらめなくてはなりません。スペース配分に工夫が欲しくて不満でした」(Tさん)。

そこで奥様の友達のダンナ様で以前からプライベートでお付き合いがある、小尾慎さん(小尾建築事務所)に設計をお願いし、施工会社を探すことになりました。

「車庫を組み込み式にして建物を道路側に配置。裏手を庭として使う今の形を最初から提案してくれました。車庫と2階・個室の間に中2階の収納庫を作るのも、敷地の高低差をうまく利用したプランだと思います」(Tさん)。

写真左から順番に、妻沼社長、Tさん、小尾さん。プライバシーを確保しながら明るい陽射しを確保するため、リビングの窓配置にはひと工夫した
写真左から順番に、妻沼社長、Tさん、小尾さん。プライバシーを確保しながら明るい陽射しを確保するため、リビングの窓配置にはひと工夫した
2階から階段を眺める。広い踊り場のようになっているのは、中2階収納庫の入口だ
2階から階段を眺める。広い踊り場のようになっているのは、中2階収納庫の入口だ
奥さまの要望でキッチン横に実現した、お子さんの勉強スペース。奥さまの家事コーナーにもなる

奥様も「車庫から食品庫を通ってキッチンに入れるから買い物がとても楽」。建物を道路側に寄せたのは除雪の手間を軽減するためでもあります。

施工会社を拓友建設に決めたのは「技術力に定評のある工務店さん」という小尾さんの紹介があったから。社長の妻沼澄夫さんは小尾さんにとって、意匠性と性能を備えた質の高い住宅づくりに共に取り組んできた信頼出来るパートナーの1人です。

今回北方型住宅ECOを採用したのは、国から補助金が出ることもありましたが、妻沼社長や小尾さんに耐久性と経済性、耐震性といった住宅の性能面で最先端であることを説得されたからです。

階段途中の壁を少しくり抜き、ダイニングの気配がわかるようにした
階段途中の壁を少しくり抜き、ダイニングの気配がわかるようにした
洗面・書斎コーナー側からはクロスを貼った腰壁があるため1階は直接見えないが、格子状の手すりにした子供室は見える
洗面・書斎コーナー側からはクロスを貼った腰壁があるため1階は直接見えないが、格子状の手すりにした子供室は見える

窓からの日差しを楽しむ

吹き抜けのあるリビングダイニングはTさんのこだわりが散りばめられた場所。特徴的なのが窓のレイアウトです。

開口部はコーナーでL字型に付き合わせた天井付近の窓と高さを抑えたテラスの2ヵ所。1ヵ所に丈高の大開口部を作ると、隣家の視線が気になるため、このような配置になったそうです。

2方向から広がる光が複雑に反射して昼間のリビングがより表情豊かに。壁一面の大きな窓から燦々と降り注ぐ日差しとは違った趣があります。

「高い耐震性を確保しながら、この吹き抜けを作るのは設計上たいへんなんです」と妻沼さん。

テラスの向こうは庭。生け垣の手前にある柿の木は、この敷地にもともと植えられていましたが、小尾さんの提案で今の場所に移し替えたそうです。

「長い時間をかけて熟成されてきた街の風景や樹木を住宅建築に取り入れて受け継ぐことで、敷地を含めた住まいの資産価値が変わってくるのでは」(小尾さん)。 

奥さまの要望でキッチン横に実現した、お子さんの勉強スペース。奥さまの家事コーナーにもなる
玄関を入ると右手に大型のクローゼット扉がある。しかし1つだけ違う扉が!
玄関を入ると右手に大型のクローゼット扉がある。しかし1つだけ違う扉が!
なんと、客間の和室につながるドア。実は玄関ホールを挟んで洗面とトイレがあり、「来客が気兼ねなく利用できる」ことを考えた気配りのプラン
なんと、客間の和室につながるドア。実は玄関ホールを挟んで洗面とトイレがあり、「来客が気兼ねなく利用できる」ことを考えた気配りのプラン

シンプルだけど退屈じゃない家

高田邸は吹き抜けの通路や階段の手すりなどを目隠しとして巧みに使っています。そのため、間取り自体はシンプルなのに「向こうに何があるんだろう」と思わせる楽しさがあります。

2階の書斎コーナーや洗面室のあるゾーンはクロス貼りの手すりに隠れて1階からは見えません。

一方、吹き抜けに面した子供のためのオープンスペースは太陽光や視線を遮らない格子状の手すりを使用。1階にいる人との距離が遠くならないように、通路部分の床を低くしてスキップフロアにしています。

新しい家は「とにかく暖かい」とTさん。特に車庫の上に作った中2階の収納スペースが昼寝には最高だそうです。

取材を終えて「今思うと結構、注文があったんですね」と振り返るTさんですが、妻沼さんと小尾さんは取材中、同じ意味の言葉を何度も口にしました。

「建て主さんの要望に真摯に応える中でいい家が生まれる」と。

記者の一言

設計と施工のプロフェッショナルが顧客本位の姿勢に徹し、それぞれの立場を尊重しあいながら、妥協のない仕事をしたことが建て主さんの満足につながったと感じました。耐久性や耐震性、断熱・気密性能が大事なのは転勤がない人も同じ。建ててしまってから後悔しても遅いのですから。

2010年05月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

この記事もおすすめ

札幌圏の取材記事