Column いえズーム コラム

「住宅の収納」アイデア50選

住宅の収納アイデア総まとめ

住宅を新築する際、玄関、キッチン、脱衣所や洗面、リビングや寝室、エクステリア、さらには床下、小屋裏の収納など、適切な場所に適切な量の、使いやすい収納を確保することは、綺麗で使い勝手の良い住まいを実現する上で大変重要なポイントです。多くの建て主が、収納のプランニングに関しては住宅会社としっかり検討を行っています。そこで今回は、これまでiezoom(いえズーム)で取材撮影させていただいた新築住宅事例の中から、収納に関する工夫が際立つ50事例以上のアイデアをご紹介します。カテゴリ別にしていますので、目次から興味ある場所を選んでいただけると良いかと思います。


目次

エクステリアの収納アイデア



カーポートの後ろには物置を設置。実はこの物置、1.5階建てのスキップフロアになっています。カーポート側からは家族3人の自転車などを保管できますし、玄関側からは1.5階部分にある収納スペースにガーデニングの道具や趣味のアイテムが収納できます。物置をスキップフロアにするという提案にはYさんも驚いたそうです。参考 庭とつながる明るく暖かい家 /北広島市Y邸/丸三ホクシン建設



車好きの井元さんは愛車を格納する組込み車庫を希望、居住スペースが多少狭くなっても、譲れない条件だったといいます。オーバースライダーのシャッターが付いた広々とした車庫には、キャンプ用品などが収まるロフトや棚も付いています。入居後新たに始めたのがDIY。作業台や、壁面の見せる収納なども井元さんの手作りで、近々ボックス型の収納棚を取り付ける予定なのだそう。参考 スモーキーカラーの塗壁に格子窓の輸入住宅 札幌市/プルーデンスの家



日本ではガレージは、車やバイクを収納する車庫、という定義かもしれませんが、ガレージライフの本場アメリカでは、車をしまうだけではなく、車を整備したり、日曜大工の工具を置いて作業する作業場、さらには趣味を心置きなく楽しむ秘密基地的な意味あいもあるそうです。カルフォルニア系デザインのガレージが欲しかったご主人。アーケンの藤原社長に相談し、旭川の積雪荷重にも耐える、しかもデザインの良いガレージを購入しました。参考 後編 楽しいガレージライフ&インテリア水槽 元断熱職人のこだわりご自宅ご紹介/旭川・アーケン



このモデルハウスのカーポート兼物置も住宅部分と素材感を揃え、道南杉を外装に張っています。灯油タンクなども住宅の入り口側からは見えない位置に配置されています。車庫や屋根のデザイン、植栽などの配慮で、東川町の住宅街は、周囲の田園風景や山々の景観も含め、美しい景観づくりができているのが魅力です。参考 旭川の隣、東川町で小岩組がモデルハウス公開



1階の大部分を占めるKさんご自慢のガレージ。愛用のカー用品が壁に機能的に掛けられ、ゆったりとしたスペースにお手入れが行き届いた愛車が大切に収められています。「車の部品を湿気から守るためエアコンを付けてもらいました(Kさん)」。 壁面のオープン収納はKさんが部材を購入し、4日がかりで取り付けたそうです。除雪道具までオシャレに見せてしまう収納テクニックもお見事。玄関との境のドアのそばには休憩用の小さなテーブルと椅子が置かれています。参考 愛車と過ごす「男の城」。クルマ好きが建てた絶景ガレージハウス 札幌市・Kさん/アウラ建築設計事務所

玄関廻りの収納アイデア



左)大容量のシューズルームはアーチ型の壁によって緩やかに区切られ、お客様の目につきにくい形になっています。上段には帽子も収納されています。「ここの棚はこの高さで」と一段一段指定して作られており、すべての靴がぴったりと収まる仕様です。参考 「コの字型キッチン」に満足度100% /帯広市N邸 ウッドライフ 



