Column いえズーム コラム

【札幌圏】建築家の家づくり実例6選


家づくりのパートナーは大きく分けて建築家、ハウスメーカー、工務店の3つがある

こんにちは!IEZOOM編集部です。今回はこだわりを反映した自由設計が叶う建築家との家づくりについてご紹介します。その前に、家づくりの依頼先について整理してみたいと思います。

家づくりの依頼先には大きく分けて、建築家ハウスメーカー工務店の3つがあげられます。工務店が建築家とコラボレートし、個性的な設計を実現した家づくりを行っている会社もあります。それぞれ、設計の自由度や仕事の内容(土地探し・融資の相談・設計・施工・管理・アフターフォローなど)についての特徴があるので、整理してみたいと思います。

建築家との家づくり


石狩市K邸(笠井啓介建築研究所)


建築家とオーナーが直接やりとりをしながら、希望に沿った唯一無二のプランが叶います。仕事内容は設計が主体で、施工についてはオーナーが直接施工業者と契約する必要がありますが、オーナーに変わって施工管理まで行ってくれます。建築家によってはよく組んでいる施工会社さんがいたりするので、まずは相談してみるとよいでしょう。

資金面についてはハウスメーカーや一部工務店のように細かな融資相談まで相談に乗ってくれる建築家もいますが、オーナーが予算感をもって工事費用全般を把握する必要があります。特に見積もりについては個別に計上されるので、細かく見ていくことができます。恵まれない土地条件を逆手にとったオリジナリティあふれるデザインなども期待できるので、ゼロベースから家づくりを行いたい、使う素材やデザインにこだわりたいなど、「自分も家づくりに参加したい」という方におすすめです。

ハウスメーカーとの家づくり



営業担当が窓口となり、企画プランをベースに、使う素材や設備機器などが標準仕様として決まっています。モデルハウスなどを定期的に建てているので、実際に建物を確認することができます。企画や標準仕様から外れる場合はオプション料金が発生する仕組みで、総額の見積もりが大まかに出されます。設計は設計部門が行い、設計士が直接打ち合わせに参加することは少なく、営業担当がオーナーの希望をヒアリングすることが多いです。

資金計画や土地探しについても対応している会社が多く、施工はハウスメーカーが契約している大工や、別会社に依頼したりします。おおよその企画があるので、変形地などでは対応してもらえない場合もありますが、アフターメンテナンスなどは継続して行ってもらえる安心感もあります。ほとんどの手続きをハウスメーカーに任せることができ、間取りの希望を出して、キッチンや洗面化粧台などを「選んでいく」ような感覚の家づくりです。

工務店(地元ビルダー)との家づくり


担当した水野円さん、早智さん、現場監督の水野忠則さんと(帯広市S邸 水野建設)


営業担当がいる工務店もありますが、社長や設計担当者が直接オーナーの窓口になる会社もあります。モデルハウスを建てる会社は少ないですが、完成見学会などで実際の建物を確認する機会を設けている会社が多いです。標準仕様や企画プランなどを設けていない会社が多く、自由設計が可能ですが、得意としてるスタイルや、よく使っている素材などがあるでの、施工事例を見て参考にしましょう。宣伝広告費や人件費などを使わないため、ハウスメーカーの同等な建物に比べて手ごろな価格帯になっています。設計・施工管理も自社で行い、別途費用が掛からないことが多いです。

資金計画や土地探しなどへの対応はそれぞれですが、中堅以上のビルダーでは対応している会社がほとんどです。また、建築家とコラボレートしている会社もあります。アフターフォローも充実している会社が多く、すぐ近くに事務所がある安心感が良いというオーナーの声も。「家づくりにしっかりと参加しつつ、頼れるところは頼れる」バランスの良さが魅力です。

建築家に頼んだら高額なの?性能面は大丈夫?

コストを抑えた性能の良い家づくりが得意な建築家もいます

建築家なら斬新で美しい家を建ててもらえるのでは、という期待とともに、
・デザイン重視はいいけど性能は大丈夫かな?
・だわりすぎて予算オーバーしないかな?
・私たちの要望よりも建築家のこだわり優先の「作品」になって、結果住み心地が犠牲にならないか心配…
といった声はよく耳にしますが、決してそんなことはありません。


札幌市Y邸(拓友建設)


・意匠・デザインや動線設計のプランニング力に加え、住宅の断熱気密、耐震、耐久性能など施工品質、性能に関しても知識が豊富で、顧客の要望にも丁寧に応える
・高い建材・設備をふんだんに使って良い家を建てるのではなく、コストが安い建材などを上手に使いながら機能やデザインも高めていく。施工会社も、腕が良いが価格の面でも競争力がある会社を選ぶ
・カーポートや庭づくりまでは予算内では実現できないということも含め、ご予算を踏まえてどこまでできるかを明確にご説明し、何を優先するか、予算をしっかり打ち合わせる
・無駄なエネルギーを使わずに心地良い暮らしが出来るよう、夏の熱気を抜く高窓を設置したり、冬の暖気を回しやすい設計にする

