Column いえズーム コラム

アイランドキッチンの実例まとめ


アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンは、アイランド(島)が語源の独立型キッチン。いろんなタイプのキッチンがある中でも人気のデザインで、おしゃれで開放感を演出できる憧れのキッチンですよね。

アイランドキッチンのメリットとしては​
・オープンでスタイリッシュな空間づくりができる
・対面式でリビングやダイニングとコミュニケーションがとりやすい
・独立型で回遊動線ができるため作業動線に優れている
・アイランド型なので複数人が集まって作業ができ、パーティーや食育に向いている
・カウンター付き、ダイニングテーブル横付けなど、間取りの自由度が高い
などがあげられます。



アイランドキッチンのデメリットと対処法

その一方で
アイランドキッチンのデメリット
・両サイドに通路が必要なため広さが必要
・収納力に限界がある
・においや汚れが室内に飛散する心配がある
・手元が丸見えになる
・面材を多く使うため価格が高くなる
などのデメリットも知っておく必要があります。

デメリット対処法としては、
・背面収納や食品庫(パントリー)を設けて収納力をUPする
・透明な油はね防止パネルをコンロまわりに設置する
・高機能なレンジフードを採用してにおいや煙をキャッチする
・手元が隠れるようカウンターを立ち上げたり、腰壁でキッチンを囲む
などの方法があるので、依頼先に相談するとよいでしょう。

アイランドキッチンの間取り


【左/ワークトライアングルの考え方 右/回遊動線を生かした間取りの例】


アイランドキッチンの間取りについては、
・買い出し後の食品の収納、配膳や片づけ、洗濯を同時に行う場合などに作業効率の良い家事動線をつくる
・子育て中なら子どもの様子が見渡せる、リビングのテレビが見えるかなどの視線を確保する
​人のすれ違う幅は最低78cm。通路は80~90cm、大人2人で使う場合は100cm以上を確保する
・背面収納やパントリーなどを併設して収納量を確保する
・冷蔵庫や調理家電を使う際の距離「ワークトライアングル」を考慮する
などがポイントになってくるようです。

参考にしたコラム 見落としがちなキッチン空間のポイント 人がすれ違う寸法は「最低78センチ」

ここからはいえズームの取材記事から、素敵なアイランドキッチンの実例を集めてご紹介します!


目次

「ディスポーザー」に対応のアイランドキッチン 帯広市H邸/Cryptn(クリプトン)



アイランドキッチンを選んだのは、リビングにいる娘と話したり、テレビを観ながら料理をしたりしたいと思ったからです。

タカラスタンダードのアイランドキッチンを選んだのは、生ごみを台所の排水口部分で粉砕して水と一緒に下水道に流す「ディスポーザー」に対応できたからです(帯広市は2018年からディスポーザーの使用を許可している)。

キッチンの背面収納は、タカラスタンダードのカップボードと、大工さんや建具屋さんが造作で作ってくれたオーダー品が組みあわさっています。ワインを収納できる専用棚も付けてもらいました。ここにも間接照明をつけてもらいました。
記事はこちら デザイン・住宅性能の要望を丁寧に実現。友人も絶賛する工務店とは? 帯広市・H邸/Cryptn

ナチュラルな木製のアイランドキッチン 小樽市C邸/丸三ホクシン建設



一階は脱衣・浴室・収納空間のほかは、個室を設けずリビングダイニングを最大限大きく確保する間取りにしました。そして大きなリビングダイニングにはアイランドキッチンも似合います。
「間取りはやっぱりこだわりましたね。仕切りをあまり作らずに、子どもたちが宿題したり、遊んでいる様子をキッチンから見渡せるようにしてもらいました。子どもたちは友だちと鬼ごっこをするほど楽しんでいます」と奥さま。

キッチンは施主の友人でもある木工作家、内田悠さんの作品。ナチュラルな木製のキッチンが、リビングの白い塗り壁や構造材ともよく馴染んでいます。
記事はこちら ガルバリウムと道南杉でシャープな外観~木の香りと家族の笑顔が溢れる小樽の家

素材感を活かした特注のアイランドキッチン 旭川市Y邸/アーケン



キッチンは、天板を厨房機器メーカーで、フレームを鉄工所で特注。溶接の跡を残し、塗装せず素材感を出しています。キッチン、ダイニングは1フロア。2階の子ども部屋にも扉はなく、ほぼ1フロアで暮らす感覚です。
記事はこちら 室内に古材フル活用!家族も愛犬も癒される家/旭川市・Y邸/アーケン