U邸は、小さなお子さんが4人もいて、おもちゃや勉強道具などもたくさんあるのに、全く雑然とした印象がありません。その理由は、ライフスタイルを考え抜いた結果生まれた「快適さを生み出すデザイン」。

例えば学校から帰宅したお子さんが荷物を置くのは玄関近くの収納。ここに上着からランドセルまで、持ち帰った全てを片付けてしまいます。ランドセルから宿題を出したお子さんはすぐ隣の扉からダイニングへ。奥様が見守る中で宿題をするという流れがとてもスムーズです。参考 「快適だから、美しい」ホテルライクな家 帯広市 /U邸 髙坂ホーム



全身が映る全面鏡張りの扉がついたシューズクローク。お出かけ前の身だしなみチェックはここで。子供にも使いやすく、幼稚園に通う長男のY君もお父さんとお母さんの真似をして身なりを整えるようになりました。参考 芝生の庭があるシンプル&シックな家 江別市/K邸 北渡建設



玄関には土間続きにシューズクローゼットをプラン。ベビーカーや三輪車なら十分に収まるスペースになっています。インテリア性の高い有孔ボードの壁面は、趣味の道具や、上着、子どもの遊び道具、傘など、掛ける収納としても重宝しそうです。参考 ヒュッゲな暮らしを楽しむ新モデルハウス「slow+」スロウプラス札幌市北区屯田/イネスホーム



玄関を広くすることで、収納も大容量に。その一部を活かすかたちで設置されたのが、お子さんの背丈に合わせたハンガースペース。「子どもたちが着たいものを自分で選んで出かけられるのがいいですね」

写真のお姉ちゃん、お洋服選びが楽しそう!

夫婦共通の趣味はアウトドア。今は外の物置にしまっているという各種グッズも、徐々に玄関スペースに収めていきたいとのこと。「下の子もある程度大きくなったので、家族で初めてのキャンプに行ってみたいです。玄関に道具があれば、準備もしやすいですよね」参考 大きな玄関土間を自由に使う家 札幌市北区・Fさん/リヴスタイル



リビングにいると、ご夫婦の好きな絵や雑貨で統一され、家全体の印象がすっきりしていることに気付きます。それには訳がありました。例えば、玄関の正面には木の格子戸があり、そこを開けるとシューズクロークがありました。そこには靴のほかに、キャンプ好きなご家族なので、シュラフやランタンなどさまざまなキャンプ用品が玄関そばに収納できるようにプランされています。こだわりのキャンプ用小物は、いつでも眺められるよう壁掛け収納にしています。こうした工夫で家の中が整理整頓できているのです。参考 ガルバリウムと道南杉でシャープな外観~木の香りと家族の笑顔が溢れる小樽の家 丸三ホクシン建設



Fさんご夫婦は子育てや家事がしやすい動線を追求し、通路をウォークスルークローゼットにし、動線上に収納機能を持たせる工夫にたどり着きました。玄関ホール右手には、手前からシューズクローゼット、ウォークスルークローゼット①の出入り口が見えます。ウォークスルークローゼット①の奥のつきあたりには家族用のトイレの扉が。右手に折れるとシューズクローゼット、左手に行くとランドリー室につながっています。参考 ウォークスルークローゼットなど家事動線に優れた平屋の家 恵庭市F邸/株式会社キクザワ



玄関とホールを仕切る幅広の引き戸を右にスライドさせると本棚の幅にピッタリと収まります。「冬は玄関との間仕切りに、夏は本に埃がかからないように書棚の方に寄せています(奥様)」。階段の1番下の段の蹴込み部分に並んだ丸い穴は床下暖房の暖気の吹き出し口。ドット柄みたいな可愛いデザインです。 参考 白と無垢のナチュラルモダンで快適な2階リビングの家/札幌市・Kさん/拓友建設



グレーのアクセントクロスに、春を感じさせる花木のアレンジがよく映え、「見せる収納」が楽しい玄関。右奥の左手にある鍵付きのドアは共有のボイラー室への出入り口で、親世帯につながっています。参考 札幌で一人暮らしを楽しむ完全分離二世帯住宅/白田建築事務所

