Story 取材記事

シンプルな家にこだわりと工夫を詰めこむ 秋田県大仙市O邸/村上工務店


ダークグレーのガルバリウム鋼板と片流れ屋根がつくり出すシンプルでモダンな印象のO邸は、住宅地の中でも目を引く存在です。



玄関まわりはウッドを使い温かみのあるエントランスに。

村上工務店への依頼のきっかけは口コミでした。自宅をリフォームした同僚から、「村上工務店がすごく良かった」と聞いたOさん。完成内覧会で実際の家を見学して、新築の依頼を決めました。

片流れ屋根の形状を生かした大空間



シンプルな家を要望していたOさん。室内は白と木目を基調にしたナチュラルな雰囲気です。

リビングダイニングの上部は吹き抜けに。片流れ屋根の形状を生かした高い斜め天井で、広々とした開放感を感じられます。大きな空間ですが、シーリングファンで効率的に室内の空気を循環させることができます。
村上工務店は北海道仕様の断熱・気密性能なので、吹き抜けを設けても寒さの心配がありません。



ホワイトで統一したキッチンの背後には、カップボードを備え付けました。キッチン家電などを並べて置き、引き出しには食器や小物類をたっぷり収納できます。

1階は身支度に便利な回遊動線



キッチン左奥の白い扉の先は、寝室です。



寝室にはキッチン側とは別の扉があり、そのままウォークインクローゼットに続きます。そこからさらに洗面脱衣室やお風呂にもつながっていて、身支度がしやすい動線です。
洗面脱衣室からは、玄関ホール、リビングダイニング…と、1階を一巡できる回遊動線になっています。


ウォークインクローゼットの中には収納棚とハンガーパイプを設置しました


上下階の家族をつなぐ吹き抜けとフリースペース



階段の途中には中2階を設けました。引き戸を開けると、収納用の小部屋になっています。

小屋裏の大きさなど、一つひとつの仕様にこだわりがあったOさん。すぐに決断できない時には持ち帰って、じっくり検討したそう。その上で、村上工務店がOさんの出した修正点や対案を反映させながら、時間をかけて家づくりを進めました。



階段を上がってすぐの場所は、屋根の勾配を活かしたフリースペースです。カウンターを造作するとともに、高い位置に窓を配置。外の光を取り込む明るい空間で、家事やお仕事などがはかどります。

この場所からは1階のリビングダイニングが見渡せます。吹き抜けを生かしたプランニングで、上階と下階が一体となり、家族の存在が身近に感じられる家になりました。


2022年04月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

有限会社村上工務店の取材記事

家づくり体験談 投稿募集中!