Column いえズーム コラム

高窓(ハイサイドライト)のある住宅


高窓(ハイサイドライト)のメリットとデメリット

高窓(ハイサイドライト)は、壁面の高い位置に配した窓のこと。天井に付ける天窓(トップライト)​よりも費用やメンテナンスの面でも採用しやすいことから人気の高い窓デザインです。​

メリットとしては、
・高い位置から光を確保することで室内の奥まで広範囲に光が届く
・プライバシーを確保しながら採光が得られる
・開放感を演出して室内を広く感じることができる
・吹抜の壁に付けると、雲の流れや月や星空など、空の様子が眺められる
・外観・空間デザインのポイントになる
・開閉式の窓にすると通風を確保することができる
といった効果が期待できます。

一方でデメリットとしては、
・高い位置にあるので掃除がしにくい
・隣家の2階窓の位置によってはプライバシーが確保しにくくなる
・付けすぎは気密の面で性能が下がる心配がある
・太陽光が入りすぎると室温を上げる原因にも
といった懸念点があることもおさえておきたいところです。



高窓の具体的な事例

具体的な事例としては
・テレビを配置する壁面に採光窓として採り入れる
・腰窓を付けにくい天井高(例えばロフトなど)の空間に採用する
・プライバシーを確保したい個室や、寝室のベッドヘッド側に配置する
・洗面化粧台の上部に配置して光を採り込む
・家族の気配が感じらるよう、部屋と部屋の仕切り壁に室内窓として採用する
・庭木の緑を眺める額縁のように設計する
など、さまざまな採用方法があるようです。

室内の印象を大きく変える高窓(ハイサイドライト)。
メリット・デメリットを知った上で、上手に家づくりに採り入れた実例をいえズームの取材事例からご紹介します。

子供部屋に高窓を 石狩市/笠井啓介建築研究所



こちらはお子さんのお部屋。
窓が高い場所に設置されている(高窓)ため、部屋の奥まで採光が届く上、外からの視線が入ってこない=カーテンが不要というメリットもあります。

記事全文はこちら デザイン+予算+要望を満たす札幌のおすすめ建築家/石狩市K邸

テレビの配置を考慮した高窓 札幌市/ブレイン札幌



リビングのテレビスペースはこんな感じ。「ソファに座ると、吹き抜け窓から雲が流れる様子を眺めることができ、とても気に入っています」と奥さま。
「隣接する建物との兼ね合いを考え、設計上一番配慮した点でした」と佐藤社長。
テレビの配置やプライバシーに考慮した高窓の窓台には季節の雑貨を飾って楽しんでいます。

記事はこちら 光熱費の安さに感激!2階も床暖房の省エネな家 札幌市K邸/ブレイン札幌

高窓から星を眺められるリビング 清水町/外城建設



屋根形状を活かした梁のないデザインはご主人の希望で、「天井をつくるのはとても大変そうでしたが、梁を無くしたことで高窓から星空を眺めることもでき、正解でした」とご主人。

記事はこちら 建て替えで介護も可能な三角屋根の平屋に 清水町/外城建設

ハイサイドライト(高窓)で明るいリビングに 札幌市/ブレイン札幌



「室内はあまりモノを置かず、すっきりとした空間にしたい」と要望したご夫妻。リビングルームはホワイト系の壁クロスと淡い色合いの木調フローリングで開放的に、ネイビーカラーのアクセントクロスが空間を引き締めています。

壁掛け式のテレビは、ブレイン札幌の提案で壁をふかして、配線などが見えないように設置しました。上部には横長のハイサイドライト(高窓)も設けて明るい光を採り入れています。

記事はこちら 遠赤外線床暖房でスマートな暮らしを実現 札幌市Z邸/ブレイン札幌

ハイサイドライトからお互いの気配が感じられる2世帯住宅 札幌市/白田建築事務所



LDKはキッチンがメイン。背面のハイサイドライト(高窓)の向こうには親世帯のLDKがあり、互いの気配が緩やかに感じられる造りです。白田さんに設計のポイントをお聞きすると、採光を確保する窓、景色を切り取る窓、プライバシーに配慮した窓など、必要な位置に必要な窓を配置することが一番難しかったといいます。

2階ホールの吹き抜け窓から入る光は、ホールや階段室のほか、ハイサイドライトから寝室にも届く設計。階段室の細長の窓など、デザインにもこだわっています。「出来るだけ高い位置に窓を付け、そこから全体に光が行き渡るようなイメージで設計していきました」と白田さん。
記事はこちら 札幌で一人暮らしを楽しむ完全分離二世帯住宅/白田建築事務所

階下まで光が届くロフトのハイサイドライト /札幌市 SUDOホーム



片流れの屋根で、ロフトのある家をオーダーしました。「夫婦それぞれ趣味を楽しめるスペースがあること」「明るいこと」「間仕切りが少なくて開放感があること」が主な要望でした。

ロフト部分のハイサイド窓から光が差し込み、傾斜のある白い天井に反射して、階下まで光が届くようになっています。
記事はこちら それぞれの趣味を楽しむ・つながる、シニア夫婦の家/札幌 SUDOホーム

ハイサイドライトで収納と明るさを両立 札幌市/アシストホーム



Sさん邸の1階リビング・ダイニングはウォルナットの無垢(むく)フローリング。造作のテレビボードやその上にある飾り棚もウォルナットカラーでシックに。

収納を確保し、家具の配置に配慮しながら室内の明るさを確保するため、高い位置に横長のハイサイドライトを設置。まわりの家からの視線を気にする必要もありません。
記事はこちら 三角屋根に白のラップサイディングのおうち 札幌市北区S邸

プライバシーを確保しつつ光を採り入れるユーティリティー 札幌市/プルーデンスの家



プライバシーの確保が絶対条件のユーティリティーに高窓を採用する例は多く見かけます。そんな中でも素敵な一例がこちらです。

ハイサイドライトから光が注ぐ広々とした洗面室。爽やかなミントグリーンの洗面化粧台はワイドサイズで、収納も豊富です。「洗面室は広くして、洗面台は2人並んで使えるサイズにしました」。アーチ型の出入口越しに見える白い建具はトイレのドアです。廊下に面したトイレの壁に、ガラスブロックを1カ所あしらっています。
記事はこちら ロマンチックでかわいい家 札幌市H邸/プルーデンスの家

窓に映る緑を切り取る絵画のような高窓 札幌市/北渡建設



リビングはバリのリゾート風にコーディネート。ウォルナットの床材や、天井の間接照明が寛ぎの空間を演出しています。向かって正面のコーナーは将来アップライトピアノを置く予定なのだそう。

横長のハイサイドライトは老川さんが設計の段階でこだわったポイントの1つ。絵画のように窓に映る緑を楽しむことができ、採光の役割も果たしています。

記事はこちら 南国リゾートをイメージしたホテルライクな邸宅/北渡建設/札幌市南区

高窓(ハイサイドライト)の実例についてご紹介しました。いえズームでは下記の「いえズームコラム」一覧から、さまざまな切り口からまとめた実例集をご覧いただけます。是非参考にしてみてくださいね。

2021年07月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

探したい地域はどちらですか?