Story 取材記事

北海道・上士幌でピザとキャンプを楽しめるお宿「咲色~sairo~」


北海道が大好きで、2021年に上士幌町に移住したAさん夫妻。2022年、キャンプステイのできる宿兼ピッツェリアである「咲色~sairo~」の開業を目指して、一面に広がるトウモロコシ畑と牧草地の中にこの建物を建てました。夢に向かって走るご夫妻にお話を伺ってきました。

外観はフランス・アルザス地方の木組みの家をイメージ



十勝でも有数の景観地、ナイタイ高原。A邸はここから車で10分ほどの場所にあります。オーナーご夫妻は関西出身で、家の完成と共にこの地へ移住してきました。



施工は帯広市のcubeチセ。外観はフランスのアルザス地方の村、コルマールの家のイメージです。

「遠くの道路からも綺麗に見えるようにデザインしてもらいました。雰囲気を壊さないよう、電線も地下に埋めています」(ご主人)

悩んだ外壁の色は大好きな動物、キツネの色に。敷地内の林の中には1日2組限定のキャンプフィールドが作られ、2022年からの営業に向けて準備がすすめられています。

おもてなしのスペースは雰囲気を大切に



やわらかな曲線を描く壁とアーチ型の扉が目を引く玄関。こちらの玄関とトイレ、LDKは食事や宿泊のお客さんも利用するスペースと共有です。細部まで雰囲気づくりに力を入れました。



訪れた方に「(非日常の)世界に入ってほしい」とコンセントや空調の位置を工夫、生活感を排したLDK。印象的な塗り壁はローラーで色をつけてから拭き取った、ムラのある仕上げです。



スイッチは木製プレートのトグルスイッチをセレクト。



薪ストーブはノルウェーのJØTUL(ヨツール)のものです。内装のタイルなどは、インテリアコーディネーターでもある担当の末守さんと数多くのサンプルを見ながら決めました。



奥様のセンスで全体的に「可愛い」スタイルになったという家の中で、ご主人が力を入れたのがキッチンです。



可愛らしさの中に無骨さも加えたデザインに「調理中もテンションが上がります」とご主人。壁面の「見せる収納」も目に鮮やかで、食事をするお客さんにとっても心浮き立つ空間となりました。

生活を細やかに想定したプライベートスペース



家族用スペースの造りは何度も生活をシミュレーションしてデザインしました。造作の洗面台は奥様がお化粧をするのにちょうどいいよう、鏡をせり出した形で設置。「ちょっとの差ですが、使いやすさが全然違うんです」(奥様)



洗面所の扉には大きな姿見をつけました。



大容量の食品庫。近所にスーパーがなくても安心です。



二階の主寝室は屋根の傾斜を活かした天井。落ち着いて眠れるシンプルな空間になっていました。

誠実な対応に「遠距離でも不安なかった」

室内を見せていただいた後、詳しいお話を伺いました。



移住前は大阪に住んでいたお二人。この場所との出会いについて教えてください。

高校時代の北海道旅行で自然の雄大さに圧倒され、いつかは北海道にとずっと思っていました。

転機は上士幌町が行っている移住体験事業への参加。担当者の方がとても親切で、この土地も地元の不動産会社さんが半年かけて探してくれたんです。ここで生きていきたいと心が決まりました。



準備をすすめているキャンプスタイルのお宿とピザのお店はどんな場所になりそうですか?

「北海道でキャンプしたい!」という本州の方は多いのですが、テントやシュラフなど大きな荷物を考えるとハードルが高いんです。そんな方も気軽に北海道の自然を満喫できる場所にしたいと考えています。

ピザは十勝産、上士幌産の素材を活かしたいです。ここは食材の宝庫で、近所にはチーズ工房もあるんですよ。今は地元の素材探しと試作を重ねています。



住宅会社選びをしたのは移住前。どのように進めたのでしょうか。

インターネットで住宅会社を探し、デザイン重視でログハウスなども含め探しました。色々な住宅会社と連絡をとった中で、遠方からの問い合わせでも一番親身になって話を聞いてもらえたのがチセさん。メール越しでも誠実な対応が伝わってきて、信頼できると感じました。



cubeチセとの家づくりはどうでしたか?

チセさんはヨーロッパの家に詳しく、外観を参考にしたコルマールという町も担当の末守さんが実際に行ったことのある場所と聞いて驚きました。インテリアについては信頼してお任せした部分も多かったですね。遠距離でしたが連絡は密にとっていましたし、一回一回の打ち合わせの内容が充実していたので不安はなかったです。



移り住んで2ヶ月ですが、住み心地は。

どこを見ても「可愛い」と思える家に仕上がってとても満足しています。玄関のアール壁(曲線の壁)などデザイン上の難しい要望も叶えてもらえ、この家に暮らせる幸せを噛みしめています。2022年にお客様をお迎えするのがとても楽しみです。



【記者の目】
移住と起業を同時に行うというチャレンジを自然体で楽しんでいるお二人。ご自宅も一歩入った瞬間に「歓迎されている」と感じられるような、温かさに満ちた場所でした。
お宿とお店の情報はこちらのWebサイトでも確認できます。ぜひお二人のこれからをチェックしてみてください。
旅とピザとお宿 咲色~sairo~


2021年10月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

株式会社cubeチセ(キューブチセ)の取材記事