Story 取材記事

釣りを楽しむ夫婦がつくった北欧テイストの家 札幌市西区/K邸


マイホームは多くの人にとって一生に一度の大きな買い物です。終の棲家になるかもしれない住まいですから、さまざまな要望を叶えたいと考えるオーナーは多いと思います。

恵庭の住宅会社(株)キクザワが手掛けたKさんのお宅は、オーナーの要望を反映しながら、住宅のプロならではの提案が光る一棟です。Kさんご夫婦と、キクザワの金谷常務に家づくりについてお話をうかがいます。

北欧テイストのシンプルで温もりのある住空間



札幌市西区の、川や緑に囲まれた自然豊かな住宅地にKさんのお宅は建っています。外観はホワイトのガルバリウムに明るい木目調のサイディングを使ったシンプルモダンな佇まいです。

向かって左手にはカーポートが付いています。カーポートの上は、ご夫婦たっての希望だった広いバルコニーになっています。



リビングには大きな吹き抜けがあり、高窓から日差しが入る開放的な空間です。床材には天然木を使用した複合フローリング材を採用し、壁は珪藻土の配合された石膏プラスター仕上げ。天然素材の心地よさが室内全体に広がっています。



間接照明を施した下がり天井がオシャレなダイニング・キッチン。

キッチンは正面のカウンターと、4人掛けのダイニングテーブルに囲まれた造りです。カウンターはKさんがお酒を飲むときに座って雰囲気を楽しんでいるそう。今後、おもてなしのスペースとしても大活躍しそうです。



明るい木目とホワイトで統一したキッチン。収納はキクザワの造作によるオリジナルです。



リビング横には小上がり風の畳コーナーも希望しました。桜色の壁紙はお雛様を飾ることを想定して選んだもの。縦位置に配した間接照明が空間に奥行きを与えています。

広いバルコニーを備えた2階



2階ホールの突き当りにはカーポートの上を使ったバルコニーがあります。14畳の広さがあり、床一面に道南杉のウッドデッキが敷き詰められています。

Kさん 2階ウッドデッキはバーベキューをするために希望しました。煙が上に向かって広がるため、近隣への迷惑になる心配もなく、人目を気にせずにバーベキューを楽しめて、大正解でした。



2階には、ヘリンボーン調のブルーグレーのアクセントクロスが目を引く主寝室のほか



ホワイトで統一したお子さまの個室が2部屋用意されています。

アウトドアが満喫できる収納と動線を確保

ご夫婦の共通の趣味はアウトドア。Kさんは特に釣りが好きで、釣り道具やキャンプ道具を収納するための専用室を希望しました。通称「釣り部屋」と呼んでいます。



土間仕上げの釣り部屋はカーポートとダイニングにつながっていて、釣ってきた魚をキッチンに運び入れるのにも便利な動線になっています。



シャワースペースも付いていて、使った道具や長靴などを洗うことができます。

Kさん  釣りをすると砂や泥で靴やウェアが汚れるので後片付けが大変で、賃貸住まいの仲間も苦労している人が多いのですが、我が家はここやカーポートを使って全部キレイに片づけることが出来るので、とても助かっています。

奥さま 夫婦共にアウトドアが好きで、子どもができてからでも車中泊などを気軽に楽しんでいます。そのため、後片付けがしやすい空間は本当に助かります。

家の中だけでなく、外とのつながりも含め、アウトドアライフを気兼ねなく楽しめるキクザワの提案が光ります。

子育てのしやすさに配慮したゾーン配置

3歳と1歳の娘さんがいるKさん宅は、子育てのしやすさに配慮した間取りも魅力です。



玄関は、レッドシダーの羽目板をアクセントにあしらい、ぬくもりある空間に。



土間続きには引き戸で仕切ることができるシューズ・クローゼットを備えています。靴やコート類、ベビーカーなどお出かけ用品がきれいに収まる広さです。



玄関ホールから直行できる場所に手洗いを備えました。

Kさん コロナ以降だったので、生活空間に入る前に手洗いやうがいができる動線を希望しました。



引き出しの付いたキクザワ・オリジナルの洗面化粧台。グレーのサブウェイ・タイルも素敵です。



奥さまお気に入りの(北欧柄の)カーテンを下げたキッチンからは、窓を介して庭を眺めることができます。

奥さま 子どもたちが成長し、庭で遊ぶようになった時にも、キッチンから様子を見守ることができるようにお願いしました。ダイニングへの配膳にも便利ですし、物を取りに行くにも動きやすいので使い勝手がとても良いです。



浴室は1.25坪の広々サイズ。当初は1.5坪で考えていたそうですが、これでも十分に広いと決断したそう。お子さんとの入浴の際にも余裕がありそうです。

ご夫婦にお聞きします

Q 依頼の決め手は何ですか?

Kさん 釣り仲間にキクザワさんで大工をやっている田中さんがいるんです。色々調べていくほど何が良いのかわからなくなってきて、田中さんに相談しているうちに、信頼できる人に建ててもらうのが一番だと思い、お願いすることにしました。


断熱気密もしっかりしているから、どの部屋も同じ温度で快適だという


Q 土地はどのように探しましたか?

奥さま 毎日インターネットを検索して探しました。札幌市内は条件の合う土地がなかなか無くて、とても苦労しました。

下の子が生まれることもあり、小・中学校やバス停が近い場所で探しました。庭が道路に面していないので、外遊びをさせる時も安心ですし、結果的に良い場所を購入することができたと思っています。

金谷常務 余裕のある広さの土地なので、建ぺい容積にも極端な制限がかからず、建物に自由度が増しました。カーポートを組み込むこともできたし、カーポートを介して裏庭に回る動線をつくることもできました。

Kさん 釣りの後に道具に付いた砂を払ったり、冬の雪かきなどでも、この動線があることでとても便利です。

Q こだわりポイントを教えてください。



Kさん 吹抜けのあるリビング、畳コーナー、テレビボード(背面)のレッドシダー、バルコニー、釣り部屋などです。2階のバルコニーも希望でした。いつか友達を呼んでビアガーデンをやりたいです。

奥さま 庭に面した広いキッチンを希望しました。夫婦とも背が高いので、キッチンの高さは一番高いサイズになっています。

吊り収納は低めに設置したほうが使いやすいと金谷さんにアドバイスをもらいましたが、大正解。使いやすく、上部が空間になっているデザインもオシャレで気に入っています。

Q 家づくりをふりかえって

Kさん 優柔不断で決め直しが多く、金谷さんには迷惑をかけましたが、たくさんアドバイスをもらい、話し合って何度も検討したお陰で、納得のいく家になり、感謝しています。



金谷常務 ご主人がご帰宅後、ご自宅での夜の打合せが多く、お子さんたちにも協力していただきました。忙しくてもご夫婦が揃って打合せに参加し、お二人の意見を同時にいただけることがとても有難かったです。みんなが満足できる、やさしさいっぱいの、居心地の良いおうちになりました。

「またもしこの先に『もっとこうしたほうが良かった』と 思う事があったとしても、『あんなに考えたんだから、やっぱりこれで良いと思えるに違いない』と納得できると思います」と話すKさんご夫婦の言葉に、オーナーの要望に真摯に向き合い、ベストなプランにつなげるキクザワの傾聴力・提案力の高さを感じた取材でした。


2021年12月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

株式会社キクザワの取材記事