Story 取材記事

【函館】注目のモデルハウス公開 渋谷建設[Semie-セミエ-]

函館で、いち早く新築木造戸建て住宅の「高断熱高気密」化を進めてきた渋谷建設。

前回の記事で、
大工として10年の経験を積み、
新在来工法を学び、
自ら現場で実践してから大工・職人に伝え、
気密測定などで性能を全棟チェックし、
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を推進し、
渋谷建設がイーハウジング函館の取組も含め、函館の住宅業界のレベル向上に取り組んできた経緯をお伝えしました。


函館で住宅の「断熱・気密・省エネ」といえば渋谷建設

取材記事 函館で住宅の「断熱・気密・省エネ」といえば渋谷建設

「高断熱高気密」で全道の住宅業界に知られる渋谷建設 と北海道の住宅業界関係者に聞けば、おそらく函館市石川町にある「...

この記事を詳しく見る

積雪寒冷地北海道の住宅会社ならどこでも?あるいは有名な大手ハウスメーカー、ホームページやチラシに「高断熱高気密」を宣伝文句に使っている住宅会社なら、どの住宅会社でも、断熱・気密などの基本性能はしっかりしているのでは?と思っておられる方は、まず、上記の記事を一読されることをお勧めします。

そのうえで…

今回の記事、つまり渋谷建設の新発売の提案住宅「Semie-セミエ-」は、住宅の省エネ性能だけじゃないこれまでの渋谷建設の家づくりの魅力がふんだんに入っています。「Semie-セミエ-」は、



高断熱高気密
デザイン・機能にこだわれるオーダーキッチン
IOTなど先進技術の導入
家族と楽しく暮らせる工夫や住み心地
趣味や好みも反映できる
歳をとっても使いやすいスケルトン・インフィル

でも価格は1800万円から実現できる基本プラン。

さらに

太陽光発電で創エネ
災害に強く安い時間帯の電力も使える蓄電池
庭でアウトドアが楽しめるウッドデッキ

などの提案もあります。

提案住宅「Semie-セミエ-」は、モデルハウスで実物を実際に見学できますが、今回はその魅力を一足早く、記事でご紹介します。



コープさっぽろいしかわ店と、北海道函館運転免許試験場の間に、渋谷建設の事務所があります。そこから南東に歩いていくと



1分もしないうちにモデルハウスの案内が!


モデルハウス「Semie-セミエ-」(函館市石川町452-17)

モデルハウス「Semie-セミエ-」(函館市石川町452-17)


渋谷建設が2019年春にオープンしたモデルハウス「Semie-セミエ-」(函館市石川町452-17)。
濃紺のガルバリウム鋼板のモダンな外観です。



玄関まわりは木の質感が好印象です。家の中にお邪魔する前に、ちょっと気になるものが建物の右側にありました。



こんなに広いので洗濯物を干したりするだけじゃ使いきれません。自宅の庭で気軽にキャンプ、アウトドアを楽しむ「ベランピング」を楽しみませんか?という提案なんです。ベランダとグランピングを合わせた造語です。タープを閉じれば夏でも涼しい空間になります。屋外にあるもう一つのリビング・ダイニングとして活用できます。



渋谷社長がコーヒーを飲みながら寛いでいます。タープを開ければ空を眺められます。



家族や友人と焼肉やお酒を楽しむことも。室内からは自由に出入りできます。



ピザ窯、ファットバイク…。庭が趣味の空間になりますね。
ではいよいよ室内にお邪魔します。



LDKの中央に、オーダーキッチンがありました。渋谷建設は函館で唯一、オーダーキッチンのブランド「キッチンハウス」と提携していて、



「Semie-セミエ-」は、「キッチンハウス」プロデュースのオーダーキッチンが標準仕様になっています。料理や食事、家族のだんらんが楽しくなるキッチンを自由に作れるのがセミエの魅力の一つです。



セミエのモデルハウスに採用したのは、ダイニングカウンターも兼ねるタイプで、これが思った以上に料理やお皿あらいなどの負担軽減に威力を発揮します。



渋谷社長の奥さまは、室内のインテリアや水回りなどのプラン打ち合わせを担当するほか、太陽光発電の補助金申請書類の作成なども担当しています。



無垢の床材、造作のテレビボード、ロータイプのソファーも組み合わせてくつろぎのリビングにしました。

大きな家を建てると住宅価格も高くなります。住宅の大きさも、断熱気密性能も大事、キッチンや内装なども大切といろいろ望みを盛り込みすぎると予算はいくらあっても足りません。

ということでセミエは、玄関やリビングなどは比較的小さめに、間仕切りも少なめにすることで、延べ床面積が31.02坪と比較的コンパクトな家でも狭さや、不便さを感じることはない、という提案になっています。



モデルハウスの2階は6帖のワンルームのほかはこの大きな部屋が1つあるだけです。

スケルトン・インフィル方式といって、住戸内の仕切りは、家族が増えたときに、子供部屋を分割して増やしたり、子供が独立したら間仕切りを撤去して広い空間にしたりと自由に可変できるようになっています。



しかも、このモデルハウスにはVRが設置されていて、間仕切りや造作をプラン上で加えた場合、あるいは室内の壁紙の色を変更した場合などに、どんな空間になるのか、バーチャルリアリティ空間で体験することができます。



「Semie-セミエ-」の基本仕様は、

屋根と壁:ガルバリウム鋼板
床材:1階は無垢フローリング自然塗料、2階はフロアー
工法:在来軸組金物工法
断熱性能:UA=0.32W/㎡K Low-Eペアガラス
気密性能:C値=0.5㎠/㎡k以下(全棟気密測定)
長期優良住宅認定取得
耐震3等級
BELS認定取得
給湯:エコキュート
暖房:電気HP1階(床下暖房)、2階(パネルラジエター)
換気:第1種熱交換換気
照明:全灯LED照明
給排水:ヘッタ―配管 ポリブデン管
キッチン:キッチンハウスのオーダーキッチン(グラフテクト)
間仕切り:追加間仕切り可能
延床面積:31.02坪(102.68㎡)

