Column いえズーム コラム

【札幌】新築戸建て住宅の「階段」施工例18選


iezoom編集部は、年間100軒を超えるお住まいにお邪魔し、家づくりの体験談を取材撮影させていただいております。この記事では、取材を通して出会った、札幌の住宅の多彩な工夫が見られる階段の施工例をご紹介します!

階段の踏み面は無垢材で、空間を無機質過ぎないナチュラルな風合いに 石狩市K邸/笠井啓介建築研究所



玄関ホールです。奥行き8メートル近くある長い土間と、高さ約5メートルの吹き抜け空間が広がります。スケルトン階段が空間をより解放感あるすっきりした印象にしていますが、階段の踏み面は無垢材で、空間を無機質過ぎないナチュラルな風合いにしています。
1階・2階を貫く大きな吹き抜け空間があるので、2階ももちろん開放的です。
記事はこちら デザイン+予算+要望を満たす札幌のおすすめ建築家/石狩市K邸

LDKとつながる吹抜の土間空間に、スケルトン階段が伸びる  札幌市Tさん/山忠高島建設(やまちゅうの家)



玄関ドアを開くと、LDKとつながる吹抜の土間空間に、スケルトン階段が伸びるTさん邸。家族がつながるオープンで使いやすい設計に加え、カラフルな壁紙を組み合わせたインテリアも素敵な一棟です。2階ホールの腰壁にパッションピンクの壁紙を使っていますが、吹抜け階段の白い壁に色が反射してうっすらピンクに染まります。
自由設計+巧みなクロス使いで希望を実現 札幌市Tさん/山忠高島建設(やまちゅうの家)

スケルトン階段と造作家具が映えるリビング 札幌市K邸/サンケイ建匠



リビング・ダイニングは最大天井高約7.2mの吹抜けによって、開放感あふれる大空間を創出しています。吹抜けの中にあるスケルトン階段は圧迫感が無く、一体化して室内をより広く感じさせます。なお、階段の手すりはスチール製。ホワイトに塗装することで、室内の雰囲気にマッチした明るく洗練された印象です。
記事はこちら 「ファース(FAS)の家」で実現できること  札幌市K邸/サンケイ建匠

上下の連続窓とスケルトン階段を見せ場にした遊び心あふれる空間設計 札幌市K邸/リビングワーク



スケルトン階段の下にはL字型にカウンターを設置。短大生の娘さんは、毎朝ここで身支度をしています。窓からの自然光がメイクにも最適です。壁面にはメッセージボードとしても重宝しそうな黒板を付けました。カウンターには料理本やぬいぐるみなどを置き、ディスプレイも楽しんでいます。
記事はこちら 成長した家族の暮らしに合わせた快適設計 札幌市K邸/リビングワーク

開放感ある吹き抜けの片持ち階段 ヨシケン一級建築士事務所



おしゃれなリビングの片持ち階段。踏み板は、すべて壁に固定されています。「ヨシケンさんにおまかせしたのですが、視界が開けていていいですね」と、この階段も快適ポイント。
記事はこちら 江別でも毎日の雪かき不要!雪の落ちない三角屋根の家/ヨシケン一級建築士事務所

階段の踊り場を椅子がわりに 当別町T邸/辻野建設工業



白い塗り壁、そして木の質感にあふれた13.5畳のLDK。フローリングはナラの無垢材で、こちらもTさんたちが塗装に参加しています。オープン階段の踊り場は椅子かわりに使うことも想定しています。
記事はこちら Tさんが「旅する木」&「辻野建設工業」と実現した環境・健康に優しい家

上下2段の大きな窓を設けたスタイリッシュなリビング階段 北広島市・Hさん/リビングワーク



スタイリッシュな階段まわりの造形が美しい吹き抜けリビング。色味を抑えたインテリアがヴィンテージ調の家具を引き立てています。フローリングは重厚感のある無垢ナラの無垢材。リビング階段の正面に設けた上下2段の大きな窓。視線が遠くに抜けるように設計されているため開放感があります。
記事はこちら 提案型でインダストリアルな高性能住宅 北広島市・Hさん

階段下スペースにワンちゃんのお家を設け有効活用 江別市・Mさん/イゼッチハウス北海道



階段下のスペースには、ワンちゃんのおうちもありました。掃除がきれいにできるように、中に照明を付けています。
記事はこちら 3世代が暖かく過ごせる家 江別市・Mさん/イゼッチハウス北海道

木の透かし階段に麻ひもで編んだネットを後付け 札幌市・Oさん/晃和住宅



リビングと一体化したL字型の玄関ホール。アウトドア好きなご主人の「家の中にも靴のまま歩き回れるスペースが欲しい」という要望から生まれた土間の空間です。天井のアクセントクロスはネイビー。木の透かし階段には落下防止のため麻ひもで編んだネットを後付け。海の家のような雰囲気を演出するアクセサリーとしても素敵ですね。
記事はこちら アメリカンヴィンテージ家具が映える60年代調ナチュラルモダン 札幌市・Oさん 晃和住宅

ワイドな吹抜け空間にロートアイアンの手すりを採用 札幌市H邸/プルーデンスの家



室内で最もこだわったのが階段です。広さを要するサーキュラー階段ではなく、吹抜けに映えるよう手すりをぐるりと巡らした設計に。基本プランは、吹抜け部分の面積がもっと小さかったそう。「熊倉さんから吹抜けが大きい方が、白い壁に光が反射してより明るくなりますよと提案されました」。

手すりは繊細さと重厚な雰囲気を併せ持つロートアイアンで、バスケットツイストを格子状に配し、カールのデザインをプラス。このカールデザインをどの位置に入れるか、何パターンも図面で検討したそう。ロートアイアンを踏板の端より内側に配置することで、木とアイアンの質感あふれる素敵な階段が完成しました。
記事はこちら ロマンチックでかわいい家 札幌市H邸/プルーデンスの家

