Story 取材記事

憧れのヨーロピアンカントリーをアレンジ 帯広・cubeチセ(キューブチセ)の家


西洋の古民家を思わせるヨーロピアンスタイルの住まい。無垢の木が醸し出す素朴な暖かさが持ち味の新居で初めての夏を過ごしたKさんと設計・施工を担当した帯広にあるcubeチセ(キューブ チセ)の蓑島克博社長、同社が経営するアンティークショップ「Antique cise(アンティーク チセ)」の店長でインテリアコーディネーターの末守恭子さんにお話を聞きました。


目次

アンティークが引き立つシャビーな家が理想



「ヨーロッパの片田舎に建つ使い込まれた住宅の何とも言えない味わい深さが好き」そう語るKさん。2019年春に、Kさんご一家のアンティーク小物が似合うシャビーでお洒落なマイホームが完成しました。帯広の澄み切った青空に映えるシンプルな三角屋根が印象的です。

屋根材は陰影のある立体的な質感と耐久性の高さが特徴のアスファルトシングル。2×6材を採用したツーバイフォー工法の住宅で熱交換換気を導入しています。
 



どっしりとした木製玄関ドアを開けると、中世の古城を思わせるドーム天井の玄関。居住空間に通じるアーチ型の室内ドアにはアイアンの面格子が付いています。カーテンで仕切られたシューズクロークの出入り口もアーチ型です。



「西欧の住宅に興味を持ち始めたのは海外のドラマや映画がきっかけ。」と話すKさん。
間接照明付の丸みを帯びたニッチには旅先のロンドンで購入したアンティークのガラスボトルが飾られています。

「基本的にシャビーな感じが好き。映像の世界の中でいいなと思ったものも取り入れてもらって出来たのが今の住まいです。」
 

無垢の木にこだわったノスタルジックなリビング



ホールを出ると、そこは大きな吹抜けのあるリビング。温かみのある質感の塗り壁、木製の手摺のリビング階段が趣のあるノスタルジックな雰囲気です。
おじいさまの家で使っていたレトロなちゃぶ台が西欧風のインテリアに不思議と馴染んでいます。フローリングは無垢のパイン材、窓は耐候性と断熱性に優れた木製輸入サッシを使用。

「長く、お洒落に、快適に暮らせるように、古くなったらみすぼらしく見えるものではなく、年月とともに味わいを増していくものを選びました。その方が大がかりなメンテナンスの必要がなく、長い目で見てコストを抑えられるのではないかと思います(Kさん)」。



水廻りの入り口はホールと同じアーチ型。リビングを挟み込むように配置したダイニングと洋室の出入り口も角が丸みを帯びた形状です。施工に手間のかかる曲線的な造形に住む人と造り手双方のこだわりを感じます。



踊り場付近が緩やかなカーブを描く階段もKさんの好きな場所のひとつ。「大工さんが無垢のパイン材を加工し、組み上げた昔ながらの手造りです。手間はかかりますが細かな部分まで面倒がらずにやってくれる職人さん達のおかげでcubeチセの「世界でたったひとつの家」が完成します。
 
そう語るのはK邸の設計・施工を行ったcubeチセの蓑島克博社長。無垢の木やレンガタイルなど年月とともに味わい深くなる素材を使った、こだわりの住まいを家具、小物までトータルに提案する地元・帯広の工務店です。
 



社名の「チセ」はアイヌ語で「家」という意味。アイヌの住居のように環境負荷の少ない冬暖かく、夏涼しい住まいで家族みんなが笑顔で健康的に暮らして欲しい―。蓑島社長のそんな思いが込められています。

さらに、cubeチセが得意とするヨーロピアンテイストやカントリースタイルの住宅に似合うアンティークやインテリア雑貨を提供するAntique cise(以下アンティークチセ)を10年前にオープン。Kさんも新築にあたり、同店で小物や照明を揃えました。
 



アンティークチセで選んだランプシェードやアイアンの取っ手、ペーパーホルダーを使った1階のトイレ。壁に掛けられたシャビーなミラーは古い窓枠に鏡をはめ込んで造ったものです。

「デザインも魅力でしたが、見た目だけではなく基礎や構造がしっかりしているところ、何より1度で100%満足できる家造りをしてくれるというのを聞いたことがcubeチセさんにお願いした一番の理由です。経験豊富なインテリアコーディネーターが的確なアドバイスを下さったおかげで仕上がりは予想以上。120%満足しています。(Kさん)」
 

片付けの習慣が身に付く使いやすい動線と収納



リビングの奥のダイニング。オリジナルのテーブルとベンチの向こうに扉付きの背の高い収納スペースを2つ設けています。「子供にも使いやすく、片付けの習慣が身につきました(Kさん)」。将来、物が増えた時のために「持ち物より多め」の収納を心がけています。



階段下に取り付けたのぞき穴があるアーチ型の可愛い扉。ここも収納?と思ったら、お人形やぬいぐるみがいっぱいの「ままごと部屋」でした。「子供たちが小さいうちにしてあげたかった。大きくなったら収納スペースとして使います(Kさん)」。
 

料理が楽しくなるお洒落なキッチン




水廻りにもKさんらしさが表現されています。タイル張りのキッチンは深い青がアクセント。Kさんが好きな色を使った市松模様のコーディネートです。システムキッチンの扉も家の雰囲気に合わせて木製の扉に取り替えました。

「毎年、大量の野菜をいただくため、どうしても欲しかった」という大型パントリーもあります。食材だけでなく、使わない調理器具などもここにしまっておけば出し入れが楽です。
 

