Story 取材記事

遠赤外線床暖房でスマートな暮らしを実現 札幌市Z邸/ブレイン札幌


2人目のご出産を控えて、住んでいた賃貸マンションが手狭になってきたことから、自分たちのマイホームをつくろうと考えた札幌のZさんご夫妻。ブレイン札幌で建てた家には2人分の子ども部屋を設けたほか、それまで少なくて困っていた収納も必要な位置に備えて、ほとんど家具要らずのゆとりある暮らしを楽しんでいらっしゃいます。

隅々まですっきりとしたリビングルーム



「室内はあまりモノを置かず、すっきりとした空間にしたい」と要望したご夫妻。リビングルームはホワイト系の壁クロスと淡い色合いの木調フローリングで開放的に、ネイビーカラーのアクセントクロスが空間を引き締めています。

壁掛け式のテレビは、ブレイン札幌の提案で壁をふかして、配線などが見えないように設置しました。上部には横長のハイサイドライト(高窓)も設けて明るい光を採り入れています。



リビング階段隣には天井までの高さの棚を造作しました。上部は写真や小物などを飾って楽しめる収納に、下部は扉付きの見えない収納にしています。
また、さらに収納が欲しくなった場合を考えて、後付けができるようにリビング壁の一部を補強しました。



人気のビーズソファ「Yogibo(ヨギボー)」でくつろぐご家族。暖房パネルを使いたくなかったというZさん邸では、輻射熱でじんわりと室内が温まる独自の遠赤外線床暖房を採用しました。ご主人は「床にゴロンとして過ごすのも気持ちいいですよ」と話します。

お気に入りの色で映えるキッチン・ダイニング



キッチン・ダイニングも余計な装飾は施さず、色で見せるシンプルな空間づくりを行っています。Zさん邸のメインカラーはネイビーとホワイト。ショールームで選んだキッチンセットの色を元に、全体の差し色をネイビーに統一しました。



家事をしながら、お子さんたちの様子を見渡せるキッチン。カウンター前面には少し立ち上がりをつけて、手元が見えないようにしています。2階へは、玄関からリビングに入って、ほぼ横手にある階段を上るようになっているので、「おかえりなさい」の声も掛けやすい動線です。



「横並びのトリプルワイドIHコンロがお料理しやすく便利です」と奥さま。キッチンカウンターとカップボードは、パナソニックのショールームで選んだものです。



カップボードの隣には、ご夫妻の希望で食品庫も設けました。買い置きしたものをたっぷりと保存できるので、とても重宝しているとか。

配置の工夫で使いやすい玄関とユーティリティ



2方向の窓から光が差し込む明るい玄関スペース。子どものソリや除雪用具などを置けるように、土間を広くつくっています。

玄関土間の壁面には大きな鏡と、可動式のシューズラックをプラン。ホールは奥からトイレ、手前はブレイン札幌の提案で扉付きの収納を設けました。



一連の洗濯作業がこの場所だけで済む、機能的なユーティリティスペースは奥さまの希望で叶いました。以前の住まいでは洗濯物干しのスペースがなく、ドアや通路の上枠にハンガーを掛けて干すなど、苦労されたそう。お客さまが洗面台を使うときなどのため、物干しはロールカーテンで隠せるようになっています。

物干しはボイラー横に配置、洗濯物が乾きやすいというメリットがあります。階段下を利用した収納も、ロールカーテンの中に収まっています。



また、洗面化粧台のいちばん下の引き出しは、足台にもなる優れもの。台の天板下にも収納が可能です。ご主人がまだ小さなお子さんのためにセレクトしました。

子ども部屋でのびのびと、お片付けの習慣も



2階の子ども部屋。娘さんはこの部屋が「大好き!」。かわいいキッチンセットなど、お気に入りのおもちゃをたくさん見せてくれました。
前の賃貸マンションでは音や振動を気にしていましたが、新居に移ってからは親子ともストレスフリー、のびのびと暮らせるようになりました。



将来は2つの個室に分けられるようにしていますが、今は広々と遊べるスペースとしてオープンに使用。なるべく明るい家にしたいという要望で、子ども部屋にも窓を多めにつけています。



新居に移ってからは、「おもちゃは子ども部屋で遊ぶ」と決めたことで、リビングがおもちゃで散らかる悩みから解放されたのだとか。お子さんたちが自分で片付ける習慣も身についてきたそうです。

「思った通りの家ができました!」とお喜びのZさんご夫妻に、ブレイン札幌との家づくりについてお話を聞いてみました。

ブレイン札幌を選んだ理由は?



住宅展示場を見学しましたが、自分たちにとってはあまり現実的ではないと思い、札幌市内の工務店をネットで調べた中で興味を持ったのが、ブレイン札幌さん。室内にパネルヒーターがあるのは避けたいと思っていたので、パネルを使わずに済む、全室遠赤外線の床暖房というのが気に入りました。

ブレイン札幌の佐藤社長はとても話しやすい人柄で、こちらも遠慮なく質問ができましたし、社長もきちんと答えてくれる。この会社なら、予算内で私たちの要望に応えてもらえると思いました。

土地探しはどのように?



いま住んでいるエリアで土地探しをしていましたが、物件を見つけても、迷っているうちに数日で買い手がついてしまい、なかなか難しかったですね。

この土地は、ブレイン札幌さんと打ち合わせをしていた時に、ネット上で希望の場所を見つけ、タイミングよく佐藤社長に交渉してもらって手に入れることが出来ました。

打ち合わせはいかがでしたか?



私たちの要望に加えて、「こうしたほうが住みやすいよ」というプロ目線のアドバイスをもらいながらプランづくりが進みました。将来的に収納が足りなくなる場合も考えてくれて、キッチンの腰壁やリビングの壁にも、棚が付けられるように補強をしてもらっています。

事務所での打ち合わせ中は、スタッフの方が子どもたちの相手をしてくれて、とても助かりました。子どもたちも毎回会社に行くのを楽しみにしていたくらいです。

家の暖かさはいかがですか?



前の家ではエアコン暖房でしたが、全館床暖房は自然な暖かさが感じられるのがいいと思います。足元からポカポカで、子どもたちは冬でも裸足で駆け回っています。我が家はなるべく窓を多くしてもらったのですが、この家はトリプルサッシを使っていますし、断熱性や気密性も高いので安心です。

オープンな空間でお子さんたちがのびのびと暮らすZさん邸。ご夫妻も、夜はテレビを観ながらコーヒータイムを楽しむなど、ゆとりある暮らしを楽しんでおられるようです。

住宅性能について、かなり勉強されていたご主人も、ブレイン札幌のすっきりとしたデザイン提案と暖かな住まいづくりに満足されているご様子でした。


2021年05月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

ブレイン札幌(株式会社ブレイン)の取材記事