上下窓から羊蹄山を眺める吹き抜けのスケルトン階段 ニセコ町M邸/ヨシケン一級建築士事務所



玄関に入ると真っすぐ先に羊蹄山を映し出す縦長の窓があります。最大で一度に40人が来たこともあったそうで、大人数の靴が置けるよう、洗い出しの土間は6畳の広さがあります。階段には空間の広がりを損なわないよう、奥さまの希望でさらし階段を採用しました。

吹抜けの階段はメーターモジュールを用いた幅1000㎜になっています。通常の尺貫法を用いた909㎜の階段に比べると、かなりゆったりしたサイズです。吹抜けなので1、2階の上下窓から外の景色を縦長に眺めることができるビュー・ポイントでもあります。
記事はこちら 羊蹄山を望むピクチャーウィンドウの家 

シャーロック・ホームズのアパートをイメージしたお家の階段 札幌市O邸 



階段にはイギリスからロールで取り寄せたウールのじゅうたんを敷き、ステップごとに真鍮(しんちゅう)のパイプホルダーを取り付けました。今にもホームズがコツコツと靴音を響かせて、上がってきそうな雰囲気の階段です。
記事はこちら シャーロック・ホームズの住居をイメージした家/札幌市O邸 

スキップフロアと中2階のように使える踊り場のある吹き抜け階段 札幌市O邸/シノザキ建築事務所



吹き抜けやスキップフロア、中2階のように使える踊り場など、のびやかな広がりを見せるLDK。階段は通常の約1.5倍という横幅でゆとりを確保。また、1階に降りていく3段分の踏み板は、ほぼ正方形で何人かが腰掛けることもできます。「リビングのソファやダイニングのチェア、階段など、LDKの中でみんなが思い思いの場所に座ってくつろいでいます。程よい距離感がいいのか、ソファに固まって座っていた頃よりも、家族のおしゃべりが増えましたね」とご主人。
記事はこちら 札幌でエネルギー自給自足!ブラックアウトに備える家/シノザキ建築事務所

通り土間からロフトへ、木製のスケルトン階段 札幌/SUDOホーム



この家の最大の特徴である「通り土間」。東西2つの出入り口を、床暖房の入ったタイル貼りの土間が結びます。「買物に出かけるときはバス通り側から出たり、車のときは裏通りから出たり、その時々で使い分けられて便利です」と奥さま。土間からロフトへ上がる階段は、骨組みだけで構成されたスケルトンタイプ。
踏み板は山小屋のように厚ぼったくならないよう、踏み板を繊細に細工しています。
記事はこちら それぞれの趣味を楽しむ・つながる、シニア夫婦の家/札幌 SUDOホーム

間接照明でムーディーな雰囲気に 江別市Hさん/株式会社キクザワ



ムーディーで意匠性のある階段の手すり。Hさん邸は木をたっぷりと使いながら、間接照明を効かせているのもポイントです。キクザワさんによるデザイン提案。「とても気に入りました。ちょっと凝った家にしたいという私の思いを担当の金谷常務と佐久間さんのお二人がカタチにしてくれました」
記事はこちら 江別に建つ、ノスタルジックなニアリーZEH住宅/株式会社キクザワ

お子様を見守ることのできるアイアン手摺りのリビング階段 石狩市F邸/ブレイン札幌



キッチン横のリビング階段には奥さまの希望で造作のアイアン手摺を採用。スッキリとしたデザインは、お子さまの様子を見守ることができて安心です。かね折れ階段の踊り場は丁度キッチンに立つママの目線ともピッタリな高さ。Mちゃんのママを呼ぶ声が今にも聞こえてきそうです。

写真右は階段の踊り場からの眺め。上階は3mある1階リビングの天井高に合わせた2階(濃紺の壁紙の貼られたフロア)の手前に、通常の1階天井高に合わせた中2階がつながるスキップフロア構造。設計士さんのアドバイスにより、高さや奥行きを感じられる立体感あるデザインになっています。
記事はこちら 独自床暖房の快適設計&高天井のリビングの家/石狩市・ブレイン札幌

4層スキップフロアの吹き抜け階段/札幌市 Iさん 北渡建設



床から土間の高さまで掘り下げた階段下のペットスペース、1階、吹き抜け階段の踊り場、踊り場から出入りできる書斎、そして2階と、Iさんのお宅は内部が4層構造のスキップフロアになっています。

リビングに入ってすぐ右手にある吹き抜け階段。ここで縦への視界が一気に開けます。大きな採光窓からの日差しはさらし階段を通して1階まで届いています。階段下には収納棚を介してペットスペースが設けられています。
記事はこちら 家族のコミュニケーション深まる、4層スキップフロアの家/札幌市 Iさん 北渡建設

現代的にアレンジした階段箪笥 ニセコ町Y邸/アウラ建築設計事務所



Y邸は平屋にロフト付きの2DK。玄関から張り出した壁は直接リビングやダイニングが見えない目隠しの効果もあります。壁の裏には、ロフトに上がる階段箪笥を造作しました。関西の町家で普及し始めたと言われる伝統的な階段箪笥を、山下さんは現代的にアレンジしました。

壁を山並みのシルエットのような形にしたのは、住み手らしさやその土地らしさを家づくりに反映する、建築家の山下さんならではのデザインです。
記事はこちら ニセコ移住。ネコと自然の中で暮らすロフト付き平屋 ニセコ町・Yさん/アウラ建築設計事務所


目次

「階段」の施工例まとめには旭川・十勝版もございます。併せてご覧ください!
【旭川・十勝】多彩な工夫!注文住宅の「階段」施工例まとめ


2021年08月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。