天然の御影石を使用したラグジュアリーなキッチン 札幌市T邸/北渡建設



造作による豪華なリビングドアを抜けると、ダイニング・キッチンが広がっています。間接照明やガラスのペンダントライトがムーディーでラグジュアリーな空間を演出しています。

アイランド型のキッチンや背面収納は全て北渡建設のオリジナル。キッチンのワークトップには天然の御影石を、連続するテーブルの天板にはセラミックタイルを採用しています。キッチンからはL字に配されたリビングや中庭が見渡せます。
記事はこちら 南国リゾートをイメージしたホテルライクな邸宅/北渡建設/札幌市南区

幅4mの天板で無駄のない動線に 札幌市T邸/アウラ建築設計事務所



LDKは横長で24畳と広くなっています。圧巻なのは、アイランドキッチンの天板。シンクの横から延長してそのままダイニングテーブルとして使うプラン。幅4m以上ある大きな天板はインパクト大です。料理を作ったらそのまま横に移動して食事し、後片付けも楽。動線も無駄がなくて良いのです。
記事はこちら 建替えで実現!ペットとアウトドアが楽しめる家 札幌市・Tさん/アウラ建築設計事務所

「キッチンハウス」プロデュースのオーダーキッチン モデルハウスSemie/渋谷建設



LDKの中央に、オーダーキッチンがありました。渋谷建設は函館で唯一、オーダーキッチンのブランド「キッチンハウス」と提携していて、「Semie-セミエ-」は、「キッチンハウス」プロデュースのオーダーキッチンが標準仕様になっています。料理や食事、家族のだんらんが楽しくなるキッチンを自由に作れるのがセミエの魅力の一つです。

セミエのモデルハウスに採用したのは、ダイニングカウンターも兼ねるタイプで、これが思った以上に料理やお皿あらいなどの負担軽減に威力を発揮します。
記事はこちら 【函館】注目のモデルハウス公開 渋谷建設[Semie-セミエ-]

北欧風のアイランドキッチン モデルハウスskog(スコーグ)のいえ/イゼッチハウス北海道



主婦の声を取り入れたアイランド型のキッチンや、自然素材を使った塗り壁、無垢材の床などが特徴。アイランドキッチンの横に張りだした明るいダイニングは家族そろって日曜朝の朝食が楽しくなりそう。

「skog」はスウェーデン語の「森」を意味し、森のような温もりが感じられる、女性をメインターゲットとした住宅です。女性が思い描く「こんな家に住みたい」という住空間を、天然の素材と「可愛らしさ」にこだわり抜いてコーディネートし、提案してくれます。
記事はこちら 女性が喜ぶナチュラル系「スコーグのいえ」見学バスツアー/イゼッチハウス北海道

モデルハウス「ILO(イーロ)」/アシストホーム



1階はLDKが細長くひと続きになっています。注目はキッチンのダウンライト。Bluetoothスピーカー内蔵で、スマホから音楽を飛ばして聞きながら料理を楽しめるようになっています。

キッチンは周囲をぐるりと一周できるアイランド型。豆を挽いてゆっくりコーヒーを淹れたり、子どもたちと一緒にお料理したり。ふたり並んで作業ができる、ゆとりの広さです。
記事はこちら 新しい企画型住宅「ILO(イーロ)」/アシストホーム

オーダー品のアイランドキッチン 石狩市モデルハウス/丸三ホクシン建設



キッチンは実用性と美しさを兼ね備えたオーダー品です。料理など家事のしやすさ、食器や調理道具の収納力、お掃除のしやすさなど、オーナーの要望も多い部分です。コストを抑えつつキッチン背部に造作収納をふんだんに作るなど、家具屋さんの技術力が発揮される部分でもあります。
記事はこちら 見て、触れて実感! 丸三ホクシン建設がモデルハウス公開

ナチュラルな木製、厨房機器メーカーの特注品、御影石天板のラグシュアリー仕様、幅4mのダイニングテーブル一体型、タイル天板の北欧風などなど、様々な実例をご紹介してきました。メーカーの既製品や造作によるオリジナルと、つくり方も色々でしたね。予算や好みに合わせた、とっておきのアイランドキッチンを実現してくださいね!

この記事が気に入った方は、こちらのまとめ記事もおすすめです
こだわりキッチン事例 総まとめ30
キッチン収納(造作)の事例集【注文住宅】


目次

2021年06月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

探したい地域はどちらですか?