Column いえズーム コラム

こだわりキッチン事例(北海道版・旭川・帯広ほか)


住まいづくりで重要なポイントになる「キッチン」。

対面型、アイランド、壁付けなどタイプの違いに始まり、シンクや天板の形や素材、背面のカップボード(収納)、食洗器や食品庫(パントリー)などの選択、作業動線の配慮や、リビングとのつながり、見せるか隠すか、メーカー品かオーダーキッチンか、、、いろんな選択肢があります。

今回はいえズーム掲載の事例をもとに、さまざまなタイプのキッチンを旭川、帯広、北見、函館、士別などの北海道内事例を中心に比較していきます。

プラスワイドのキッチン例 造作家具で調理器具がぎっしり入る大容量のキッチン収納(帯広)



キッチンには別途ダイニングスペースを設けず、タモ材で造作のカウンターを制作しました。顔の見えやすいL字型なので食事の際にも会話が弾みます。調理場の一部のように使用することもできるため並んでの作業もしやすく、人の集まる家にぴったりです。

そば打ちやパン作りなど多彩な趣味をお持ちのお母様。キッチンは調理器具がぎっしり入る大容量の収納など、お母様の要望を中心にプランを練りました。「自室にもそば打ちの台を作ってもらいました」と笑顔です。プラスワイド社の建てる家の大きな特徴のひとつが、建具職人が制作するこうした造作家具。大工では実現が難しい要望にもきめ細やかに応え、できあがりも緻密な仕上がりです。
シックなデザイン&料理も楽しい二世帯住宅/帯広市M邸 

アーケンのキッチン例 素材感を活かした特注のキッチン(旭川)



キッチンは、天板を厨房機器メーカーで、フレームを鉄工所で特注。溶接の跡を残し、塗装せず素材感を出しています。
キッチン、ダイニングは1フロア。2階の子ども部屋にも扉はなく、ほぼ1フロアで暮らす感覚です。
室内に古材フル活用!家族も愛犬も癒される家/旭川市・Y邸/アーケン

広岡建設のキッチン例 こだわりの「ファーマーズ」造作キッチン(幕別町)



キッチンは奥さんが一番こだわった空間です。音更町にある「ファーマーズ」でキッチンを造作しました。ファーマーズでは、アンティークも多数買い求め、インテリアとして使っています。ダイニングは祖母から譲り受けた「ファーマーズ」のテーブルに、1脚1脚違うデザインの椅子を配置。奥の食器棚は、子どもの頃からつかっていた奥さんの宝物。実家でも一人暮らしをしていた大学在学中でも使っていたそうで「私の行くところに必ずついてくる食器棚」と笑います。

インテリアに合わない冷蔵庫は、パントリー内に置きました。廣岡社長の提案を取り入れ、壁付けのI型とアイランド型を組み合わせた広々としたレイアウト。パーティーシンクと呼ばれるサブシンクも設置しました。

パントリー内には、保冷食品庫も造作。外気を取り入れることができ、冬はそのまま野菜が保管できます。「とても便利です」とTさんもお気に入り。広岡建設イチオシの設備です。
アンティークが似合う冬も快適な洋風住宅 幕別町T邸/広岡建設

アーケンのキッチン例 離乳食の先生がおうちサロンを開催するキッチン(旭川市)



玄関から左はキッチンやダイニング、右はリビングです。「おうちサロン」を開催する場合、家族が過ごす空間と、お客様をお招きして教室を開く空間を分けることができると準備や運営、後片付けもしやすくなります。調理道具の収納力や、掃除のしやすさ、受講生さんたちが利用しやすいような広さなどに配慮しました。おうちサロンのできる家づくり 離乳食・幼児食の園田奈緒先生のご自宅/旭川・アーケン

カントリーヴィレッジのキッチン例 家族とのコミュニケーションを重視(帯広市)



キッチンは、常に家族の様子が見渡せて、コミュニケーションがとりやすいように工夫がされています。具体的には、1 キッチンが、リビングに対して一段高い位置にあり、奥様が料理をしながら子どもたちの様子を見守ることができます。2 対面式キッチンでリビングに向かい合っています。3 キッチンだけでなく、ダイニングもリビングに対して向かい合っています。ダイニングの奥の席に座ると、ダイニングとキッチンが見渡せます。こうすることで、家族がLDKのどこにいても目線が合いやすく、コミュニケーションがとりやすくなります。インダストリアル×性能×動線重視の注文住宅 帯広市・T邸/カントリーヴィレッジ

