Story 取材記事

自然の中で子育てを楽しむ、ナチュラルモダンの家/鹿追町Nさん


鹿追町の市街地を離れ畑の中を進むと、林を背に建つ一軒の家が見えてきます。建主のNさんは4人家族。広々とした自然の中で子育てをしたいとこの場所を選びました。
モダンな外観デザインやキッチンを中心にしたLDK、ご家族の郊外での暮らしをご紹介します。

N邸の家づくり
・シンプルな中に個性を感じさせる外観デザイン
・デザインに一目惚れしたキッチンは耐久性も抜群
・林と畑に囲まれた土地でのびのび子育て




外観は黒のガルバリウム鋼板です。台形デザインのポーチ入口はご主人の、窓部分は朝日社長の発案。色や素材感には統一感をもたせつつ、個性のある仕上がりになりました。



ガルバリウム鋼板もメーカー品や板金屋のものなど色々な種類がある、と説明してくれたのは設計・施工を担当したカントリーヴィレッジの朝日良昌社長。「これはアイジー工業の”ガルボウ”という新しい製品。デザインが立体的で見栄えがよく、年月を重ねても波打つことのない強さがあります。プランニングの際はデザインの好みなどを伺いながら決めていきます」



玄関ホールは意匠と動線の快適さを両立させた斜めのデザインに。右へ行くとファミリークローゼットと脱衣室、左に行くとパントリー、洗面、トイレ。そしてどちら側からでもLDKに行ける動線になっています。



オープンハウスで出会った(株)TJMデザイン社のグラフテクトに一目惚れして、札幌まで見学に行ったというNさん。LDKのデザインはキッチンを中心にして決めていきました。



「水回りだけは少しこだわりたいね、と夫婦で話し合って、存在感のあるキッチンを選びました。木調の下がり天井には間接照明を入れて、イメージどおりにできたかなと思います」



扉や天板を同じ柄で合わせられるデザインが人気のグラフテクト社のキッチン。品質はどうなのでしょう?
「一番の特徴はメラミンの材質です。エバルトメラミンといって、ヨーロッパのメラミン素材は日本のメラミンよりも数倍強いんですよ。天板の上で包丁を扱ったりしても傷ができにくく、綺麗な状態が長く続きます」(朝日社長)



キッチンの脇には暖房や換気などの操作パネルを集めたニッチが。



陽当たり抜群で真冬もあたたかいリビングはご夫婦のお気に入りです。「夏には木陰になるので日差しは気にならないはず。自然条件を活かして設計したいという思いは常にあります」と朝日社長。



電動ブラインドはブラインドレール上部と左右のブラインド溜まりが壁の中に隠れるデザインです。



「スケルトン階段は、デザイン的には好きだけれど下を見た時に少し怖いと感じると伝えたんです。そうしたら鉄工所で下を塞いだデザインのものを作ってもらえて。気に入っています」



脱衣所にはアイロン台を造作、乾燥後の洗濯物をその場で畳んだりアイロンをかけたりできるようにしました。動線がスムーズなだけでなく、部屋が散らかりにくいのも嬉しいポイントです。



(写真左)洗面ミラー下にある壁はマグネットボードになっています。水分を含んだ洗面グッズも速やかに乾かせるスタイルです。
(写真右)トイレは収納下を間接照明に。ペンダントライトの優しい明かりとマッチした雰囲気のある空間になりました。



「2階の共有ホールは、いずれ子どもたちが友人を呼んで集まれる場所になったらいいなと考えています」




主寝室とご主人書斎の窓は、まるで1枚の絵を飾ったかのよう。心静かに過ごせる空間になりました。

「子どもたちが、家でも外でものびのびと過ごせたらいいなと思います」

家づくりについてお話を伺いました。



住宅会社選びについて。

カントリーヴィレッジとの出会いは、たまたま外観を見てピンときたのがカントリーさんの家だったこと。デザインが気に入った会社は他にもありましたが、朝日さんは「こうしたい」と言うと「こういう感じ?」とたくさんの案を出してくれるんです。「ああ自分たちの言いたいことを分かってくれているな」と思えたのが決め手ですね。



当初から郊外の土地を考えていたのでしょうか?

はい、周りに家のない土地を希望していました。自分も父が作ってくれたターザンロープやアスレチックのある環境で育ったので、子どもたちにもそうしてあげたいなと思ったんです。この土地は知人が紹介してくれたのですが、最初は地目も山林だったんですよ。夏場の草刈りは大変ですが、ご近所の迷惑になることを気にせず思い切り遊べる環境になって良かったなと思います。



引っ越しは2月だったと伺っています。初めての冬はどうでしたか?

暖かいですね。1階はトイレなども含め全部屋の床下に暖房パネルを入れたのですが、床が暖かいとこんなに気持ちがいいんだ、という感じです。壁に暖房器具が見えないのもすっきりしていて気持ちがいいです。



家づくりについてや今後の暮らしのイメージなどを聞かせてください。

斜めの廊下を作るなど、規格住宅では考えられないアイデアで暮らしやすい動線の家を実現できました。子ども部屋が1階でLDKから近く、どうしているかが伝わる距離感もいいですね。今後は畑も作りたいし、林の中にブランコや滑り台なども作っていきたい。子どもたちにとってはこの家が実家になるので、のびのびと過ごしてもらえたらいいなと思っています。

建築概要


1階床面積 109.30㎡(32.30坪)
2階床面積  24.22㎡(7.31坪)
延床面積 133.52㎡(39.61坪)
構造・工法 木造枠組み壁工法(2×6)
断熱(壁) 高性能グラスウール 20K t=140mm
断熱(天井) 吹込グラスウール 35K t=400mm
断熱(床) 吹込グラスウール 18K t=235mm
断熱(窓) 樹脂サッシLOW-Eトリプル
換気 第1種熱交換換気システム
暖房 床暖房、パネルヒーター

写真 Commercial Photo / Movie  SWITCH


2023年12月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

株式会社カントリーヴィレッジの取材記事