Story 取材記事

プランは一発OK。信頼できる工務店で叶えたモダン住宅 帯広市H邸/カントリーヴィレッジ


お子さまの誕生がきっかけで、マイホームを建てることにしたHさんご夫婦。予算の範囲内で自分たちの希望の家づくりを叶えてくれたのが、十勝圏を中心に家づくりを展開するカントリーヴィレッジでした。Hさんご夫婦と、カントリーヴィレッジ代表の朝日社長にお話を聞きながら、完成したばかりの新居を案内していただきます。


目次

モダンな内外装



モダンな外観は上下シンメトリーに配置された大きな窓が印象的。白地の部分は塗り壁になっています。家づくりは土地探しから始め、当初見つけた土地よりも条件の良い場所が見つかり、ここに決めたそう。



玄関ポーチは木製ルーバーや細長く豊かな陰影が映える磁器質タイルが良い雰囲気です。



地窓から光が入る明るい玄関には、ベビーカーなども収納できるシューズクローゼットが付いています。



リビング・キッチン。白い大理石調の床にダークな建具を用い、室内もモダンに統一しています。大きな窓からたっぷりと陽光が差し込みます。



ご主人はリビングが一番のお気に入り。「ダウンライトを暗めに付けて、寛いでいます。テレビ台は朝日社長が自ら提案してくれました」。

壁幅いっぱいを使ったテレビ台はカントリーヴィレッジのオリジナル。ダメージ感のあるセメント素材のアクセントが空間を引き締めます。



リビングに隣接する洋室は、お子さんのキッズスペースとして使っています。



フラットタイプの対面キッチンはカウンターテーブルにもなり、軽食やティータイムなどにも重宝しそう。家電製品が収まったカップボードも同社の造作です。



ダイニングはキッチンと横並びに配置されています。キッチンに立つと、ダイニング、リビング、そしてリビング階段を行き来する家族の様子にも目が届く造りです。



独立したダイニングスペース。お子さまが大きくなったら、LDKそれぞれで、家族が付かず離れずの距離感で一緒に過ごせるプランです。

こだわりの家事動線



プラン作成の際に優先順位が高かったのがバスルームユーティリティー洗面コーナーウォークインクローゼットが一直線に並んだ動線でした。



ユーティリティーは脱衣・洗濯室になっています。家族の下着類やタオルなど、入浴後に必要なものを収める収納棚も完備しています。



ユーティリティーとは独立した洗面コーナー。大きなミラー付で、幅は150cmとゆったりサイズです。



さらに背面にはドレッサーも。これなら朝の混み合う時間もゆったりと身支度ができそうです。さらにその奥にはウォークインクローゼットが続いています。



注目したいのはクローゼットでありながら、乾燥室も兼ねていること。左右が収納スペース、奧には物干しパイプを取り付けました。「洗う→干す→しまう」が一本の家事動線で完結する、便利な造りです。

十分な部屋数と収納のある2階



広々とした2階ホール。向かって左手は家族共有のフリースペース、右手に洋室があります。2階はこのほかに、主寝室と、洋室がもう一部屋あります。



落ち着いた壁紙や照明計画でムーディーに仕上がった主寝室には、大容量のウォークインクローゼットも備えています。



住宅会社選びは?



ご夫婦 最初は帯広市内のハウスメーカーの展示場を回りましたが、自分たちの希望を伝えると、金額がどんどん上がっていって、予算内に抑えるとイメージと全く違う家になってしまって。

悩んだ末、帯広付近の住宅会社をネットで検索し、カントリーヴィレッジのホームページの施工例や会社概要、家づくりのポイントなどを全部読んで、とても気に入り、その日のうちに連絡し、翌日には会いに行きました。

初回で朝日社長は「やりたいことは全部伝えてください」と言ってくれました。それまではそんな風に寄り添ってくれる会社さんはなく、土地が決まっていない段階でしたが、プランや外装などの話も進めてもらえ、帰りには、絶対ここにしようと決めました」。

プランについては?

ご夫婦 モダン系に統一してほしいという希望は当初から伝えていました。リビングは広めに、シューズクローゼットをはじめ、収納は充実してほしいなど。

一番こだわったのは水回りの配置です。生活感を出したくなかったので、電化製品が見えないよう、キッチンのカップボードなどもオリジナルでお願いしました。出してもらったプランは、これ以上ないというくらい、完璧なものでした。



朝日社長 プランは一発OKに近かったですね。私としては、ご夫婦の行動力に圧倒されました。例えばキッチンなんかも、札幌にショールームがあるメーカーのものを提案したら、すぐに札幌まで見に行かれて。お二人ともお若いのに、しっかりとした考えと行動力で、素晴らしいと思いました。

住宅性能は?

朝日社長 2×6工法で、断熱性能に関しては高性能GW20Kを充填断熱、さらに南面は十勝晴れの多い気候を考え日射取得型ガラスを採用し、南面以外には日射遮蔽型ガラスを採用することで断熱性能の高い仕様を実現してます。気密はC値(相当隙間面積)0.5cm2/m2を切る高性能です。

換気システムは省エネで熱交換できる第1種換気(ドイツ・スティーベル社製のダクトレス)、給湯・暖房には高効率石油給湯機「エコフィール」を使っています。

家づくりの感想は?



ご夫婦 本当に理想の家が出来上がり、そこに住んでいるという喜びがあります。お友達を招いた時にも褒めてもらい、とても嬉しかったですね。

デザインが良い住宅会社でも、性能やプランの良さまで求められるかは分からないので、自分の目で見て、説明を聞くことが大事だと思いました。

朝日社長 注文住宅の醍醐味はそうしたところにあると思っています。設備仕様などはパッケージ化すれば選びやすいかもしれませんが、可能な限り商品情報を伝えることで、ご自分でも調べたり、一緒に考える機会ができ、後悔しない家づくりにつながるのでは思っています。

予算に限りがあっても、知った上で「選んでいただく」ということが大切だと思うのです。

取材を通じて終始伝わってきたのは、研究心旺盛で労力をいとわないHさんご夫婦の努力と、常に創意工夫を凝らし、親身で誠実な朝日社長の姿勢でした。

カントリーヴィレッジのホームページ「納得のいく注文住宅を実現する30のポイント」には朝日社長のこだわりがすべて書かれています。ぜひそちらも覗いてみてはいかがでしょう。
同社ホームページ「納得のいく注文住宅を実現する30のポイント」はこちら

カメラ Commercial Photo / Movie  SWITCH
取材・文 編集部


目次

2020年11月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

株式会社カントリーヴィレッジの取材記事

十勝の取材記事