Story 取材記事

サウナに泡風呂…極上の時間を過ごす高断熱パッシブ換気の家/帯広市Kさん


今回伺ったのは、東京から実家のある帯広市にUターンしたKさんの自宅です。「戻ってくるにあたり不安だったのがやはり冬の厳しさ」と語るKさんが選んだ住宅会社は帯広市のイゼンホーム。同社の得意とするパッシブ換気システムを採用した、高断熱高気密な平屋の家を希望しました。



天井は高さ3m、面積は約30畳という広さながら「年中均一な温度で快適」というLDK。窓は全部屋トリプルガラスを採用、天井には600mmものグラスウールを充填しています。断熱性能の目安とされるUA値は0.2と、十勝でも最高クラスです。



「長い庇のおかげで夏は陽が入らずとても涼しいんです」とKさん。テラスでは椅子を出してお酒を飲むなどくつろぎの時間を過ごします。



「木の温かみを出したかった」というインテリアはオークの床材に合わせ天井もオーク調に。間接照明のやわらかな光がゆったりとした時間を演出します。テレビやスピーカーの配線は部屋の美しさを損なわないよう壁の裏側や柱の中に収納しました。



普段はストレッチなどに使っている和室。来客時には客間として使えるよう折れ戸をつけました。



LDKの一隅に設けたスキップフロアは、一段目がデスクスペース、二段目が猫スペースとなっています。
「PC作業などに集中できる囲われた空間でありながら、家全体の様子も感じられる場所。猫のトイレはにおいや見た目も気になりません」


ティッシュペーパーを近づけてみるとこのとおり。空気がしっかりと吸い込まれていることが分かります。


こちらはパッシブ換気の排気口。
パッシブ換気とは、空気が暖められると上昇するという性質を利用した機械を使わない換気法です。地下の給気口から取り込んだ空気は床下の暖房機で暖められ、家全体を循環した後、この排気口を通って屋根の上の排気筒から排出されます。



パッシブ換気の仕組みはこちら参照お願いします。
パッシブ換気&高断熱高気密




キッチンはクリナップ製。レンジフードはお湯を入れるだけで自動で洗浄する機能のついたリンナイのTAGシリーズです。コンロは「調理器具を自由に選べるように」とガスとIHを両方使えるハイブリッドコンロ「デュアルシェフ」を選びました。



食器棚には電子レンジ機能もついたミーレのオーブンをビルトイン。「オーブンとレンジの機能を同時に使えるので、鶏の半身揚げの温め直しなどもパリッと仕上がります」



キッチンの裏側には大容量のパントリー兼クローゼットを作りました。



明るく広々とした洗面所。
「洗濯機と合わせてガス乾燥機の「乾太くん」(リンナイ)を設置したくて、きれいに収まるように棚を作ってもらいました。縮む心配のないものは全てこれ一台で乾かしています」



洗面所から浴室へ続くスペースにあるのは…



なんとサウナと休憩スペース(兼脱衣所)です。中を覗くと木の香りがたちこめています。「十勝には良いサウナがたくさんありますが、コロナ禍で通うのが難しくなったり、他のお客さんと話し込んでしまったりと自分のペースで入れないことも。ここは好きな時にゆっくりと入れるのが嬉しいです」



お風呂はリンナイの「マイクロバブルバスユニット内蔵ふろ給湯器」が取り付けられるTOTOのシステムバスを選択。温浴効果の高い泡風呂に浸かれば身も心も安らぎます。




(写真左)「家のにおい」を感じやすい玄関の一角にはにおいや湿度を調節する壁材、LIXILのエコカラットを使用。
(写真右)シューズクロークには衣類の除菌・消臭ができる家電、LGスタイラーを設置しました。



寝室は青森ヒバの壁に間接照明を入れ、香りと明かりで心落ち着く空間になりました。

「パッシブ換気は高性能の証。寒暖差の少なさが最高です」

家づくりについてのお話を伺いました。



――住宅会社選びについて聴かせてください。

北海道という特殊な気候なので地元の工務店、中でも設計や内装の自由度が高い会社を探していました。とにかく暖かい家を希望して色々と調べる中で、パッシブ換気のシステムに惹かれてイゼンさんと出会いました。



――パッシブ換気のどこが魅力だったのでしょうか?

パッシブ換気は気密性能が高くないと成り立たないシステムなので、それを取り入れている住宅は断熱など住宅性能が高いはずだと思ったんです。換気に機械を使わないのでメンテナンスが楽だというのも魅力でした。イゼンさんは施工事例も素敵な家が多くて、代表の中村さんの人柄も素晴らしい。ぜひお願いしたいと思いました。



――打ち合わせはどのように進みましたか?

中村さんは経験豊富で「ここのメーカーではこんな建材がある」「こんな家も建てられる」などたくさん提案をしてくれました。家が広いので統一感があるインテリアになるか心配でしたが、最後は3Dのパースを見せてもらって調整することができ、思い通りの仕上がりになりました。

――実際の住み心地はいかがですか。

寒暖差が少なく本当に過ごしやすいです。夏もエアコンなしで室温は24度くらい、晩秋の今も帰宅するとふわっと暖かい。キッチンはクリナップ、お風呂はTOTO、こちらのトイレはLIXILと、気に入ったものを自由に取り入れられたのも嬉しいですね。ここで過ごす初めての冬が楽しみです。


床面積 170.93平方メートル(51.6坪)
構造・工法 木造枠組み壁工法(2×6)
断熱(壁) 高性能グラスウール140ミリ
フェノールフォーム50ミリ
断熱(天井) 吹込グラスウール670ミリ
断熱(床) ポリスチレンフォーム100ミリ+同30ミリ
断熱(窓) トリプルサッシ
換気 パッシブ換気システム
暖房 床下暖房(ガス)

2023年03月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

イゼンホーム 株式会社伊善建設住宅部の取材記事

家づくり体験談 投稿募集中!