Story 取材記事

美味しいソフトクリーム専門店「ミルクマスタッシュ」 札幌市南区簾舞


札幌市南区・簾舞の豊かな自然に囲まれたソフトクリーム専門店「ミルクマスタッシュ」。2021年5月に開業してから、ふわふわでなめらかな食感のソフトクリームが話題を呼んでいます。



同店の看板メニューは、ピスタチオ味のソフトクリーム。西興部村の生乳やイタリアのシチリア島から取り寄せた高品質なピスタチオなどを使用、添加物を一切使わないなど原料のこだわりに加え、カルピジャーニ社製最高級サーバーを導入することで、空気を含んだふわっとした舌触りと、冷たい食感でも頭が痛くならない仕上がりを生み出しています。

ソフトクリームと薪を販売するお店「ミルクマスタッシュ」



ミルクマスタッシュは、真駒内駅から定山渓方面へ車で約15分の距離にあります。近くには果樹園があり、札幌市街地とは異なる自然に囲まれたのどかなエリアです。

お店へ到着すると、真っ先に目に入るのが駐車場前に置かれた大きな看板。“Milk Mustache(牛乳ひげ)”という店名の通り、看板にはソフトクリームで口の周りが白くなったポップなキャラクターが描かれています。



自宅と店舗を兼ねた平屋の建物は、すぐ後ろに森が望める立地にあります。外壁は森の雰囲気に合うように、奥さまが何度も色見本を見てお気に入りの色を選びました。

お店の前には白樺の薪が置かれていますが、これも商品。キャンプが好きなお客さんたちが購入することが多いそうです。



ご夫婦は「当初はソフトクリーム店を始める予定はなく、ホクシン建設と家づくりの話をしているうちに、そのアイデアが湧いてきました」と語ります。

奥さまはパティシエの資格を持っており、ご主人も飲食業の経験があったそう。ご夫婦の “2人で飲食店を始めたい”という将来の夢実現に向けて、自宅をソフトクリーム専門店として活用することに踏み切りました。

設計施工を手がけたのは、15人の自社大工を有する丸三ホクシン建設。大工をはじめとした職人と設計企画スタッフが、お客さんと一丸となり家づくりを行っています。自然素材を活かした住宅にこだわりがあり、キッチンや収納、家具などを、社内の大工や信頼できる職人の手で叶えられるのが特徴です。

今回は、Tさんご夫婦に家づくりと店舗づくりへの想いを伺いました。

自然素材を活かした明るいリビング



室内へ入ると、高窓から明るい陽射しが。リビングは無垢材のニレ床が広がるナチュラルな空間となっています。天井の梁、テーブルや椅子などの家具に木材がふんだんに使われています。



洋室はリビングとつながる形で仕切りがないため、就学前の2人のお子さんたちは広い室内を駆け回るように遊べます。今後お子さんたちが大きくなったら、扉をつけて個室にすることも可能です。



土間には、ドブレヴィンテージ50の薪ストーブ。丸みがありコンパクト、シックで高級感が抜群です。過去に室内が寒い家で暮らした経験のあるご夫婦は「断熱性能の高さと薪ストーブで家が暖かくなった」とうれしそう。

バルコニーには、お子さんたちが外で思う存分遊べるようにと約10メートルの大きなウッドデッキを付けました。




薪ストーブの横には、ご主人が仕事をするためのデスクを設置しました。窓際のデスクからは庭を眺められ、森の風景に癒されることも。また、外で遊ぶお子さんたちの様子も目に入ります。

キッチンは、モールテックス仕上げ。使い勝手の良い造作収納



キッチンからはリビングとダイニングを見渡すことができ、料理をしながらでもお子さんたちの様子がすぐにわかります。



キッチンの廻りははモールテックス(モルタル造形塗料)で仕上げていて、コンクリートのような質感がポイントです。

Q土地探しは?



夫婦2人ともキャンプが好きで、景観が良い家に住みたいと考えていました。近隣を車で巡って一生懸命探しました。簾舞は、キャンプ好きの自分たちが望んでいた自然豊かで理想的な環境と広い土地がありました。

Q住宅会社選びはどのように?

インターネットで、特に高気密・高断熱の住宅にこだわりながら探しました。丸三ホクシン建設もインターネットで知り、家の雰囲気が私たち夫婦の好みに合っていたので興味を持ちました。

実際に首藤社長と話してみて、社長が持ってきてくれた図面が私たちの理想とする間取りに合っていたのが、同社を選んだ一番の理由です。ホクシンなら、自分たちの理想を実現できそうだなと感じました。

Q住まいの要望は?

“子どもたちがのびのびと暮らせること”です。広いウッドデッキも裏庭も、子どもたちが快適に過ごせるようにという想いから。札幌の街中とは違い、安心して外で遊べる環境が手に入りました。

内装も家づくりで重視したポイントです。特にキッチンについては施工管理の小林さんとよく話し合い、ナチュラルな木の内装に合うシックなモールテックス製を選びました。家具や棚なども、統一感を持たせるように造作していただきました。



Q 最後に一言



簾舞は、藤野などに買い物に行けますし、札幌郊外ですが快適に暮らせます。お店もたくさんの方が来てくれて、1日420名の方が来てくれたこともあります。快適な住まい、そして脱サラしてお店もいいスタートをきれたり、願っていたことが叶ってとても嬉しいですね。

ミルクマスタッシュ インスタグラムページはこちら
https://www.instagram.com/milk_mustache2021/
4月~11月 不定営業
(5月~10月 不定休)
※営業日につきましては
インスタグラム・グーグルでお知らせ


2021年11月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

株式会社丸三ホクシン建設の取材記事

家づくり体験談 投稿募集中!