キッチンまわりの収納アイデア



キッチンの奥にはパントリーがあります。3畳の広さがあり、中には冷凍庫のほか、様々な食品ストックや調味料がきれいに収納されています。向かって左手下部に見えるのは奥さまが「冬の畑」と呼んでいる水耕栽培の水槽です。ルッコラやバジルなどのハーブを育てています。参考 羊蹄山を望むピクチャーウィンドウの家 ヨシケン一級建築士事務所 



コの字型キッチンに生まれたデッドスペースには収納を設置 参考 「コの字型キッチン」に満足度100% /帯広市N邸 ウッドライフ 



造り付けの壁面収納です。「この家に住む前から、これはここに置く、と置き場が決まっていました」と奥様。家と一緒にオーダーメイドで造ってもらうことで、既成のものを購入するよりも使い勝手がよく、物がぴったりと収まる仕様になりました。さらに予算の面でもうれしい結果となり、浮いた予算をキッチンのグレードアップに回せたそうです。参考 「快適だから、美しい」ホテルライクな家 帯広市 /U邸 髙坂ホーム



元々キッチンがあった壁面には、保冷庫と食品庫が付きました。収納力が格段に増し、使い勝手も良くなりました。参考 フル・リノベーションで今もこれからも快適に 札幌市東区N邸/松浦建設



キッチンの背面の壁は、レンガの壁に木製の飾り棚を設けて意匠性を高めました。デザイン重視だと、収納力などの実用性が心配かと思いきや、低い位置に食器収納の棚があり、食品庫(パントリー)も別途あるため、収納力は意外にたっぷり確保でき、整理整頓がしやすいキッチンです。参考 居心地のよいダイニングをデザイン /帯広・H邸/ cubeチセ



高断熱高気密住宅なので、漬物や野菜、味噌、飲料や保存食など、室温よりも少し低い温度で保管したい食材などを置いておける場所が家の中にないのです(冷蔵庫以外は)。そこで森の風工房は、高断熱高気密住宅には、食品庫(パントリー)をキッチンの近くに設置することをおすすめしています。柏谷さんは味噌づくりもされるので、食品庫の中にはお手製の味噌も入っていました。参考 青森市民を寒さと光熱費負担から守る高気密高断熱住宅/青森市・柏谷邸 森の風工房



キッチンには勝手口も設けたので庭で焼肉をするときにはキッチンと庭がダイレクトでつながり、大変便利です。左側には食品庫(パントリー)もありました。

高断熱高気密住宅は、玄関や収納、お風呂など家じゅうの全ての部屋が均一な暖かさに保たれます。そのため涼しい場所が冷蔵庫の中だけしかなく、野菜や保存食、飲み物などを保管しやすい場所がありません。そこで、外気を直接取り入れて温度を下げることができる食品庫(パントリー)をキッチンの近くに設置すると大変便利です。十勝ワインも入っていました。食品庫内に温度センサーがついているので、適度に外気を取り入れて食品保存に適した温度を維持できます。保存食などをストックしやすいので、もし自然災害などが発生した場合も、あわてて買い出しに行く必要がなくなります。参考 家族の健康・安全を守る家 新得町・S邸/赤坂建設(池田町・帯広市)



食事は、造作したキッチンカウンターで取ることが多いです」と奥さま。2人暮らしなのでその方が片付けも楽で使いやすいそう。キッチン収納も、プラスワイドで造作しました。レトロなチェッカーガラスを使った食器棚は、炊飯器や電子レンジを便利に収納できるスライド棚付き。棚の下は引き出し式で分別ゴミ箱を4個収納しています。造作家具は、タモ材の集成材を使用。参考 スキップフロアと開放的なプランに大満足 プラスワイド/幕別町・Mさん