石井建設のキッチン例 デザインコンセプトに合わせたキッチンづくり(帯広市)



キッチンは既成品に、外周は大工の造作で「フィッシュボーン」を採用し室内の雰囲気に合わせました。食器や炊飯器、調理用品などを収納するカップボードは生活感を出さないようにルーバー扉を選びました。また、使い勝手が良いように両側にスライドする工夫を施しています。照明やダイニングテーブル、小物類はオーナーが自らインターネットなどで探して購入していますが、一部の収納家具は職人の造作です。カリフォルニア系注文住宅 デザイン・仕様を思い通りに実現/帯広市U邸・株式会社石井建設

アーケンのキッチン例 無骨で存在感たっぷりのコンクリート製キッチン(旭川市)



見どころはいろいろありますが、コンクリート製のキッチンには特に驚きました。近年、住宅業界では、インダストリアル、ブルックリン風など、男前系インテリアが流行していて、キッチンも、仕上げ材で表面にコンクリート打放し風のシートを貼ったり、コンクリートの素材感に近い左官仕上げの塗料を塗るケースは多いのですが、このキッチンは、600軒以上の住宅を取材撮影しているいえズーム取材陣も初めて見たコンクリート製キッチンです。

奥様は太田さんとご主人にキッチンのテイストを相談。話の弾みで「じゃあコンクリートでやってみよう」と決まりました。やり直しが利かない珍しい工事でしたが大のお気に入りです。
コンクリート製キッチンが映える大工さんの家/旭川市・K邸

渋谷建設のキッチン例 オーダーキッチンで料理や食事を楽しく(函館市)



LDKの中央に、オーダーキッチンがありました。渋谷建設は函館で唯一、オーダーキッチンのブランド「キッチンハウス」と提携していて、オーダーキッチンが標準仕様になっています。料理や食事、家族のだんらんが楽しくなるキッチンを自由に作れるのがモデルハウス「セミエ」の魅力の一つです。【函館】注目のモデルハウス公開 渋谷建設[Semie-セミエ-]

イゼンホームのキッチン例 ステンレス製で家事動線にも配慮(帯広市)



キッチンはステンレスのカウンター、後部収納も鏡面仕上げの扉でスマートに。並列に設置した天井のライトもきれいに映えます。キッチンの右側(写真奥の扉)からは、ユーティリティー、バスルームがつながって回遊式動線に。「お風呂からキッチン、洗濯物を干す部屋と一直線の動線で、家事がとてもラクなんです」と奥さま。キッチンから見たリビング右側の奥には、ご主人の書斎スペース、右前方にはリビングとひと続きになる和室があります。外が-28度でも部屋は暖かい!パッシブ換気で快適に暮らす 帯広市 イゼンホーム

キタクラフトのキッチン例 天板の厚みは4ミリの重厚感 タッチレス水栓や大容量食洗器も(士別市)



リビングを見渡せる対面式のキッチンはフルオーダーで制作。ステンレスの天板は厚さ4ミリの重厚感で、バイブレーション仕上げという傷がつきにくい仕上げになっています。水栓はDELTAのタッチレス水栓です。調理中に食材のついた手で水栓に触ると、あとで水栓を拭き掃除したくなりますが、このタッチレス水栓は、水栓の周囲10センチ以内に手を近づけると静電気を感じて水やお湯が出たり止まったりします。3秒で止まりますが、手を洗うなど作業中は水栓の10センチ以内に手があるので水は出続けます。

食洗器も内蔵。60センチ幅の大容量で、扉が全開になるので大容量の食器を一気に洗うことができます。「お鍋なども入れられるし、汚れ落ちもよいので、家事の手間が減ってうれしいです」と奥様。自然素材と薪ストーブで「ありきたりじゃない」注文住宅 /士別市S邸/キタクラフト

昭和木材のキッチン例 お絵描きができるキッチンの側面(旭川市)



キッチンは「家事の動きがラクで、お子さんたちがのびのびと動けるように」と、壁から離した独立型にすることを提案。回遊型で、大人も子どもも動きやすい動線になりました。「キッチンは広くて使いやすいし、収納も食品庫などたくさんあるので助かっています」と奥さま。キッチンカウンターの側面には、マグネットをつけたりお絵かきができるホーローパネルを張りました。旭川家具が似合う!昭和木材・和モダン平屋の家

藤井光雄工務店のキッチン事例 Miele(ミーレ)の食器洗浄機に満足!(東川町)