などなど、一見「敷居が高い」と思われがちな建築家との家づくりですが性能面、予算面、そして設計面でも希望に沿った家づくりを進めることができる建築家もいます。選定の際は、依頼する建築家が過去にどのような仕事をしてきたか、何を強みとしているのか、直接やり取りが必要なので相性の良さ、柔軟性、コミュニケーション能力の高さなどのパーソナリティーも事前に確認しておくことをおすすめします。

決まりきったプランにはしたくない、自分だけのオンリーワンなマイホームを建てたい、アートのような佇まいが好き、という方には、ゼロベースからのオリジナルな家づくりができるのは大きな魅力ですよね。ここからはIEZOOMが取材した実例の中から、建築家との家づくりで成功した事例をご紹介します。それぞれのオーナーの希望が、どのように実現したのか、建築家の提案や、エピソードもあわせてご覧ください!

ホリゾンアーキテクツ代表取締役 一原寿寛さん /江別市H邸



拓友建設は、設計は建築家、施工は拓友建設という連携で家づくりを行っています。
設計を担当したのはホリゾンアーキテクツ代表取締役で建築家の一原寿寛さんです。

一原さんは意匠・デザインや動線設計のプランニング力に加え、住宅の断熱気密、耐震、耐久性能など施工品質、性能に関しても知識が豊富で、顧客の要望にも丁寧に応える建築家であることから、妻沼社長がHさんに推薦しました。


正面左がホリゾンアーキテクツ代表取締役、建築家の一原寿寛さん。右が拓友建設・妻沼澄夫社長。


一原さん 建築基準法による耐震性能を上回る、耐震等級2で設計施工しています。さらにHさまのご希望により地域係数z=1.0(通常より1割増)をクリアしています。地震地域係数とは、その地域で発生した過去の地震などを元に国土交通大臣が定める数値のことですが、地震地域係数に関するご要望がオーナー様からあったのは初めての経験で驚きましたが、大切な家族をまもるための高い性能を備えることは当然だと思いました。

開放性を重視しすぎるあまり、窓が多くなり、耐震壁が少なるような設計は、耐震性能を犠牲にしています。拓友建設さんも私もそのような住宅は良くないと考えているので、開放性と耐震性のバランスがとれたこの住宅は理想的なフォルムになったと思います。

記事はこちら 住宅会社選びは性能とデザイン、そして「納得の回答」で 江別市・Hさん

笠井啓介建築研究所 笠井啓介さん /石狩市K邸



建築家なら斬新で美しい家を建ててもらえるかも?
とお考えの方でも、建築家に依頼する上で一抹の不安はあるかと思います。

デザイン重視はいいけど性能は大丈夫かな?
こだわりすぎて予算オーバーしないかな?
私たちの要望よりも建築家のこだわり優先の「作品」になって、結果住み心地が犠牲にならないか心配…
といった声はよく耳にします。今回ご紹介する石狩市のK邸を設計担当した建築家の笠井啓介(笠井啓介建築研究所)さんはこうした不安をお持ちの方にとって、良い依頼先になるかと思います。


K邸を設計担当した建築家の笠井啓介(笠井啓介建築研究所)さん


笠井さんの場合は、お客様の要望をまずしっかり聞いたうえで、住宅を間取りやデザインだけでなく、縦の断面など、できるだけ立体的な視点で考えるそうです。

笠井さん:建築家に家づくりを依頼したら、お客様が伝えていた予算を大幅に超えた見積もりが出てきて・・・という話はよく聞きます。私はお客様の予算をしっかり守ったプランニングを常に心がけています。

高い建材・設備をふんだんに使って良い家を建てるのではなく、コストが安い建材などを上手に使いながら機能やデザインも高めていく。施工会社も、腕が良いが価格の面でも競争力がある会社を選ぶ。

K邸の場合、カーポートや庭づくりまでは予算内では実現できないということも含め、ご予算を踏まえてどこまでできるか、を明確にご説明し、何を優先するか、ご予算をしっかり打ち合わせることが大事だと考えました。

記事はこちら デザイン+予算+要望を満たす札幌のおすすめ建築家/石狩市K邸

アウラ建築設計事務所 山下一寛さん /札幌市K邸



市街地に向かって視界が開けた山のふもとの住宅街。K邸の敷地は眺めが抜群な半面、車がすれ違うことができない細い道に面しています。しかもGL(敷地の高さ)が道路より1m高く、ビルトインガレージを設けるのがかなり厳しい環境でした。「方向転換もままならない場所にどうやってガレージハウスを造るかが1番の問題でした」と設計者の山下さん。

