Story 取材記事

「DIY」「お酒」「焼肉」が楽しい家にリノベーション/帯広市M邸 イゼンホーム


「住み心地は段違いです。よく改築前の家に暮らしていたなと思うくらい」
そう話してくれたのは、帯広市郊外で築30年の住宅をリノベーションしたMさんです。あたたかさ・家事のしやすさ・暮らす喜び…すべてが生まれ変わった我が家で趣味を満喫中のご家族を取材しました。

屋根まわりの悩みが解決 開放感感じる我が家に



改築前の家です。緑に囲まれた好立地ですが屋根の傾斜がきつく、屋根から落ちた雪の処理と屋根の塗装工事が難しいという問題点がありました。



リノベーションにあたっては「フラットな屋根で、年を重ねても飽きのこない外観を」と要望しました。
施工は帯広市のイゼンホーム(株式会社伊善建設住宅部)、設計は同社の中村千代美さん。元の住宅は基礎と柱のみ活かしています。



以前の間取りは7LDK。無駄なスペースが多く広さが活かされていませんでした。



改築後はゆったり過ごせる開放的な間取りに。
「間取りはほぼお任せでしたが、動線のしっかり考慮された造りで格段に暮らしやすくなりました」(奥様)



親子4人とネコ2匹というのがM家の家族構成。LDKの壁にはネコ用出入り口も開けました。「断熱がしっかりしているので、穴が開いていても暖かいのが嬉しいですね」(ご主人)



以前はリビングから仕切られた位置にあり、壁付けで閉塞感が気になっていたというキッチン。改築後は家の外まで視線の通るアイランドキッチンになりました。



お酒を嗜むご夫婦のため、窓の前にはバー風のカウンターテーブルを設置。
「最初はキッチンにつけようと思っていたんです。でも、”こうしたら外を眺めながらお酒が飲めるよ”と中村さんに提案してもらって。飲食だけでなく、日常のちょっとした時間をここで過ごすたびに幸せを感じています」(奥様)と、ご家族お気に入りの場所になりました。

趣味部屋は汚れや傷を気にせず没頭できる土間仕様



ダイニングの脇には書斎としても使える和室の小上がりを作りました。食後の休憩に、リモートワークにと便利に使っています。



座席部分はゆったりとすわれる掘りごたつ風。

さて、この家にはもうひとつ、ご主人お気に入りの部屋があります。それは……



趣味のDIYに没頭できる作業部屋です。マグネットボードなども活用し、工具が整然と収納された部屋の広さは3畳。すべての道具が手の届きやすい場所に並んでいます。
「土間なので掃除も楽で、気兼ねなく作業できるところも気に入っています」(ご主人)



作業部屋の位置は玄関脇。友人から本棚やエアコン室外機カバーなどの制作依頼もあるというご主人にとって、車に工具や作品を積み込むのにも絶好の場所です。



庭にはご主人の建てた焼肉小屋もあり、コロナ前は友人を呼ぶことも多かったそう。緑を眺めながらのDIYに焼肉と、郊外の休日を満喫できる家になりました。

日々を快適にする細やかな心配り



洗面所は「背が高い家族が使いやすいように」と既製の洗面台の下に台を設置して高さを細かく調整。奥はランドリー、洗いものシンク、ネコトイレのスペースをまとめました。



「サッカーをする息子のために、ユニフォームを洗えるシンクが欲しいと言ったら中村さんが”あるよ”と。在庫としてイゼンホームさんが持っていた底の深いスロップシンクを取り付けてくれました。なんでも”あるよ”って言ってくれるんですよ」(ご主人)



日当たりの良い二階ホール。「このシーリングファンも、熱がこもらないようにとサービスでつけてもらったもの。洗濯物もよく乾きます」(奥様)



寝室と子ども部屋は大きなクローゼットつきで、シンプルに仕上げました。

性能重視のリノベーションで「あたたかな実家」に

ご夫妻に今回の改築についてのお話を伺いました。



――リノベーションをすることになったきっかけを教えてください。

実はこの家は17年前に中古で購入したんです。景観が気に入ったのもありますし、古い家にDIYで手を入れながら暮らすのも楽しいかなと思ったんですよね。でも暮らしてみたら寒さや暗さ、雪の始末など家の性能や構造に関する不便が多くて。この場所に暮らし続けたいという思いがあり、リノベーションを選びました。



―― 数ある工務店からイゼンホームを選んだ理由は?

リフォームの工事ということで難色を示したり新築を勧めたりする建築会社も多い中、イゼンさんはしっかりと話を聞いてくれたんです。
当初、仕事で独立した直後でローンが組めない状態だったんですが、中村さんは「今は勉強期間にして、色々な家を見るといいよ」と2年間ずっと相談に乗ってくれて。その気さくな人柄にも惹かれました。



――完成までの流れについて教えてください。

資金相談と住宅診断(ホームインスペクション)、それからプランニング、設計、補助金申請という流れです。リフォームにあたっては国から補助金が出ました。
イゼンさんから帯広市中心部にリフォームや建て替えの人の仮住まいを提供してもらえましたので、工事中の4ヶ月間はそこに住んでいました。短期間だけ家を借りるのは難しいので助かりましたね。



――実際に暮らし始めて2年。住み心地は?

とにかく冬の暖かさが抜群です。改築前は、ストーブをがんがん焚いてもなかなか暖まらないので毛布やタオルケットを何枚も使って寝ていました。今は床暖房とパネルヒーターだけですが、真冬も軽い掛け布団だけでぐっすり眠れます。中村さんからのアドバイスで入れた玄関の床暖房も大正解でした。



――完成時、お子さんは中学生と高校生。子どもたちにとってはどんな家になりましたか。

部活の友達をたくさん呼んだりして嬉しそうでしたね。子どもたちが巣立った後、二人で暮らすには広すぎるかなとも思ったけれど、子どもたちに「実家」というものを残したかったんです。明るく快適で、時々帰ってきたくなる、ホッとするような家になったかなと思います。

記者の目

今回の取材で印象的だったのがイゼンホーム中村さんの「住む人を幸せにするリフォームがしたい」という言葉です。新築価格の高騰で魅力的になってきた「中古住宅購入+リノベーション」という選択肢ですが、家の構造や断熱性能への配慮のないリフォームでは、いくら内部が綺麗でも暮らす喜びを感じづらいもの。土地に根ざした信頼できる工務店の手だからこそ実現した「住み心地最高のリフォーム」なのだと感じました。

建築概要


1階床面積 80.66平方メートル(24.90坪)
2階床面積 56.70平方メートル(17.50坪)
延床面積 137.36平方メートル(42.40坪)
構造・工法 木造(在来工法)
断熱(壁) 高性能グラスウール16k 100mm + 押出法ポリスチレンフォーム3種 50mm
断熱(天井) 吹込グラスウール18k 300mm
断熱(床) 高性能グラスウール16k 150mm
断熱(窓) LOW-Eペア樹脂窓
換気 第3種換気システム
暖房 パネルヒーター+床暖房

2022年06月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

イゼンホーム 株式会社伊善建設住宅部の取材記事

家づくり体験談 投稿募集中!