Column いえズーム コラム

【旭川・帯広・函館】シンプルでシック、おしゃれモダンな家づくり10選


王道のシンプルでシック、おしゃれモダンなスタイルとは

注文住宅を建てるなら、自分好みのデザインテイストで仕上げたいものですよね。様々なデザインスタイルがある中でも、常に人気なのがシンプルでシック、おしゃれモダンなスタイルです。

・大理石や天然石調のフロア材や、ダークな色味の建具、間接照明に加え、造作の家具などでトータルコーディネートされた、重厚でラグジュライーホテルライク
・ブラックやホワイトをベースにスッキリと洗練された空間をつくるシンプルモダン
・飽きのこない木の温かみが魅力で、雑貨やカフェ風インテリアなども合わせやすナチュラルモダン
・素材感を生かした素朴で懐かしい雰囲気に、洗練されたモダンの要素をプラスしたラスティックモダン
・直線的なデザインですっきりとした空間に北欧や和の要素を盛り込んだ北欧モダン和モダン
・シンプルな中に大人のこだわりを貫いた上品で落ち着いた印象のシンプルシック
・都会的でスタイリッシュな大人の空間を演出するアーバンスタイル
・真っ白なインテリアで構成したフレンチモダンがお手本のホワイトインテリア
・素材感を控え、空間を生かし無機質感を楽しむミニマルスタイル

などなど、シンプルでシック、おしゃれモダンなスタイルには色んなタイプがありそうです。



旭川・帯幌・函館のシンプルでシック、オシャレモダンな住宅を一挙にご紹介!

実際に家を建てた人たちは、シンプルでシック、おしゃれモダンな住宅をどんな風に仕上げているのでしょう?自分だけのモダンスタイルが叶うのは、注文住宅の醍醐味でもありますよね。ここからはIEZOOMが過去に取材した実例の中から、旭川・帯広・函館の実例を一挙にご紹介していきます!


目次

洗練されたモダンスタイル/帯広・カントリーヴィレッジ



シティホテルを思わせる洗練されたモダンなインテリアが持ち味の帯広市G邸。外観はレンガ調タイルとモルタル壁をバランスよく配し、ナチュラルな木でアクセントをつけたインダストリアル系のモダンデザインが印象的です。



ゆるやかな勾配天井のリビング。モノトーンでコーディネートされた大人の空間です。存在感のある黒いソファの正面には大型の壁掛けテレビがあり、ホテルの一室に居るかのような贅沢感を味わえます。



熱に強いセラミック天板を採用したグレーのアイランド式キッチン。黒のガスコンロは旭川のショールームまで足を運んでやっと探し当てた奥さまのお気に入りです。ダイニングテーブルもセラミック天板のものを選びました。



回遊動線上に配置したゆとりのある水廻りもG邸のこだわりです。キッチンから洗面スペース、ユーティリティを経由し、浴室へと続く真っ直ぐな動線。突き当たりを右に曲がると、左手に洗濯機置き場とトイレがあります。



木の葉をモチーフにしたクロスを使った間接照明がお洒落なL字型のトイレ。入り口からはコーナーに取り付けた黒のタンクしか見えないので、そこがトイレであることさえ感じさせません。

住宅本体の性能はUA値0.26W、C値0.5cm2以下。十勝の厳しい気候条件に対応できるハイスペックな性能です。「とことん突き詰めたのは、一生居心地の良い家で暮らしたいから。私たちにとって住まいはそれほど大事な場所」と語る奥様の言葉が胸に響きます。

取材記事はこちら

デザイン・住宅性能の要望を丁寧に実現/Cryptn(クリプトン)



外観は、北側道路の土地を購入し、南側の窓を大きくしてもらって、カーテンを開けて過ごせる家を希望し、それが実現しました。外壁の色は白か黒かで迷いましたが、室内を白基調にしたので白に決めました。

窓も多く明るい家にしたいと要望したら、吹き抜けに高窓も加わり、日中は照明が必要のない明るいリビングになりました。竹市社長はできるだけ要望を叶えようとしてくれますが、構造的な面などで難しいことは別の解決策を考えてくれたりと、本当に丁寧に説明、提案してくれます。リビングの窓は、カーテンがなくても隣地との境に塀を設けたので庭を眺めながら開放的に過ごせます。

デザインや仕様の面では、私は以前から建築物などを見るのが好きで、snsのピンタレスト(Pinterest)で「薪ストーブ」「洗面所」「リビング」などのキーワードを入力して海外のおしゃれな住宅を見たりもしました。そうしたイメージも竹市社長に伝えて設計に盛り込んでいただきました。
記事はこちら デザイン・住宅性能の要望を丁寧に実現。友人も絶賛する工務店とは? 帯広市・H邸/Cryptn