キッチンの収納も扉をつけず「見せる収納」を徹底。どこに何があるのか、一目で分かるようになっています。奥さまは北欧や韓国の明るい色合いの雑貨が好きだそう。「極力モノをしまい込まず、すぐに整理できるようにしたかった」と話します。参考 それぞれの趣味を楽しむ・つながる、シニア夫婦の家/札幌 SUDOホーム



玄関ホールすぐ左手のドアを開けると、22.5畳もあるLDKが広がります。買い物から帰って買い置きしたい食料品などはパントリーに直行。そして、LDKはキッチンが手前にあるため、冷蔵庫へのアクセスも最短距離で済みます。キッチンの食洗機と、背後にある食器棚の扉を開くと、一歩も動かずに食器を収納できるために、毎日の家事がスムーズにこなせます。参考 自然素材をふんだんに使った、十勝鹿追町の高気密高断熱住宅/外城建設



天然木で統一された心地よいダイニング・キッチン。幅5m以上におよぶ壁面収納は全てオリジナル。材料には高級家具などに使用されるクルミの三層材を使っています。木目や色合いの美しさに加え、割れや狂いが少なく靱性も高いため、永く愛用することができます。参考 洗練されたインテリア計画で寛ぎの住まいを 札幌市/シノザキ建築事務所



キッチンは奥さんのお好みが反映されています。調理スペースは落ち着いたカーキ、背面収納部分は可愛らしいオフホワイトのタイルをセレクト。窓まわりの収納スペースも、まるで組み込まれたかのように馴染んでいます。業務用風な機能的・衛生的なキッチンに、お気に入りのフライパンを吊り下げて調味料までインテリアの一環に・・・そんな奥さまの憧れが実現されたキッチンです。 参考 建築家が考えた欠陥住宅?ストレス満載の家を大改造/札幌・S邸 リーベンホーム

脱衣・洗面など水回り周辺の収納アイデア



増築によって1階ダイニング横に出来上がった寝室には壁面をすべて使った大収納を完備。ナラ材を使った美しい引き戸も造作によるもので、中は雑誌で見るお手本のようにきれいに整理されています。参考 省エネ&家事のしやすい注文住宅 北見市I邸・株式会社光栄建設



洗面化粧台と脱衣室、洗濯機、家事カウンター、そして洗濯物干しができる大きなランドリールームをキッチンの裏側に設置しました。洗濯物を室内に干すと室内が雑然としたり、来客の際に慌てたりしますが、洗濯物を干せるランドリールームがあれば解決するわけです。参考 納得&快適な自由設計の注文住宅  帯広市T邸 猪子建設



注目したいのはクローゼットでありながら、乾燥室も兼ねていること。左右が収納スペース、奧には物干しパイプを取り付けました。「洗う→干す→しまう」が一本の家事動線で完結する、便利な造りです。参考 プランは一発OK。信頼できる工務店で叶えたモダン住宅 帯広市H邸/カントリーヴィレッジ



ユーティリティの近くに配置されたファミリークローク。共働きのご夫婦なので、家事の時短も大きなテーマでした。ユーティリティにある洗濯機で洗濯し、乾燥時間が短いガス乾燥機で完全に衣類を乾かしてから、隣接するファミリークロークに収納するので、洗濯物を干したり、衣類を2階に運んだりすることに比べると家事動線と時間を大幅に短縮できます。また、帰宅・外出時の着替えも玄関近くでできるメリットもあります。「時間のない朝は、ここが便利です」と、ご主人。参考 中華料理向きキッチンと大きな吹き抜けのある家 札幌市中央区M邸 イゼッチハウス北海道



奥さまがもっとも気に入っているのが、一室で洗濯作業を済ませる“時短”のランドリールーム。右から洗濯機、部分洗いや浸けおきができる多目的流し(SKシンク)、たたみやアイロンができる作業台、下着や部屋着をしまう収納棚。天井には物干しを設置してあります。「窓があるので日差しが暖かいし、洗濯物もよく乾くんですよ」と奥さま。参考 木の質感を生かした北欧テイストな家 東神楽町/昭和木材



