Story 取材記事

全館空調を生かした洗濯乾燥室など家事楽でおしゃれな平屋 大仙市S邸/村上工務店


秋田県大仙市に暮らすSさん一家は30代のご夫婦と4歳の娘さんの3人家族。S邸は、深みのあるグリーンのガルバリウムと樹脂サイディングの外壁に、片流れ屋根と斜めに出た袖壁が印象的な、西海岸テイストの平屋です。

この外観は、奥さまの憧れが形になったもの。「どこの家とも違う、オリジナルの家をつくりたかった」と奥さまは話します。

設計・施工したのは、大仙市やその周辺地域で住宅を建ててきた地元密着の村上工務店。お客さまの好みを反映したデザインや間取り、ライフスタイル、生活動線を採り入れた家づくりに定評のある住宅会社です。

「満足のいく家ができる」と確信



娘さんの誕生を機に家づくりを考え始めたSさんご夫婦。Sさんの実家の近所に住みたいと考えていたところ、実家のお隣の方から土地を譲っていただけることになりました。

しかし、住宅会社探しは難航します。最初に検討した大手メーカーはどこも、希望を叶えるとなると予算オーバーばかり。そんな時、Sさんのお父さまがインターネットで見つけて勧めたのが村上工務店でした。

他社では難しいと言われた全館空調を採用でき、断熱・気密など性能面へのこだわり、ご家族の要望を一つひとつ受け止めてくれる村上満社長の対応を見て、奥さまは「満足のいく家ができる」と確信したそう。費用を予算内でおさめつつ、Sさん一家の要望をふんだんに詰め込んだ大満足の家が完成しました。

西海岸のテイストを感じる吹上げ天井のリビング



リビングダイニングは、26帖ほどの大空間です。吹上げ天井には要望の一つだった勾配天井を採り入れ、抜群の開放感を感じられます。遊びに来た友人が思わず「お城みたい!」と言ったのもうなずけます。



天井には2本の飾り梁、等間隔に配置した照明をコーディネート(写真左)。一方、東側には横長窓を2つ配置してスタイリッシュな雰囲気に。ちょうど良い採光が得られます(写真右)。いずれも奥さまのアイデアを村上社長がセンス良く仕上げました。



リビング横には和室を設けました。娘さんや遊びに来たお子さんたちのプレイルーム、親戚が泊まれる客室、寝転んでくつろぐスペースなど、さまざまな用途に活躍しています。

親子の夢を叶えるゆったりサイズのアイランドキッチン



共働きのS邸には、多忙な夫婦を助けてくれる“家事楽”の工夫があちこちに採り入れられています。

キッチンはパナソニック製のアイランドタイプ。両サイドから出入りができ、ダイニングやリビングと行き来がしやすい設計です。

トリプルワイドのIHクッキングヒーターは一度に3ヵ所で調理が可能。ヒーターの手前にもスペースがあり、料理の盛り付けなどに重宝します。



お料理が好きという娘さんは、最近炒め物にも挑戦しているそう。IHは直火が出ないので小さいお子さんにも安心で、アパートの狭いキッチンではできなかった「並んで一緒に料理をする」という親子の夢が叶いました。


キッチンの下にはダイニング側に開く収納を設けています


キッチンの目の前にダイニングを配置したことで、配膳や後片付けもスムーズです。

ガレージからパントリー、キッチンという買い出し後に便利な動線



ガレージには車2台分の駐車スペースを確保しました。ビルトイン仕様なので雨や雪といった悪天候でも濡れる心配がありません。ガレージ奥には、左側にガレージ納戸を設置。その隣の右の扉はキッチン裏の勝手口へとつながります。



勝手口を入ってすぐの場所は、パントリーになっています。買ってきた食材や日用品などを車から運び込んで、すぐに収納できます。キッチンの冷蔵庫もパントリー近くに配置し、冷蔵・冷凍品などの収納にも便利な動線です。

ファミリークローゼットのあるゆったりとしたユーティリティ



続いて、キッチン横の廊下を進むと…


床にはハニカム柄を使用しました


ユーティリティへとつながります(写真左)。洗濯機とチェストを置いてもゆとりの広さです。さらに、ユーティリティにはウォークインタイプのファミリークローゼットを設けました(写真右)。お出かけ前の洋服、お風呂上りの着替えなどがパッと取り出せる配置です。



ファミリークローゼットの天井にはビルトインタイプの全館空調があります。ここから天井裏や床下に設置されたダクトを通って、暖気や冷気が各部屋に行きわたる仕組みです。エアコンはリビングにある1台以外は、どこの部屋にも壁掛け式のものがなく、個室はどこもスッキリとしています。



ファミリークローゼットの入口の壁には、村上社長の提案で熱交換換気ユニットを壁付けしました。通常は天井付けされるものですが、手の届く位置にあることでフィルターを簡単に取り外せるので、ついつい後回しになりがちな換気口のお掃除も気軽にできます。

半地下に室内干し専用スペース、その上に子ども部屋をプラン



ユーティリティはキッチン側とは反対からもリビングダイニングにつながる回遊式になっています。ユーティリティを出てすぐのところに、一段下がった半地下空間を発見しました。


8帖ほどの広さに物干しポールを備えたランドリールーム


中は室内干し専用のランドリールームになっていました。「日中は夫婦二人とも仕事で不在にしているので、天候に左右されずに洗濯物が干しておける場所を希望しました」(奥さま)。ファミリークローゼットも近いので、乾いた衣類をすぐに収納できる動線も気に入っています。



平屋ですが、リビング階段があります。ランドリールームの半地下分と、片流れ屋根の小屋裏のスペースを合わせて生まれた空間に、中2階が設けられました。



ランドリールームのちょうど真上は約8帖の子ども部屋になっています。入り口には扉が2カ所あり、将来、壁を造作すれば、2つの個室になる仕様です。

一定の室温で年中快適に過ごせます



入居後しばらくして、可愛いワンちゃんが家族に仲間入りしました。娘さんはワンちゃんと追いかけっこをするなど、のびのびとマイホーム生活を満喫しています。



今年6月の入居後、初めての夏を過ごしたSさん一家。エアコンの操作をしなくても、どこの部屋も一定の温度で涼しく快適だったそう。また、朝晩は肌寒くなる取材に訪れた10月下旬でも「半袖で過ごせるぐらい暖かいんです」(奥さま)と高断熱・高気密の住宅性能の良さを実感中。これから迎える厳しい冬も、暖かく快適に暮らせそうです。


2022年12月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

有限会社村上工務店の取材記事

家づくり体験談 投稿募集中!