Story 取材記事

独自床暖房の快適設計&高天井のリビングが自慢の家/石狩市・Fさん

目次

高断熱・高気密と高いデザイン性に一目惚れ。最後の決め手は社長の人柄



石狩市内の緑豊かな住宅街にブレイン札幌で新築したF邸があります。Fさんは30代前半のご夫婦と3歳になる長女のMちゃんの3人家族。奥さまは第2子の出産を間近に控えており、もうすぐ4人家族になる予定です。今回は断熱・気密・デザインともに高性能な住宅で人気を集めるブレイン札幌の家づくりについて、ご夫婦にお話をうかがいました。



30歳を機にマイホームを考え出したというFさん。その住宅会社探しは至ってシンプルかつ現実的で、休日になると家族で出かけ、モデルハウスや展示場を見つけては中を見学するというスタイルでした。様々な会社の建物を何棟も見てきた中で、南あいの里で公開されていたブレイン札幌のオープンハウスを訪ね、やっと「しっくり来た」とご主人。

続けて「シンプルでおしゃれなデザインや、断熱・気密性能の高い住宅だったこと。それから遠赤外線による輻射熱を利用した独自の床暖房で、省エネ住宅なのも気に入りました。でも、一番の決め手は親身な対応が好印象な佐藤社長の人柄でした」。

3mの高天井リビングが創り出した個性的な外観デザイン



外観はシャンパンゴールドの金属サイディングにアンティークな木目調の玄関ドアが映えるスタイリッシュな仕上がり。同じ大きさのスクエア型の窓がバランスよく配置されています。向かって右側の屋根位置が少し高くなっているのは、1階にあるリビングの天井高に秘密があります。



約22畳大のリビング・ダイニング。当初吹き抜けリビングを希望していたFさんでしたが、上部に部屋がつくれないのは勿体ないと感じ、佐藤代表に相談したところ、実現したのが通常よりも60cmも高い3mの天井でした。リビングの上階には個室が配置されているため、先の外観写真のように屋根の高さが変わりました。

柱と柱の間に見えるソファ手前の床面にある小さな円形の蓋は、ご主人が希望された開閉式のコンセント。「リビングが広いので、スマートフォンを充電するにもコードの長さが足りないと思い、こんなの出来ないかと社長に相談したんです。事務所などで使われるもののようですが、使う時だけ出せるので、スッキリとしているし便利ですよ」とご主人。

また、この大空間は、暖房設備が床暖房だから生きた空間として使えます。パネルヒーターがないので床面がすっきり。大きな窓は床面まであって光が入ります。

細かな希望を丁寧に反映した暮らしやすく心地よい住まい



リビングの天井は現しの梁よりも高い位置にあり、ダウンライトが梁や天然木の床をムーディーに照らし出します。床材には道産のカバ材を使用していて、お子さまのはだしの足にも心地よい感触です。

窓は全てトリプルサッシを採用。向かって右手前の大きな窓は特注のトリプルサッシ。製造可能な最大サイズを使用しています。南に面しているので、光はキッチンまで届き、完全に日が暮れるまで照明を点けることがないそうです。



キッチンからはリビング・ダイニングに加え、隣接する和室も見渡せるオープンな造り。ご主人が長男ということもあり、いずれ迎えるお仏壇を収めるために和室を希望していたそう。今はMちゃんのプレイスペースとして使っています。



対面キッチンの腰壁の高さは、シンクなどの手元が見えないようワークトップから18㎝の高さに指定しました。休日には自ら台所に立ち、料理をする旦那さまの希望でした。

写真にはありませんが調理器具はIHヒーターではなくガスコンロを採用。こちらも中華料理が得意な旦那さまがこだわられたポイントでした。

ダーク・グレーのアクセント・カラーで統一したインテリアも素敵。壁紙は奥さまの好みを、担当のインテリア・コーディネーターが汲みとって探してくれたもの。まるで吊戸棚とセット商品のようです。



キッチンと回遊式につながるユーティリティー。大人が二人並んで使えるよう、洗面化粧台は約135㎝幅のゆったりサイズになっています。鏡も特注。照明は、当初のプランでは1つだったところ、明るさを心配した現場の棟梁のアドバイスで2つに増やしたそうです。「タオルハンガーひとつでも、一番使いやすい位置を考えて提案してくださり、実際に現場でいただくアドバイスは本当に助かりました」と奥さま。



ユーティリティーの先は玄関ホールとつながっています。



玄関ホール。壁にはクロスを使わず、稚内産の珪藻土入りの左官材を使用。吸放湿性と消臭性に優れた天然素材だから、冬場の過乾燥の抑制や消臭効果が期待できます。



漆喰壁にブラックのリビングドアが絵になります。



キッチン横のリビング階段には奥さまの希望で造作のアイアン手摺を採用。スッキリとしたデザインは、お子さまの様子を見守ることができて安心です。



かね折れ階段の踊り場は丁度キッチンに立つママの目線ともピッタリな高さ。Mちゃんのママを呼ぶ声が今にも聞こえてきそうです。



階段の踊り場からの眺め。上階は3mある1階リビングの天井高に合わせた2階(濃紺の壁紙の貼られたフロア)の手前に、通常の1階天井高に合わせた中2階がつながるスキップフロア構造。設計士さんのアドバイスにより、高さや奥行きを感じられる立体感あるデザインになっています。



スッキリと片付いた広々空間の理由は各所に設置された便利な収納も理由の1つ。リビングドア横の収納は旦那さまの希望で付けた書類収納庫。また、写真にはありませんが、2階主寝室には高身長の旦那さまに合わせた特注サイズのクロゼットがあったり、目的に合わせた細かな工夫が住みよい空間づくりにつながっているようです。

記者の目



上下階共に床暖房が入っているF邸には、2階にもボイラーがあります。冬は家中どこに居ても足元からじんわりと暖か。それが2階にいても叶うのはブレイン札幌の家の大きな魅力です。また取材当日は30度近い夏日となりましたが、優れた断熱・気密施工によって「夏も涼しい」ということも実感。玄関ホールに至っては、珪藻土入り左官材の調湿性のおかげでひんやりするほどの快適さでした。高性能住宅+天然素材の心地良さは、これからの家づくりにおいてますます注目されそうです。

2019年06月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

札幌圏の取材記事