Miele(ミーレ)の食器洗浄機は容量が多く、ドアが全開になるため使いやすい。またヨーロッパの電化製品は寸法が規格化されているため、もし食洗機をElectrolux(エレクトロラックス)など他社製品に変更してもキッチンにぴったり収まります。東川を故郷に 好きな事を満喫できる住まい 東川町・O邸 藤井光雄工務店

猪子建設のキッチン例 奥さまがリクシルのリシェルSIの使用感をレポート(音更町)



リビングに入ってすぐ、左側にキッチンがあります。左が猪子真治さん、右が奥様と1歳のお子さんです。キッチンは奥様の要望で、高熱のフライパンを直に置いても変色しない、リクシルのセラミックトップキッチンを採用しました。リビングに入ってすぐ、左側にキッチンがあります。左が猪子真治さん、右が奥様と1歳のお子さんです。キッチンは奥様の要望で、高熱のフライパンを直に置いても変色しない、リクシルのセラミックトップキッチンを採用しました。キッチンとダイニング、リビングは一体型。木材(杉)のナチュラルな質感が優しい雰囲気です。子育て+省エネ(ZEH)の注文住宅/猪子建設・猪子真治部長の自邸・音更町

なお、奥さまがキッチンの使い勝手をブログでレポートしています。
理想のキッチン!LIXIL(リクシル)のリシェルSIを選んだ理由:家づくり日誌2

プラスワイドのキッチン例 キッチンはクリナップの最上級モデル「S.S」(芽室町)



キッチンの手元は来客時に見えにくいように、逆にキッチンからは子どもが遊ぶ様子や、学校から帰ってきた時に個室に戻る様子がわかるような配置にしています。キッチンはクリナップの最上級モデル「S.S」に。吊り戸に納まっている電動昇降式の棚が便利。市販の収納カゴがぴったり!造作家具で悩み解決した家 十勝・芽室町 Tさん/プラスワイド

光栄建設のキッチン例 外気を取り入れ食品保存するパントリー(北見市)



キッチンの背面収納は、調理用品などを踏まえて十分な量を確保。そして写真右側は2階にあがる階段、脱衣所、そしてパントリー(食品庫)につながります。キッチンの裏にあるパントリー(食品庫)。断熱性能が高い家のため、冷蔵庫内以外に食品の保存に適した低温の場所がありません。そこで、あえて外気を取り入れる「涼しい場所」としてパントリーを設置しました。

この日のパントリー内の温度は12℃。人参やタマネギなどの野菜、ワインなどの飲み物などをストックしておくのに重宝しています。夏場は、外気をそのまま取り入れると暖か過ぎるので、一度、地下のピットを経由することで10℃ほど温度を下げた空気をパントリーに取り入れています。もちろん庫内はしっかり断熱されています。省エネ&家事のしやすい注文住宅 北見市I邸・株式会社光栄建設

カントリーヴィレッジのキッチン例 ペンダントライトと半円型のレンジフード、パントリー(食品庫)のこだわり(帯広市)



白と明るい木の色が調和したキッチン。「ペンダントライトと半円型のレンジフード、パントリー(食品庫)は絶対に譲れなくて」と奥さま。リビング側から手元が見えないカウンターの絶妙な高さと、キッチン収納にも大満足。引き出し式の収納スペースは奥さまが描いたスケッチどおり。「トースターがしまえて感動です!電子レンジとトースターが並ぶのは見た目がすっきりしないなと思っていたので」

写真右は室内に冷気を漏らさぬようパッキン(黒いゴム)を使って遮断したパントリー。毎日癒される!大好きなカントリースタイルの可愛い我が家 帯広市Hさん カントリーヴィレッジ

道北振興のキッチン例 



旭川、永山モデルハウスのは、モダンデザインをベースとしつつ「ホテルライク」「カフェ」などをキーワードにプランされています。

キッチンまわりは料理などの家事をしながらも寛げる空間として家事カウンターを併設。道北振興が旭川永山で公開中の「ホテルライク」「カフェ」テイストのモデルハウスご紹介

洗面台まとめ、キッチン収納まとめ、アイランドキッチンまとめも☆

キッチン以上に洗面台は、建て主の思いや暮らしの要望を思い切って形にできる場所です。
このほか、キッチンに特化したまとめ記事をご用意しています。
是非こちらも参考にしてくださいね。
こだわりキッチン事例 総まとめ(札幌版)
「住宅の洗面台」の工夫20選 
キッチン収納(造作)の事例集【注文住宅】
アイランドキッチンの実例まとめ


目次

2021年06月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

探したい地域はどちらですか?

いえズームコラム