Column いえズーム コラム

快適キッチンのミカタ【連載1】ララプラスキッチン代表 阿部 美子さん


※この記事は北海道住宅新聞の「快適キッチンのミカタ」という連載記事を転載しています。北海道住宅新聞はこちら

はじめまして。キッチンアドバイザー阿部美子です。
ご縁をいただき、今回から ①身体的 ②心理的 ③安全性 ④衛生的 ⑤空間 の5つの視点から多彩な切り口で「快適キッチンのミカタ」をお伝えしていきます。


お客様の笑顔につながるキッチン選びのノウハウをお伝えしていきます(写真はイメージ)


キッチンを選ぶときの気持ちはずっと残ります

家づくりの中でキッチン(台所)は毎日使う場所であり、家族の生活を支える空間です。

またキッチンは音、空気、水、火、電気、ゴミ、においなどの環境問題が集まる唯一の空間であるため、“安全に衛生的にどう使うのか”が大事です。

私は以前、住宅機器メーカーの水回りショールームで、約10年勤務してお客様のキッチンをカタチにするお手伝いをしてきました。
お客様が抱いている生活へのあこがれや家族への想い、男性営業マンにはなかなか生活実感が共有されない等のお気持ちを伺っていく中で、「キッチンを選ぶときの気持ちはずーっと残る」ことを教えられました。

あるとき、「あなたは私がキッチンをどう使えばいいのかだけを教えてくれているね」と言われ、商品説明ではなく生活提案がお客様の気持ちに響くことに気づきました。さまざまなシーンでのキッチン提案を行うと、お客様とともにキッチン生活を疑似体験しているようで楽しくてしかたありませんでした。

また、あるご婦人には「キッチンに立つたびにあなたを思い出して幸せな気持ちになる。どんな高価なキッチンよりも誇りが持てる」と言っていただきました。
この言葉が、“キッチンから幸せな人をたくさんつくりたい!”と思うきっかけになり、キッチンに特化したキッチンアドバイザーとしての原点になりました。
 
お客様にとっての暮らしが心豊かに、家族の笑顔につながるために、生活実感に寄り添ったキッチンの奥深さと楽しさを次回から具体的にお伝えしていきます。
次回記事はこちら 第2回 ヒューマンスケールを知る


阿部 美子さん:ララプラスキッチン代表

住宅設備機器ショールームに勤務した8年半で約1000組のキッチン提案を行い、2007年ショールーム営業部門で全国第1位を獲得。社長表彰を受ける。2012年に全国初、唯一のキッチン空間に特化したキッチンアドバイザーとして活動を開始。

公式サイトはこちら

連載一覧
第1回 キッチンに立つたびに幸せな気持ちになる
第2回 ヒューマンスケールを知る
第3回 キッチンの高さを決める作業点
第4回 キッチン空間のハインリッヒの法則
第5回 会話の見える化で快適キッチン提案
第6回 つい、見落としがちなキッチン空間のポイント
第7回 体にやさしいLDKのつなぎかた
第8回 忘れたころにやってくる・・・キッチン機器のコスト
第9回 高齢化対応キッチンと車椅子対応キッチンのちがい
第10回 使える話題‼️ オープンキッチンと女性の社会進出
第11回 宙に浮く「フロートデザイン」が人気の理由
第12回 「料理」を家事として見た時のキッチン選び

2021年05月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

探したい地域はどちらですか?