ユーティリティとクローゼットをつなげて家事作業が激減



お料理好きでお部屋のディスプレイもお上手なKさんですが、意外にも、お洗濯にちょっと苦手意識があるそうです。「特に家族4人分の洗濯物を畳み、それぞれの収納場所に仕舞うのが1番大変だった」とか。

そこで生まれたのが、このプラン。カラフルなタイル張りの洗面スペースを中心に、左隣にお子さまの靴などを洗うスロップシンク付きのユーティリティ兼洗濯室、右隣のカーテンを開けると家族全員の衣類をらくらく収納できるファミリークローゼットが一直線に並びます。

「干した衣類をハンガーのまま、ファミリークローゼットに掛けるだけ。2階に運ぶ手間もなく、家事の負担が大幅に軽減しました。1階の水廻り近くに夫婦と子供2人の衣類をまとめて収納するスペースがあると、やはり便利ですね(Kさん)」。
 



ユーティリティからリビングに出られます。キッチンはもう一つある出入り口のすぐ右横。「リビングとキッチン、水廻りが繋がった回遊型の動線のおかげで家事の流れがスムーズになり、時間的にも精神的にも余裕ができました」とKさんはいいます。
 



カラフルなタイルの洗面スペースはKさんが「この家で1番気に入っている」という場所。飾り棚の棚板には古材が使われています。

「日々暮らす上で間取りはとても大事。予算を最優先しで建物が小さくなり収納や水廻りにしわ寄せがいくケースが多いようですが、当社ではできる限り、ゆとりのあるプランを提案しています。『家は三度建てないと・・・』と言われますが、高いお金を払って建てるのですから一度で満足できる家にしなければならないと思います(蓑島社長)」。
 

波型の造形を採り入れたフリースペース



階段をのぼりきると、吹き抜けを見下ろす渡り廊下に出ます。高いところが苦手なKさんのために手摺は通常より少し高めに。子供が握りやすく、造形的にも美しい手摺子の真ん中を細く絞ったデザインです。
 



渡り廊下を挟んで右側にフリースペースと主寝室、左側に2つの子供部屋を配置。吹抜けと繋がったフリースペースにはKさんご夫妻の趣味であるギターとベースがディスプレイされています。
 



吹抜けとフリースペースを隔てる低い間仕切りは波打ち際を思わせる流線形。新婚旅行先のスペインで見たガウディの建物が忘れられず、どこかにそのイメージを取り入れてほしいとお願いしていたそうです。

間仕切りの手前に造られたロータイプの本棚の上にはKさんが集めた旅先での物と一緒に、家族の写真と思い出の品が飾られていました。
 



子供部屋の前にあるニッチはそれぞれのイニシャルブロックでディスプレイ



子供部屋は遊び心と実用を兼ね備えた収納付のロフトにしてあります。
デザインは同じですがベースの色を変えることで子供達の個性が伺える可愛い仕上がりになりました。
 



外は暑くても、室内は快適!


プレイルームにさりげなく収めた省エネ性の高いドイツ製第1種熱交換換気


「住んでみて『失敗した!』と思ったところが1つもない快適な家。猛暑続きの今年の夏も夜、窓を開けて涼しい空気を室内に入れ、昼間は閉め切っておけば、シーリングファンと扇風機で気持ち良く過ごせます(Kさん)」。

5月に帯広で38℃という猛暑を記録した日も、室内に居たために外の暑さに全く気づかなかったとか。「逆に肌寒い日も少し暖房すればすぐに暖まります。居心地よすぎて出不精になりそう(笑)」。

木のぬくもりに包まれたリビングで、おじいさまから受け継いだちゃぶ台を囲み、家族そろってテレビを見ながら夕食をとるのがKさんの新しい休日の過ごし方です。
 
 

アンティークをもっと身近に~アンティーク・チセ


アンティーク・チセ 営業時間11:00~18:00 営業日;木・金・土(日~水はお休みです)



K邸に向かう前にcubeチセが経営するアンティークショップ「アンティーク チセ」(帯広市西20条南5丁目2-6、TEL0155-67-4811)におじゃましました。



cubeチセのインテリアコーディネーターである末守恭子さんが店長を勤める同店。欧州各地のアンティーク雑貨が豊富に揃っています。「イギリスのものが中心。古い物を大切に使うお国柄で蚤の市も盛んなため良い物が見つかります」と末守店長。
 



お店の奥にはこれから家を建てる方にも見てもらえるようタイル張りのキッチンカウンターが。店内で照明やインテリアを選んでいただいたり、ここで住宅の打合せをすることもできるようになっています。

「アンティークは高価な物というイメージをお持ちの方が多いようですが、お求めやすい価格帯の実用的な物もたくさんあります。本来の用途と違う使い方が出来るのもアンティークの楽しさ。身近な物として生活に取り入れていただけたらと思います(末守店長)」。
 

記者の目


アンティーク・チセの店内にて


職人の技を駆使した曲線的な意匠と無垢の木のぬくもりが心に残るお住まいでした。古い建具や古材を再利用したシャビ―感のあるインテリアもヨーロピアンカントリーの住宅に実績のあるcubeチセさんならではのきめ細やかな提案。マイホームに合うアンティークをお店で相談しながら手に取って選べるのも地元の方にとっては嬉しいですね。

2019年12月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

株式会社cubeチセ(キューブチセ)の取材記事

十勝の取材記事