こちらはユーティリティーのお子さん専用収納スペースです。1番上のお兄ちゃんが自分で登校準備ができるように、小物類の場所を決めて収納。忘れ物防止のための手作りのチェックリストにママの愛情を感じます。

居間に持ち込まないように、ジャンパー類をしまう場所も統一。収納場所がきちんと決まっていることで、家事の効率も上がったそうです。参考 子育て奮闘中のママが楽になる!収納アイディアが光る家 帯広市Sさん プラスワイド



洗濯機を壁の内側に収め、その上に洗剤などを収納する棚を付けたデザインはYさんの希望。海外ではよく見かける造りなのだそうです。 参考 バリアフリーのモダンな省エネ住宅/札幌市北区/晃和住宅

リビング・ダイニングの収納アイデア



リビングから出入りできるウォークインクローゼットは、L字型の回遊式。帰宅後すぐに部屋着に着替える習慣があるKさん家族の暮らしに合わせ、リビングとダイレクトな動線を提案しています。

外出用の服やカバン、お子さんの教科書などを、家族4人がそれぞれのスペースに収納できるようになっています。広さがあるため中で着替えることもでき、出かける準備や帰宅後の片づけがスムーズに行えるとご家族にも好評です。また、このウォークインクローゼットの横にはユーティリティーがあり、洗濯→乾燥→収納の作業をこの2か所で済ませることができるコンパクトな家事動線も魅力です。「将来はこのクローゼットと客間を合体させ、収納付きの寝室にすることも出来ます」と三好さん。Kさんご夫婦は、将来的に1階だけで生活ができる間取りを希望しており、現状の使いやすさだけでなく、先を見据えた設計になっています。参考 成長した家族の暮らしに合わせた快適設計 札幌市K邸/リビングワーク



なんという高さ!これだけあれば、本や雑貨など好きなものをいくらでも収納&アレンジできそうです。下のフロアでは、ちょうど営業の加藤さんが配線隠しの棚を説明しているようです。この日は、オープン直後からたくさんの方が見学にいらしていました。参考 2階までのワイドな本棚!「好き」をカタチにしたカフェの家/イネスホームの完成見学会



リビングの一角には階段下のスペースを利用した収納付きのヌックがあります。ヌックとは居心地の良い小さな空間のこと。「家族全員の居場所を」という老川さんの提案でシフト勤務の仕事に就いているご主人が体を休めるために設けました。

「休日はここで好きなまんがを読みながら、のんびり。家を見に来た同僚にも好評でした」。窓下に造作したボルドーの背板の本棚がモノトーンの空間に華を添えています。暖房パネルの収め方もお洒落。参考 芝生の庭があるシンプル&シックな家 江別市/K邸 北渡建設



物入れの下を空けて設けたルンバ小屋のコーナー。蓄電池、エコキュートを収納奥の見えない部分に設置するなど、Kさん邸は細かい配慮が行き届いている 参考 蓄電池で停電時も不自由しない苫小牧の家/イゼッチハウス北海道



2階には子ども部屋もありますが、子どもたちが勉強したり、遊んだりできる個室もリビング横に別途用意しました。小さな空間ですが、造作の机もセット。キッチンとの間の壁には小窓も。「子どもたちが部屋に籠もるより、家族と過ごす時間が増えると良いなと思って作りました」と奥さま。その床下空間をフルに活かせる収納が隠れていました。子育て世帯にとって、収納は多めにあった方が何かと便利です。参考 口コミ・紹介受注が絶えない工務店 秋田県仙北市A邸・村上工務店



奥さまの希望でダイニング壁面のニッチには、ホワイトボードが置ける棚と、スマホの充電や家電のコントローラーが置けるコンセント付きラックを設置。お子さんの写真やカレンダーを飾ったり、必要なメモを書き込んだりするのに大活躍。家電のコントローラーも一カ所に集まっているので使いやすいそうです。参考 ウォークスルークローゼットなど家事動線に優れた平屋の家 恵庭市F邸/株式会社キクザワ