そこで、もとの地盤を掘り下げて道路との段差をなくし、1階にガレージ、2階に居住空間がある建物を、敷地の奥にはめ込むように配置。車が出入りしやすいよう車庫の前を広くあけ、車2台分の駐車場に。「植栽の伐採や建物の高さ等に一定の制限が定められた風致地区なので可能な限り樹木を生かす方向で設計を進めました(山下さん)」。



家を建てると決心した時、真っ先にプライベートでお付き合いのあった山下さんに土地探しも含めて相談したKさん。「敷地のメリットとデメリットを見極めた上で最適なプランを提案していただきました。参考のため他の住宅会社からもプラン提案と見積もりを取りましたが、決まったパターンをアレンジするだけでした。きっと思い通りの住まいにならなかったと思います」。 新居に移ってから外にお酒を飲みに行く回数が減ったとも。「1年を通して暑くもなく、寒くもない快適な家。落ち葉の片付けや屋上のメンテナンスなど賃貸マンションで暮らしていた頃にはなかった"面倒なこと"を楽しんでいます(Kさん)」。

記事はこちら 愛車と過ごす「男の城」。クルマ好きが建てた絶景ガレージハウス 札幌市・Kさん/アウラ建築設計事務所

白田建築事務所 白田智樹さん /札幌市A邸



白田建築事務所が手掛けるエコロジカルな住宅は、「暮らしの質」を大切にするオーナーたちから大きな支持を集めています。今回ご紹介するAさんのお宅は、互いに単身の親子が暮らす2世帯住宅。1つの建物の左右に、プライバシーを尊重した別空間が広がっています。



白田さんに設計のポイントをお聞きすると、採光を確保する窓、景色を切り取る窓、プライバシーに配慮した窓など、必要な位置に必要な窓を配置することが一番難しかったといいます。

2階ホール。吹き抜け窓から入る光は、ホールや階段室のほか、ハイサイドライトから寝室にも届く設計。階段室の細長の窓など、デザインにもこだわっています。「出来るだけ高い位置に窓を付け、そこから全体に光が行き渡るようなイメージで設計していきました」と白田さん。

記事はこちら 札幌で一人暮らしを楽しむ完全分離二世帯住宅/白田建築事務所

ヨシケン一級建築士事務所 吉田純治さん /江別市K邸



「プランは大きく3回練り直してもらいました」とKさん。途中で2階にバルコニーを付けたくてヨシケンさんに相談しました。三角屋根ということもあり、ちょっと設計上は難しくなるそうですが、ヨシケンさんの手にかかるとこのように!

「大手メーカーは注文住宅といっても、こちらの要望をじっくり聞くことに消極的でした。希望をかなえようとすると、予算オーバーになりますし」と困っていたKさんご夫妻にとって、「基本的にリクエストはすべてプランに採り入れます」というヨシケンさんは、とてもありがたかったといいます。



「うちは子どもが多いので、打ち合わせもなるべく効率的にしたいと思ったのですが、大手メーカーさんだと、担当は営業マンなので、設計に関することはいったん営業所に持ち帰って『答えは後から』になってしまう。その点、ヨシケンの吉田専務は実際に設計をされているので、『こういうことはできるか?』と尋ねると、その場で即答してくれるので、打ち合わせがスピーディーに進みました」とKさん。

記事はこちら 公園眺めながらヨガ!子どものアレルギーに優しい江別の木の家

N建築設計室 野際礼子さん /札幌市Y邸



高断熱・高気密の性能の高さと、設計事務所との連携による個性豊かな家づくりで人気の拓友建設。今回紹介するY邸は、緑豊かな自然環境が広がる閑静な住宅地に建てられた平屋の住まいです。

断熱・気密性は札幌版次世代住宅基準スタンダード相当。設計を担当したのは、N建築設計室の一級建築士 野際礼子さんです。



「無駄なエネルギーを使わずに心地良い暮らしをしたいというご夫妻の意向がありましたので、夏の熱気を抜く高窓を設置したり、冬の暖気を回しやすくしています」と野際さん。

また、「周辺環境を活かすため、窓を各方向の緑を楽しめる配置に。コンパクトな家ですが、狭さを感じないよう、見通しがきいて引き戸で開けたまま暮らせる設計にしました」。

記事はこちら 緑豊かな環境を活かした平屋でストレスフリーな家 札幌市Y邸/拓友建設


目次


2022年04月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

探したい地域はどちらですか?

家づくり体験談 投稿募集中!