Story 取材記事

「素材を感じる住まい」札幌西区山の手のオープンハウスが大好評

内覧会は住まいづくりのヒントがいっぱい

丸三ホクシン建設のオープンハウスには、憧れのマイホームのヒントを得ようと毎回多くの見学者が訪れます。2015年4月29日。札幌市西区山の手で開催されたオープンハウスには1日で15組の方々が来場しました。

hoku201504301.jpg

外観はシックな装い。2台分の車庫スペースも確保しています。隣家は4階建てのため設計上は採光が一つのポイント。リビングに吹き抜け、階段にも大きな開口部を設け1階の明るさを確保しました。
hoku201504302.jpg

道路からリビングの中が見えてしまわないようにルーバーで目隠しをした中庭を設けました。

hoku201504303.jpg

ホクシン建設の首藤社長や兼田さん、奥村さんが来場者のさまざまな質問に応えています。木製サッシや薪ストーブ、珪藻土、浮造りの床材など素材に関する質問や、大工さんが作った本棚やカウンター。さらには住宅ローン、土地探し、次回の内覧会の予定など様々な質問が寄せられていました。

hoku201504304.jpg

吹き抜けから明るい日差しが差し込むリビングとキッチンにはオーナーの要望がたくさん盛り込まれています。トライアスロンが趣味のご主人がロードレーサーを置く大きな土間。リビング中央に鎮座する薪ストーブは、背後の壁に江別の米澤煉瓦株式会社がレンガ製造窯を解体した際に保存したレンガを採用し質感を高めました。

hoku201504305.jpg

床は杉材の浮造り。厚みのある杉に適度な凹凸があり、足触りが何ともいえない温かさとフィット感をもたらしています。壁は珪藻土入りのアスウォールライト。木製サッシやオーダーのキッチン、大工さん手作りの収納などの質感が居心地の良さを高めています。

hoku201504306.jpg

家事と仕事の両立を踏まえキッチンスペースの横には奥様の書斎も。目の前には桜が咲き誇っていて見学者たちも思わずうっとり...。ホクシン建設のオープンハウスを何度も訪問してマイホームのプランを具体化させていく方が多いというのも納得できる見どころいっぱいの住まいでした。

2015年05月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

この記事もおすすめ

札幌圏の取材記事