基本建物本体価格:1800万円(税別)~
(地盤改良工事、屋外給排水、外構工事、カーテンブラインド工事、確認申請、長期優良認定、BELS認定などは別途費用)

ZEH+蓄電池のセミエもあります

さらに、セミエの上級グレードとして、断熱性能強化と太陽光発電を搭載しZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)対応、さらにハイブリットパワコンと蓄電池を加えたプランもあります。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)は、住宅の断熱性能等を大幅に向上させ、高効率な設備システムも導入、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、太陽光発電などの再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロになることを目指した住宅です。

国が省エネと地球環境保護の観点から推奨していて、住宅業界も、新築戸建て住宅に関して、2020年までに標準化させようとしています。北海道でZEHに対応するには、厳しい自然環境に対抗するために、断熱・気密性能がより高いレベルでなければならない上に、冬季の太陽光発電が積雪で稼働しにくい時期もあるなどの事情もあって、他の地域よりも普及率が低くなっています。しかし渋谷建設は、住宅の光熱費、維持費を減らせる住宅がオーナーの将来的な経済的負担の削減につながると考え、積極的に提案しています。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス対応)
太陽光発電7.75Kw搭載
ハイブリットパワコン+蓄電池(6.0Kw)
断熱性能強化:UA=0.3W/㎡K 
トリプルLow-Eガラス

基本建物本体価格:2050万円(税別)~
(地盤改良工事、屋外給排水、外構工事、カーテンブラインド工事、確認申請、長期優良認定、BELS認定などは別途費用)

超高断熱高気密+ZEH+蓄電池のグレードになると、省エネ・発電・蓄電の効果で、条件にもよりますが年間で24万円以上の光熱費負担を減らせます。

つまり月平均で2万円分、光熱費負担が減る。
住宅の光熱費負担を実質ゼロにできる。

ということです。

住んでいる人の節電意識や家族の人数、
その年の天候による日照時間の変化、
などにもよるので、光熱費ゼロは断言できませんが、

逆に、節電を心がけていると光熱費ゼロを超えて、発電による売電収入が光熱費を上回る「収入を生む家」になることも十分可能な住宅です。

ブラックアウトでも電気が使える蓄電池装備

2018年9月6日(木)に北海道胆振東部を最大震度7の地震が襲い、その直後から北海道全域を襲った大規模停電「ブラックアウト」が発生しました。

すぐに夜が明けたため、天候が良ければ太陽光発電で発電ができ、家の照明や家電などが使用できたご家庭もあったと思います。

しかし、災害発生が夜間、積雪時、悪天候などの場合は、発電ができませんし、太陽光発電は、それだけでは電力を蓄えることができないので、昼間の晴れたときしか使えない、ということにもなります。

そこでセミエの上級グレードでは、ハイブリットパワコン+蓄電池(6.0Kw)を標準装備しました。

蓄電の量に限りがあるので、ふんだんには使えませんが、
災害時に、

リビングに家族が集まって照明と暖房を付け、災害の状況をテレビで見る。
携帯を充電し連絡に使う。
食材が悪くならないように冷蔵庫を稼働させる。
炊飯器や電子レンジを使って暖かい食事を食べる。

といった程度の使用なら、数時間は使えますし、
日中に太陽光発電が稼働すれば、また蓄電ができます。

また蓄電池は災害時だけに役立つわけではありません。

日頃は、深夜の安い電力を夜間に貯めて、金額が割高な時間帯に使うという電気代削減も毎日行えます。

最後に

セミエは、このほかにも長期優良住宅認定取得や
耐震等級3、無垢の床材、IOT活用など、詳しくお伝えしたい魅力がいっぱいあります。



キッズスペースは道南杉を使った空間になっていたり



モデルハウス自体をコミュニティスペースとして、地域の方に利用していただけるように準備も進めています。



オーダーキッチンや住宅性能、間取り、土地探し、太陽光発電、蓄電池など、なんでも相談できます。

実は、渋谷建設で家づくりを依頼した人に「なぜ渋谷建設を選んだのか?」と聞くと、


愛犬のための通り土間&高断熱高気密の住宅/北海道上ノ国町I邸

愛犬のための通り土間&高断熱高気密の住宅/北海道上ノ国町I邸


上ノ国町のIさんは「最初にお会いしたときから、家づくりに対する疑問をどんどんぶつけたら、全てこちらが納得できる回答を返してくれた。そこが私が感じた他社さんとの決定的な違い。ここにお願いしようと決めました」


家の光熱費はゼロどころか毎月2万円の収入&ガソリン代も大幅減

家の光熱費はゼロどころか毎月2万円の収入&ガソリン代も大幅減


北斗市のIさんも「渋谷さんはすべての質問に的確な答えを返してくれました。正直な話、他のハウスメーカーでは質問をしても明確な回答はもらえなかったので、キャッチボールできたのが嬉しかった。この人なら任せられると思いました」と話してくれました。

今回のセミエ紹介記事だけでは、わからない点も多いと思います。ぜひ、渋谷建設公式サイトから、モデルハウス見学予約をされて、直接渋谷社長に、住まいに関する思いを相談されることをおすすめします。


渋谷建設公式サイト セミエ モデルハウスページ

渋谷建設公式サイト セミエ モデルハウスページ


渋谷建設公式サイト セミエ モデルハウス頁はこちら

2019年06月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

この記事もおすすめ

函館圏の取材記事