Story 取材記事

外壁やクロスの色で個性を演出。40㎝厚の断熱で年中快適な家 網走市Sさん


網走市内に2022年6月に竣工したこの家は、光輝建設で大工の棟梁として働くSさんがご家族の想いを“住まいのプロ”としてカタチにした自邸です。ご夫婦と幼い娘さん、奥さまのお母さまの4人で住む2世帯住宅となっています。

ツートーンの外観と個性的なクロス使いの室内



光輝建設が推奨する、外壁の断熱が一般的な住宅の4倍厚い「4倍断熱」を採り入れ、暮らしやすさを最優先したうえで、内外観のデザインを色とクロスで遊ぶことにもこだわりました。カラーコーディネートはすべてSさんによるものです。
外観は1階を濃いブルー、2階を薄いブルーとコントラストを付けた2色使いの金属サイディング張りで、遠くからでも目を引きます。



床や壁、天井などは色でメリハリをつけたかったというSさん。1階のLDKの床と天井には木目調のフローリングとクロスを採用しました。



キッチンの壁面には、カフェ風インテリアで人気のサブウェイタイル調の壁紙を選んでいます。



キッチンに隣接したダイニングはネイビーブルーのクロスに。奥さまが特にこだわったのが、このダイニング。クロスの色はもちろん、低めのテーブルや座り心地のよい椅子を選んだお気に入りの空間です。窓辺にはカウンターテーブルも置き、ちょっとした作業ができるよう工夫されています。

2世帯住宅として動線も使いやすく



1階にはリビング・ダイニングや水回りなどのほかに、お母さまの部屋があります。ミニキッチンを付け、南東向きで日当たりがよいことにとても満足されています。



リビングの一角には小上がりの和室も。「母の仏壇を置く仏間がほしい」というSさんの希望を叶えた和室です。仏壇は奥まった場所にしつらえ、普段はお子さんの遊び場として活用しています。小上がりにしたことで床下収納も生まれ、おもちゃなどをしまっています。



玄関はシューズクロークとホールを小さな仕切り壁で区切り、感染症対策のためにコンパクトな手洗いも設けました。



キッチン横の洗面室はゆったり設計。洗濯物を畳んだりアイロンをかけられるよう、幅広いカウンターを付けました。奥の扉はお母さまの部屋につながっていて、直接洗面室や浴室に行ける動線を作っています。ご夫婦の友人が訪ねてきても「気にせず動けて便利」とお母さまは話します。



また、洗面室と脱衣室は引き戸でゆるやかに分かれていて、浴室を使っても洗面室にいる家族と鉢合わせしなくてもすむ独立タイプです。



トイレは将来のことも想定し、車いすでも使える広さを確保しました。



2階のご夫婦の寝室には、バンドでギターを弾くSさんのこだわりから、壁に下地板を施工してギターを飾れるように。



ウォークインクローゼットも使いやすい広さです。



2階ホールは洗濯物を干す場所としても活用しています。窓からは海を一望でき、夏は花火を観るための特等席になるそうです。

ご夫婦にお話をうかがいました。

家を建てることになったきっかけは?



奥さま 小さい頃から自分の家を持ちたいという憧れはありました。たまたま、母が定年を控えて引っ越しを考えていることを知り、私がフルタイムで働いており、これまでもたびたび娘を見てもらっていたので、一緒に暮らすことにしました。

家づくりで印象に残っていることは?



奥さま プライバシーや音の問題、寒さの問題など、主人や澤田社長からいろいろと話を聞き、少しずつ知識を増やしながら考えていきました。共働きだと家をきれいにする時間は限られるから、キッチンはオープンにするよりも手元が隠れるよう腰壁を付けたほうがいいなど、とくに澤田社長からは生活重視でさまざまなアドバイスをいただきました。

「4倍断熱」にもこだわったそうですね



Sさん 自分が働いている光輝建設で建てるなら、高気密・高断熱が最高性能レベルである「4倍断熱」で建てないと意味がないと思って、妻に話しました。

奥さま 「4倍断熱」の家を数軒見せていただき、室内が快適で暖かいことに衝撃を受けました。建設費は上がりますが、その分光熱費は安くなるので10年ほどで採算は合うと澤田社長からも説明を受けました。

夏にエアコンを使ったのは2度ほど。外に出て初めて、こんなに暑かったのかと思うこともたびたびありました。寒くなってきてもエアコンや灯油ストーブを短時間つければ十分暖かく過ごせています。

※4倍断熱とは※
外壁断熱厚を一般的な住宅の4倍である40㎝とする「4倍断熱」を、光輝建設では2013年から採用。トリプルガラス樹脂サッシやパッシブハウス技術なども取り入れ、独自の高断熱・高気密住宅を提案しています。

住んでみての感想はいかがですか


写真は玄関ホールの仕切り壁のニッチ。ギターアンプをイメージしたキーラック付きで、Sさんのこだわりポイントです


奥さま 帰ってきて玄関ホールからLDKに入っていく瞬間が特に気に入ってます。ここは自分の家なんだなと実感できて安心するんです。1階はLDKからホール、母の部屋、洗面室と回遊動線になっているので、娘はぐるぐる走り回って楽しそうです。娘が成長したら、彼女の好みやこだわりも採り入れながら、シンプルできれいに暮らしていきたいですね。


2022年12月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

光輝建設株式会社の取材記事

家づくり体験談 投稿募集中!