旭川家具が似合う家/旭川・昭和木材



木のぬくもりに包まれた、和のテイストとこだわりの旭川家具がうまくミックスした旭川市Sさんの住まいは平屋建て。タモ材の竿縁天井がモダンな和のたたずまいを見せる、開放感たっぷりのリビングルームです。ロフトも造れそうな高さですが、Sさんご夫妻はあえて設けず、この開放的で明るい空間がお気に入りです。フローリングは、幅が異なる3種類を乱張りしました。デザイン性に優れているだけでなく、温湿度の差で伸縮する無垢材の弱点を緩和する効果もあるのだとか。

リビングにはフリーカウンターを造作。椅子は、昭和木材がオーダー製作したものを組み合わせました。その他にも、キャビネットやテレビボードなど、お気に入りの旭川家具を並べています。

記事はこちら 旭川家具が似合う!昭和木材・和モダン平屋の家

ホテルライク」「カフェ」テイストのモデルハウス/道北振興



道北振興がモデルハウスを公開する時は、お客様の要望を直接聞いている営業と、日々プランニングを行っている社内の設計スタッフが打合せを重ね、プランを決めています。今回の旭川、永山モデルハウスの場合は、モダンデザインをベースとしつつ「ホテルライク」「カフェ」などをキーワードにプランされています。

間接照明や内装の素材感など、実際に見学にこられた方は、まさにホテルライクな雰囲気に驚かれるそうです。モダンデザインの中にもいろいろなテイスト、アイデアがあります。照明や内装など、細かな部分も含め、このモデルハウスでは見ていただけます。

記事はこちら 道北振興が旭川永山で公開中の「ホテルライク」「カフェ」テイストのモデルハウスご紹介

6.5m吹き抜けのシンプルモダン/帯広・プラスワイド



何よりも広さにこだわったという中札内村のK邸。リビングルームは吹き抜けの大空間に。上部の窓から見える空と陽光に、心まで解放されるような心地を覚えます。天井の最も高い部分はなんと6.5m! 屋外にも似た開放感です。階段には現場見学会で気に入ったというアイアンを選びました。専属の職人が造作を担当するスタイルも「お客様の使いやすいものを希望のデザインで、安価に提供したい」という思いから生まれたものだそうです。

記事はこちら 開放感抜群!6.5m吹き抜けの家/中札内村K邸

吹抜リビングの和モダンな家/函館・ノースランドホーム(山野内建設)



北斗市Tさんのお宅。リビングは2階の天井までの高さがある吹き抜け空間です。解放感も魅力ですが、子ども部屋とリビングとの間で、親子のコミュニケーションがしやすいのも吹き抜けのメリットです。T邸は、きわめて高性能な高断熱高気密住宅なので、そもそも室内の暖かい空気が屋外にほとんど逃げません。少ない暖房エネルギーで家じゅうを暖かく維持でき、床下に1台設置した6畳用エアコンから家じゅうに暖気を送る方式なので室内に暖房機を設置する必要すらありません。

リビングにこたつがある理由については、本州出身のご主人によると「北海道の人は、室温を24℃など高めにして、冬でもTシャツにビール、という話を聞きますが、生活するうえで私たちにはそこまでの室温は必要ないですし、エネルギー消費的にも環境への負荷が増えそうな気がします。高断熱高気密住宅を建てる前提で、そのうえで冬の室温を20℃設定にすることで暖房消費エネルギーをさらに減らし、本州のように自然に家族がコタツにあつまって団らんできるリビングがいいかなと思ったんです」と話してくれました。

記事はこちら 家族を守る防災&快適なLCCM住宅/北斗市T邸 

ハードモダンに統一した住まい/帯広・カントリーヴィレッジ



帯広市Hさん邸。リビング・キッチンは、白い大理石調の床にダークな建具を用い、室内もモダンに統一しています。大きな窓からたっぷりと陽光が差し込みます。ご主人はリビングが一番のお気に入り。「ダウンライトを暗めに付けて、寛いでいます。テレビ台は朝日社長が自ら提案してくれました」。

ご夫婦「モダン系に統一してほしいという希望は当初から伝えていました。リビングは広めに、シューズクローゼットをはじめ、収納は充実してほしいなど。一番こだわったのは水回りの配置です。生活感を出したくなかったので、電化製品が見えないよう、キッチンのカップボードなどもオリジナルでお願いしました。出してもらったプランは、これ以上ないというくらい、完璧なものでした」。

記事はこちら プランは一発OK。信頼できる工務店で叶えたモダン住宅 帯広市H邸

飽きのこないシンプルモダン/音更町・猪子建設



十勝・音更町Oさんは20代の若夫婦。新居は実家が営む農業を継ぐため、農家住宅として建てられました。リビングは吹き抜けと大きな開口部で、開放感抜群。日光が明るく差し込み、冬場の取材だということを忘れてしまうほどの暖かさです。