ダイニングにしつらえた幾何学的なキャビネットは造作もの。スモークガラスの扉のついた棚とオープンな棚があり、隠すもの、見せるものを考えながら飾るのが楽しそうです。参考 「外」と「中」のあわいを楽しむ宮の森モデルハウス「SUN-GAKU」/SUDOホーム



仏壇横に続く収納のひとつは掃除道具専用。コードレスクリーナーの充電用コンセントもあり、出し入れもしやすくなっています。参考 綿密に計画した収納とファース工法で快適な暮らしを実現・石狩市Hさん/サンケイ建匠



こちらはリビングにある壁掛けテレビの下に造作したテレビレコーダーの収納BOX。壁を貫通して後ろの寝室側にまでBOXが伸びています。リビング側の出っ張りが抑えられたので圧迫感がありません。スペースを効率的に使っています。参考 綿密に計画した収納とファース工法で快適な暮らしを実現・石狩市Hさん/サンケイ建匠

子ども部屋・寝室・個室などの収納アイデア



リフォームでMさんご家族が要望したのは、一人ひとりの個室を設けることと豊富な収納スペースでした。お嬢さんと奥さまのお部屋には、同サイズのウォークインクロゼットを用意。照明付きで、枕棚とステンレスパイプをL型に配し、収納力と機能性の高い仕上がりになりました。参考 増築&リフォームで叶えた心地いい平屋 札幌市M邸/三五工務店



2つある納戸のうち1つを書斎に活用しました。天井は低いものの5.5帖の広さがある屋根裏部屋のようなご主人の書斎。ご主人の持ち物をまとめて収納できたので、主寝室などほかの部屋がすっきり整理整頓できました。参考 家族を守る防災&快適なLCCM住宅/北斗市T邸 ノースランドホーム(山野内建設)



1階は、書斎から廊下までズラリと並んだ本棚が圧巻です。「前に住んでいた家では、本だけでひと部屋がつぶれてしまっていた」というKさん。新居では、もともと持っていた棚と、新しく造作した棚を組み合わせました。参考 馬を飼うため札幌近郊に移住!かわいい薪ストーブの家 当別町・Kさん/辻野建設工業



MA-1(アメリカ空軍のジャケット)収集も趣味ですし、まだ作っていない、いつか作る予定のプラモデルもたくさんあります。およそ35年近くかけてコレクションしたお宝を、趣味の部屋に陳列することで、好きな時に眺められるようになったのはとても嬉しいですね。参考 【北海道・東川移住】敷地は400坪!趣味満喫の注文住宅|花岡邸 小岩組



2階の階段ホール奥にあるのは、クローゼットというよりも書庫。紅茶の本がデンと鎮座しています。ウイスキーやワイン、カクテル、コーヒーなど、飲み物の本がズラリ。おうちカフェに趣味の部屋、夫婦2人の家 札幌市/Kさん ブレイン札幌



階段を上ってすぐ正面に、ご主人が希望した書斎スペースがありました。造作の大きな棚には書籍だけではなく、ご主人のお好きなコレクションが並んでいます。ひとりの時間を楽しめる隠れ家的空間で、毎日の疲れも癒されそうです。散らかりやすいコード・ルーター類はデスク下の専用スペースに収納。管理がしやすく、見た目にもすっきりとしています。参考 1階だけで生活できる、40代夫婦の楽しい家/札幌・I邸/アシストホーム

その他スペースの収納アイデア



平屋建てでリビングも大きめに、ということで収納確保のため、さまざまな工夫がされていました。折り畳み式はしごをのぼると…小屋裏収納がありました。季節ものなど、たまにしか使わないもの、アウトドア用品などがたっぷり収納できます。 参考 中古リノベーションから新築戸建て・平屋に変更 性能&プランを思い通りに 北見市О邸・光栄建設


目次

2021年01月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

探したい地域はどちらですか?