Story 取材記事

旭川の隣、東川町で小岩組がモデルハウス公開


小岩組の魅力は?

旭川の隣町、東川町に、高気密高断熱住宅の家づくりを得意とし、東川町への移住者からも高い評価を受けている工務店、株式会社小岩組があります。

小岩組の魅力は、腕の良い大工が揃っていること(小岩組 スタッフ紹介) をはじめ、断熱・気密施工のスキルが高いこと、顧客のライフスタイルを踏まえたきめ細かなプランニングができることなどにあります。iezoomでも


【北海道・東川移住】小岩さんは家づくり&移住の良き相談相手・鶴岡邸

取材記事 【北海道・東川移住】小岩さんは家づくり&移住の良き相談相手・鶴岡邸

平成15年に神奈川県鎌倉市から北海道東川町に移住し、東川町の優良田園住宅で約300坪もの広大な土地を購入した鶴岡さんご...

この記事を詳しく見る


東川町の魅力に惚れ込んで横浜と2地域居住!暖かい家から眺める雪明かりに感激 小岩組

取材記事 東川町の魅力に惚れ込んで横浜と2地域居住!暖かい家から眺める雪明かりに感激 小岩組

2015年に東川町に家を建て、職場や自宅のある神奈川県から東川町に夫婦で通う二地域居住を実践する山﨑夫妻。東川町での...

この記事を詳しく見る

などの記事で、オーナーが、北海道に移住するにあたって、住環境や省エネ性能だけでなく、移住先での除雪や家庭菜園、薪ストーブの管理をはじめとする暮らしの面でも頼りになる工務店だということが伝わるかと思います。

実際に見学できるようにモデルハウスを建設

実際、旭川や東川で家を建てたいと思った方から、小岩組にお問合せが寄せられています。そしてその際にお客様から「実際に小岩組さんが建てた家を見学したい」といわれることもあります。でも、家づくりは完成し、お施主さまにお引渡しをしてしまうと、そこでの暮らしがスタートするので、見学といってもなかなか難しいものがあります。



そこで小岩組は2019年11月にモデルハウスを公開しました。



一階部分は道南杉の板張り。



リビングの窓やウッドデッキからは一面に広がる田んぼ、そして十勝岳や大雪山系の山々が見えます。夏の日射をある程度遮るために庇を設けています。

場所は東川町キトウシ南2丁目

場所は北海道上川郡東川町キトウシ南2丁目。東川町と東川町土地開発公社が分譲する「ガーデンコートキトウシ2」という一区画の敷地面積が110坪を超える分譲地内に建っています。



東川第2小学校の近くで、東川町内だけでなく旭川のスーパーなども10キロくらいの距離にあり、旭川のお店や病院なども行きやすく、自然豊かな田舎くらしと、北海道第2の都市旭川の利便性も両立できる環境として、本州からの移住者、そして旭川圏からの移住という意味でも注目を集めている分譲地です。

2019年12月現在で、一部の区画はまだ販売中です。
詳しくは分譲地のサイト参照お願いします。
https://town.higashikawa.hokkaido.jp/tochi/garden.htm

なお東川町は、東川風住宅設計指針という、美しい住宅景観を作るためのルールと、住宅を建てる方に向けたさまざまな支援策が充実しています。
https://koiwagumi.com/immigration/ 



このモデルハウスのカーポート兼物置も住宅部分と素材感を揃え、道南杉を外装に張っています。灯油タンクなども住宅の入り口側からは見えない位置に配置されています。

車庫や屋根のデザイン、植栽などの配慮で、東川町の住宅街は、周囲の田園風景や山々の景観も含め、美しい景観づくりができているのが魅力です。

UA値は0.27、C値は0.36



モデルハウスを見学させていただきました。断熱気密性能の高さが第1の特長で、玄関ドアもドア厚60mmで、熱貫流率1.57W(m2・k)の断熱ドアを採用しています。



基礎断熱はスタイロエースB3、100ミリ。外壁断熱も高性能グラスウール16キロ100ミリに、スタイロエースB3、50ミリを付加断熱。窓もトリプルガラスで熱貫流率0.97W(m2・k)の樹脂サッシを採用。UA値は0.27W(m2・k)という高断熱仕様です。



このモデルハウスの施工担当は、宮本修さん。30年を超える大工経験で丁寧な施工、段取りの良さなどで評価されています。スタッフ紹介 断熱のスペックが高くても、断熱施工の正確さ、そして気密性能が高くなければ、高断熱高気密の住宅にはなりません。モデルハウス完成後、住宅の気密性能をチェックする気密測定を実施したところC値が0.36cm2/m2という優れた数値となりました。



ファミリー向けのプランで、1階はLDKと和室、水回りが中心で24.94坪。大きな吹き抜けもあり開放感抜群です。



リビングとダイニングキッチンは、合わせると18帖ほどにもなりますが、仕切ることで、ダイニングでの食事中と、リビングでのくつろぎタイムをわけやすいようなプランになっています。



機能性の良いキッチンを採用。



対面型のキッチンは、調理中も家族とのコミュニケーションが弾みやすいのが利点。



リビングの横に和室も配置。扉を開ければリビングと一体化した大空間になります。



2階は、吹き抜けもあるため延床面積14.18平方メートル。洋室2つと寝室、トイレやクローゼットが配置されています。



部屋の内装も各部屋でイメージを変えています。



洗面台やバスルームもナチュラルなテイストでコーディネートしました。



室内の雰囲気や間取りなどは、実際にモデルハウスを見学していただくとよいかと思います。職員が常駐しているわけではありませんので、見学は小岩組 
0166-82-2906 にお電話でご予約お願いします。
小岩組公式サイトはこちら https://koiwagumi.com/


2019年12月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

株式会社小岩組の取材記事

旭川圏の取材記事

いえズームコラム