Column いえズーム コラム

モールテックス・デコリエなどコンクリート風・モルタル風の仕上げ5選


ここ数年、キッチンや洗面化粧台などの水回りをモルタル風やデザインコンクリート調に仕上げる実例が増えています。マットで少し光沢を帯びた温かみのある表情が特徴で、ナチュラルなインテリアとの組み合わせが人気です。

こうした素材感たっぷりのオリジナルキッチンやバスルーム、テレビボードやアクセント壁などがあることで、日常にスペシャル感が加わり、気分が上がる住空間が叶いそうです。代表的な左官材をいくつか見てみましょう。

■モールテックス モルタル調仕上げに適しています。ベルギーのBEAL社が開発したセメントに特殊な樹脂を混ぜた左官仕上げ材で、防水性に優れ、柔軟でヒビが入りにくく、1~3mmの薄塗でも高い強度を発揮し、カラーバリエーションも64種類と豊富にそろっています。比較的高額な材料ですが施工ライセンスが不要で、DIYでも可能です。

■デコリエ ​コンクリート調仕上げに適しています。日本化成が販売する内外装仕上材で、壁や床、天井など、様々な下地に対応し、5つの基本色に粉末顔料を合わせることで色パターンを変えることができます。ひび割れや剥がれなどの心配もなく、柔軟で強度の高い素材ですが、デコリエ自体には防水性が無いため、水回りに使う際はトップコートが必要です。また、施工ライセンスを必要とします。

モラート モルタル風の仕上げが叶う特殊セメントモルタルで、山梨の壁材メーカー・フッコー社が開発した内外装材です。優れた防水性と強度があり、シャワーブースなどの水回りにも適しています。色は12色の基本カラーをラインナップしています。

モルタルアート ​アイカ工業の樹脂系左官材クライマテリアというブランドの商品で、コンクリート調の仕上げが可能です。コントラスト仕上げやファニチャー仕上げなど、風合いを変えたり、硬質で汚れや傷に強い仕上げにするなど目的に合わせた材料がそろっています。指定施工店による工事となるため、確認が必要です。

それぞれに仕上がりの風合いや、使われる素材、性能、費用などが異なるため、マイホームに採用する時は施工会社にしっかりと相談してから決めたいですね。ここからはIEZOOMでご紹介したモルタル風、コンクリート調仕上げの施工実例をご覧ください!

「ウッド×モールテックス」のオリジナル家具が室内を個性的に 札幌市M邸/SUDOホーム



キッチンのすぐ後ろには、三方枠を天然の石灰を主成分とする鉱物性の左官塗材・モールテックスで仕上げた収納カウンターを造作。このほか、テレビボードの天板と手洗いカウンターも明るさの異なるモールテックスで仕上げ、上質な室内インテリアにテーマ性を持たせました。木とモールテックスという全く違う要素を組み合わせることで、無機質になりすぎない個性的な室内空間が生まれました。
記事はこちら 駅徒歩圏で叶えた25畳LDKにたくさんのこだわり 札幌市M邸/SUDOホーム

キッチンの造作カウンターにモールテックスを 札幌・イネスホーム



キッチンの造作カウンターには、コンクリートのような質感の左官材「モールテックス」を塗って都会的な雰囲気を出す一方、床はベーシックなナラ材ではなく、色のコントラストの強いアカシア材を採用。自然素材の温かみ、ラフな感じを強調しました。
記事はこちら グリーンに囲まれ穏やかな時間を過ごせるラスティックモダンなmalme+(マルムプラス) 札幌・イネスホーム

モールテックスで仕上げた床 旭川市・K邸



床は、モールテックス(モルタル造形塗料)で仕上げました。ダイニングテーブルは、上川町で切り出したナラで造作。家電は黒で統一してスタイリッシュです。
記事はこちら コンクリート製キッチンが映える大工さんの家/旭川市・K邸

バスルームの壁にモールテックス 旭川市・Y邸/アーケン



バスルームも造作。Yさん曰く、ここは「別空間」。欧州の雰囲気を出しました。壁はモールテックス(モルタル造形塗料)。
記事はこちら 室内に古材フル活用!家族も愛犬も癒される家/旭川市・Y邸/アーケン

キッチン廻りをモールテックス仕上げで 札幌市南区簾舞/丸三ホクシン建設



キッチンの廻りははモールテックス(モルタル造形塗料)で仕上げていて、コンクリートのような質感がポイントです。
記事はこちら 美味しいソフトクリーム専門店「ミルクマスタッシュ」 札幌市南区簾舞

キッチンの目隠し壁をデコリエでマットな仕上がりに 十勝・広尾町Y邸/イゼンホーム



対面キッチンの目隠し壁は薄塗り磨き仕上げ材、デコリエでマットな仕上がりに。
記事はこちら 土間・天井板張り・透明なドアに大満足 十勝・広尾町 Y邸 イゼンホーム

モルタルアートで仕上げた間仕切り兼テレビボード 札幌/シノザキ建築事務所



玄関土間とリビングは高さ180cmの壁で仕切っただけのオープンスペース。モルタルアートを使って仕上げた間仕切り壁は、壁付TVにも利用しています。AV機器もまとめてコンパクトに。
記事はこちら 深い庇のウッドテラスに数寄屋を感じる建築 札幌市/庇深の家(hibuka)


目次


2022年01月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

探したい地域はどちらですか?

家づくり体験談 投稿募集中!