Column いえズーム コラム

書斎&男の隠れ家


家を建てる時に男性が希望する空間として圧倒的人気なのが書斎

マイホームを新築する時、男性から圧倒的人気なのが書斎スペース
家族との時間も大切だけど、
・日々の仕事の疲れやストレスから解放されて、自分だけの空間でゆっくりと本を読んだり趣味に没頭したい
・コレクションしているミニカーやフィギュアなどをキレイに飾れる空間がほしい
・家の中でも集中して仕事ができるテレワークができるスペースがほしい
など、自分時間を満喫するプライベート空間としてや、仕事部屋、趣味部屋としての要望があります。
コロナ以降、テレワークが増えた今日では、「書斎があってよかった」といったオーナーの声を聞くことがとても多いです。

趣味を満喫するための「男の隠れ家」

もっと趣味に特化した男の隠れ家をつくるという方法もあります。IEZOOMも過去に
・DJプレイのスタジオ
・ギターのディスプレイと演奏を楽しむ専用スペース
・大好きなブリティッシュ・ロックを聴く音楽鑑賞部屋
・アウトドアギアを収納したカリフォルニア系の車庫に小部屋を造作
などなど、とことん趣味の時間に浸ることが出来る「男の隠れ家」をご紹介しています。

今回はこうした過去の取材事例から「書斎&男の隠れ家」をまとめてご紹介します!


目次

ご主人の書斎は防音DJスタジオ?!  帯広市U邸/カントリーヴィレッジ



2階にはU邸ならではのお部屋があります。それは2枚の扉で防音機能をもたせた、ご主人のDJスタジオです。

趣味でDJをされているというご主人。計画当初から関係機材を収められる書斎の実現を希望していました。気になる防音性能はというと、2枚の扉を完全に閉めてしまえば隣の部屋にいてもほとんど音が気にならないレベル。天井の勾配が音を反響し、厚みのあるサウンドに聴こえるところもお気に入りです。



レコードを収納する棚はもちろん造作。レコード店などで見るような引き出し型で、収納とディスプレイを兼ねています。

「この部屋に入ると出てこられなくなっちゃうんですよ(笑)」とご主人。ずっしりとした機材と大量のレコードが詰まった室内は、照明やコードの収納なども男性的なセンスで統一。隠れ家のような心ときめかせる空間となっていました。
記事はこちら 男前カントリー&防音スタジオの家/帯広市U邸 カントリーヴィレッジ

ご主人が趣味を満喫するためのガレージ 旭川/アーケン



カルフォルニア系デザインのガレージが欲しかったご主人。アーケンの藤原社長に相談し、旭川の積雪荷重にも耐える、しかもデザインの良いガレージを購入しました。スノーボードやスキーなどのアウトドア用品は壁に設置、保管できます。自転車やキャンプ用品も壁に掛けられます。

そしてこのガレージの奥には部屋があります。ガレージ内部に、木造で小屋を作ったのです。好きなスポーツのグッズなども並ぶお気に入りの空間です。仕事でも趣味でも、ものづくりや整備が好きで、このガレージは、それを満喫できる空間なのです。
記事はこちら 後編 楽しいガレージライフ&インテリア水槽 元断熱職人のこだわりご自宅ご紹介/旭川・アーケン

書庫のような書斎 帯広市K邸/プラスワイド



ご主人の書斎には「書庫のように」というリクエストどおり天井まで続く大容量の本棚が。社長の用意したたくさんのイメージ画像の中から好みに合うスタイルを探したそうです。
記事はこちら 外観・吹き抜け・書斎のデザインに納得/帯広市K邸 プラスワイド

ギター演奏や音楽鑑賞を楽しむ防音の書斎 札幌市Eさん/イネスホーム



ギター演奏や音楽鑑賞を楽しむご主人専用の書斎は、防音を施した室内にたくさんのCDや書籍が収まる可動棚とデスクを造作しています。
ブルーグレーの壁紙と木の温もりを生かした部屋は、特別な時間を過ごすのにぴったりです。
記事はこちら 無機質×木で叶えたシックで機能的な住まい 札幌市E邸/イネスホーム

懸垂バーのある書斎 Tさん/イゼッチハウス北海道



階段をのぼるとインナーテラスがあります。南の方向に面した大きな窓から明るい光が入り込むくつろぎの空間。その奥に見えるのはご主人の書斎です。奥行きのある小さな書斎は、集中して作業をするのにぴったり。ご主人の希望で壁の下地を補強し、懸垂バーを設置。リフレッシュと体力づくりに役立っています。
記事はこちら 愛犬と暮らすドッグランのある家/イゼッチハウス北海道

2階ホールの一角にある書斎 帯広市Tさん/カントリーヴィレッジ



2階ホールの一角にあるTさんの書斎。Tさんは2階の書斎で仕事をすることも多いそうですが、奥さまはほぼ1階のみで生活しています。
記事はこちら 20社から選んだ工務店。ナチュラルモダンの家/帯広市Tさん/カントリーヴィレッジ

書斎を兼ねたフリースペース 帯広市M邸/cubeチセ



階段を上りきった場所はフリースペース兼書斎になっています。オープンな方が色々な用途に使える、とあえて壁などで区切らず家具も置いていません。書斎では静かに本を読むほか、パソコンを使ったり勉強をしたりと誰でも使えるスペースです。本好きのご主人のため、天井まである本棚を造作で作りました。
記事はこちら 家族みんなで料理&ミニバレーもできるカントリーの家/帯広市M邸 cubeチセ

快適な書斎でリモートワークに集中 札幌市Iさん/リビングワーク



深いブルーのアクセントクロスが映えるご主人の書斎。趣味のクロスバイクが置かれた室内にはパソコンの作業がしやすい広めのカウンターと棚があり、テレワーク期間中も家族に気兼ねせず、仕事に集中できます。

こんなお洒落なワークスペースがあれば、リモート会議で自宅の様子がモニターに映り込んでも平気でいられそう。
記事はこちら 2つのファミリークロークがある北欧モダンな家 札幌市・Iさん/リビングワーク

自分専用の趣味スペースを 十勝芽室町/とかち工房



ご主人「僕の趣味は音楽や映画、ファッションです。イギリスのものが好きで、自分専用の趣味スペースをつくってもらいました。明日への活力を養えますね(笑)」
記事はこちら レンガと薪ストーブのこだわりインテリアの平屋 十勝・芽室町/とかち工房

階段途中の男の隠れ家 札幌市Mさん/晃和住宅



2階に案内される途中、気になる短い階段が。Mさんの書斎スペースです。

仕事を持ち帰ることも多いMさん、はじめは2階ホールに簡単なカウンターでもと考えていましたが、片流れ屋根の空いた空間を部屋に利用できないかと白田さんに相談。“囲まれ感”があって程よく集中できる、隠し部屋風の書斎ができました。机は造作でジャストサイズ、床は掘りごたつのようにくり抜いてあり、足を伸ばして座れます。
記事はこちら 子供たちものびのび暮らせるコテージ風の家 札幌市M邸 晃和住宅

2021年06月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

探したい地域はどちらですか?