Column いえズーム コラム

「音楽を楽しむ家」まとめ


「好きな音楽を楽しみたい!」が家づくりのきっかけに

・子どもにピアノやバイオリンの練習をさせたい、習わせたい
・学生時代に親しんだギターやベースの演奏がしたい
・趣味のレコードを高品質なスピーカーで思い切り堪能したい
・明るく広々とした空間で家族と一緒に音楽を聞いたり、演奏がしたい

賃貸アパートやマンションでは、近隣への音漏れ・騒音の配慮から、こうした希望や楽しみが叶わない現実があるようです。戸建て住宅を建てる動機が、好きな音楽や楽器の演奏を存分に楽しみたいから、という方も多いのではないでしょうか。

実際の家づくりでは、音響や防音などの機能的な配慮だけでなく、趣味の音楽に浸る自分だけの空間や、くつろぎの環境も兼ねた部屋づくりが人気のようです。

Iezoom編集部がこれまで取材してきた実例の中にも、

・心落ち着く趣味の部屋に、ギターをすぐに手に取れるよう壁掛けフックを取り付ける
・書斎に防音のDJスタジオを作る
・ロフトにハープの練習スペースを設ける
・2階のフリースペースにギターの演奏・編集作業の空間をつくる

など、音楽を楽しむためのこだわりの空間づくりが見られました。

今回は過去の取材事例から音楽を楽しむ住宅の実例をピックアップ。理想を形にするまでの工程や、参考にしたいアイデアの数々をぜひご覧ください!


目次

趣味の音楽部屋は心落ち着くテイストに 帯広市Mさん/プラスワイド



こちらは一階のLDKから続く趣味の部屋。シックな雰囲気に合わせて床も濃色のウォルナットを選びました。壁にはギター用のフックが取り付けられています。見せる収納としてお部屋に美しいアクセントを与えるだけでなく、気が向いた時にすぐに手に取れるのも嬉しいところです。
記事はこちら シックなデザイン&料理も楽しい二世帯住宅/帯広市M邸 

ご主人の書斎は防音DJスタジオ?! “隠れ家”で気兼ねなく音楽に浸る 帯広市Uさん/カントリーヴィレッジ



趣味でDJをされているというご主人。計画当初から関係機材を収められる書斎の実現を希望していました。気になる防音性能はというと、2枚の扉を完全に閉めてしまえば隣の部屋にいてもほとんど音が気にならないレベル。天井の勾配が音を反響し、厚みのあるサウンドに聴こえるところもお気に入りです。
レコードを収納する棚はもちろん造作。レコード店などで見るような引き出し型で、収納とディスプレイを兼ねています。

この部屋に入ると出てこられなくなっちゃうんですよ(笑)」とご主人。ずっしりとした機材と大量のレコードが詰まった室内は、照明やコードの収納なども男性的なセンスで統一。隠れ家のような心ときめかせる空間となっていました。
記事はこちら 男前カントリー&防音スタジオの家/帯広市U邸 カントリーヴィレッジ

ご主人がギター演奏や音楽鑑賞を楽しむ防音の書斎 札幌市Eさん/イネスホーム



ギター演奏や音楽鑑賞を楽しむご主人専用の書斎は、防音を施した室内にたくさんのCDや書籍が収まる可動棚とデスクを造作しています。
記事はこちら 無機質×木で叶えたシックで機能的な住まい 札幌市E邸/イネスホーム

リビング続きにスタジオを配置。音楽のある暮らしを楽しむご家族 札幌市K邸/いえずきホーム



リビング続きのスタジオで、シンガーの奥さまが歌を録音したり、パソコンで作曲したりされています。壁の内側にグラスウールをたっぷり充填し、壁の表面に防音材を貼って、吸音と防音に配慮。「集中できるし、夜も録音できるので仕事がとてもはかどります」と奥さま。

ご主人の趣味はトロンボーン。1年に1回、学校のOBで集まるコンサートに参加されているそう。ご主人が奏でるトロンボーンの音色を聞きながら寛ぐご家族の姿が印象的でした。
記事はこちら 狭小地に誕生、ブレスレンガ採用のパッシブ換気の家  札幌市K邸/いえずきホーム

スキップフロアで叶えた舞台のような専用ピアノ室 帯広市Sさん/Cryptn(クリプトン)



今回の取材で最も心躍らされたのが、LDK隣に設けられたこちらのスキップフロアです。上はピアノ室、下はキッズスペースとして使用されています。
いつもの練習風景も、くり抜かれた壁の向こうに見えることでまるで舞台で弾いているかのような印象的なシーンに。奥様の誕生日にはお嬢さんがピアノの演奏を披露するなど、音楽のある日常を楽しく演出してくれる空間となっています。

記事はこちら 「遊び心」と「デザイン」が魅力!ママ 友にも評判の住宅会社とは?帯広市S邸

ハープを楽しむ最上階(ロフト)札幌市Aさん/白田建築事務所



2階ホールから階段を数段上がったところにあるロフトは、ハープの練習スペース。窓からの眺めの良さもお気に入りです。最近挑戦したというハープ演奏。次は持ち運びができるサウルハープをやってみたいそう。楽しい計画は尽きません。
記事はこちら 札幌で一人暮らしを楽しむ完全分離二世帯住宅/白田建築事務所

音楽室と楽器の収納庫がある家 札幌市Oさん/シノザキ建築事務所



2階に音楽室があり、それぞれが得意な楽器を持つOさんファミリーは楽器の収納庫も造っています。
記事はこちら 札幌でエネルギー自給自足!ブラックアウトに備える家/シノザキ建築事務所

吹き抜けと繋がるフリースペースにギターとベースをディスプレイ 帯広市Kさん/cubeチセ



吹抜けと繋がったフリースペースにはKさんご夫妻の趣味であるギターとベースがディスプレイされています。
記事はこちら 憧れのヨーロピアンカントリーをアレンジ 帯広・cubeチセ(キューブチセ)の家

室内窓で明るく奥行きを感じさせるピアノ室 札幌市Kさん/辻野建設工業


廊下から見たピアノ室


玄関ホールは段差の少ないバリアフリーで、靴の脱ぎ履きに便利な椅子を置いています。向かって左手には奥さまのピアノ室、その奥にリビングが続きます。まっすぐ進むとキッチンにつながっています。室内窓で明るく奥行きを感じさせる空間に仕上がりました。

奥さまが伴奏活動やピアノ指導をされていたそうで、グランドピアノ、アップライトピアノ、電子ピアノがそろっています。今は楽しみとして弾いているそうです。
南向きの採光窓や、往来の視線と楽器のレイアウトに配慮した高窓など、窓の配置もばっちりです。
記事はこちら 築47年の住宅を薪ストーブのある快適な住まいにリノベーション 辻野建設工業/札幌市K邸

音楽を満喫できるフリースペース 帯広市Hさん/cubeチセ



2階にあるフリースペースはご主人が音楽を満喫できるスペース。吹き抜けや天窓もあるので、とても居心地の良い空間です。
記事はこちら 居心地のよいダイニングをデザイン /帯広・H邸/ cubeチセ

2021年06月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

探したい地域はどちらですか?