ご夫婦で決めたホワイトと重厚感のあるダークブラウンの組み合わせが、グッと落ち着いた印象をあたえます。「好みが似ていたので、雰囲気や色選びで意見が分かれることはなかったですね」とご主人。

記事はこちら 農家を継ぎたい!若夫婦の決意にこたえた家づくり 

和モダンでZEH目指したパッシブ換気の家/帯広・イゼンホーム



帯広市Mさは、中学生のころからの念願だったマイホームの設計施工を、帯広の以前ホームに依頼しました。「設計は、ほとんど妻にお任せでした」というご主人でしたが、リビングはやはり広いほうがいいとLDKは22畳の広さに。デッキのある大きな窓には、Mさんのこだわりで、カーテンではなく和風の障子をつけました。「外から見ても温かい感じがしますし、室内に柔らかな光が差し込むのもいいですね」と、お二人のお気に入りです。

デザインの良さに加え、クリーンな室内環境をつくれるパッシブ換気の採用や、断熱、設備を充実させてZEH(ゼロエネルギーハウス)もめざした高性能住宅です。

記事はこちら 和モダンでZEH目指したパッシブ換気の家 帯広市Mさん / イゼンホーム

吹上げ天井のナチュラルスタイル/帯広・石井建設



音更町のNさんのお宅は平屋建てですが、高さは地面から最大約6.3メートル。カーポートもあって大きな家という印象です。天井が最大4メートルもの高さがある一階リビングは開放感と見晴らしも魅力です。室内は白木の無垢材に太陽の光が降り注ぐ温もりあふれるナチュラルモダンな空間が広がっています。のびのびと駆け回るお子さんたちの様子にも目が届く、オープン設計が子育て世代に嬉しい造りです。

一方で住宅性能にもこだわりました。ご主人「住宅の高気密・高断熱、そして光熱費の削減は家づくりのポイントの一つでした。窓はトリプルガラスを採用し断熱性能を強化。その一方で、日射取得が期待できる南面窓はペアガラスにすることで、日射取得も重視しました。リビングには、冬でも暖かい日差しが入り、家族が心地良く寛いでいます」

記事はこちら 子どもを大切に見守る、省エネ&平屋の注文住宅

快適で美しいホテルライクを実現/帯広・高坂ホーム



帯広市の人気エリアに建てられたU邸は、子育てのしやすさと洗練されたホテルライクな空間とを両立させたこだわりの一棟です。「すっと背筋の伸びるような、ホテルに来たような気持ちになれる家にしたかった」と奥様。最もこだわったというキッチンは、水晶をちりばめたタカラの黒いクォーツストーンのワークトップ。白い大理石調の床によく映え、全く生活感を感じさせません。

キッチンの後ろには子どもたちが勉強したり、家事の合間に座ってパソコンを使ったりできる小さなデスクも。ダイニングが散らからない工夫がされています。窓からの光にきらきらと輝くワークトップ。美しいだけでなく、汚れや傷もつきにくくお手入れが簡単なのも特徴です。家事が楽しくできるよう、タッチレス水栓やパンを焼けるコンロも装備、機能面でも申し分ありません。

記事はこちら「快適だから、美しい」ホテルライクな家

モダン+高気密高断熱のFPの家/旭川・大丸ホーム



2018年2月に旭川市内に完成したSさんの新居です。Sさんファミリーが新居を建てるにあたって最も重視したのは、住宅の断熱性能でした。ご主人は「私はモダン系デザインの家が好きだったので、以前住んでいた寒い家を経験しなかったら、新居はとにかくカッコいい家、見た目重視の家という点だけにこだわっていたと思います。ある意味では寒い家の経験があったからこそ今、デザインだけでなく、住宅性能面でも良い家を手に入れられたと思います」と話してくれました。

S邸は延床面積は85・76平方メートル(25・9坪)とコンパクトです。でも大きな窓と吹き抜けがあるLDK(リビングダイニングキッチン)は開放感があります。そしてダイニングテーブルは小さいものを選ぶことで、リビングダイニングの空間が広く使えるようになりました。

記事はこちら 寒すぎる家を卒業! モダン+高気密高断熱のFPの家

装飾を極力なくしたシンプルなデザインが、家具やファブリックを引き立てるシンプルでシック、オシャレモダンなスタイル。デザインがスッキリしていて洗練されているからこそ、木やガラス、鉄、プラスチックなど、どんな素材の家具でも組み合わせやすい空間になるのも魅力です。

【札幌】シンプルでシック、おしゃれモダンな家づくり20選 も併せてご覧ください☆



目次

2021年06月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

探したい地域はどちらですか?